棚板は中身に応じてどんどん動かしたい | かたづけとモノづきあい

かたづけとモノづきあい

めんどくさがりでずぼらで忘れっぽくてもかたづけに助けられています。
無駄にモノを持たない暮らしをめざして、自然素材を使った暮らしのお手入れ実践中。


テーマ:

 

実家に住み始め、少しずつ家の収納改善を行っています。

 

食器棚の一部にも手をつけました。

 

 

 

 

まずは、使わないモノ、実は気に入っていないモノを母に選んでもらい、売ったり寄付したり。
 

 

 

私たち世代に比べて、親世代はモノを持ちたがる世代。

長年の価値観は、理屈で簡単に説得できるモノではありません。

 

一気に減らすのは無理でも、以前に比べて少ない食器で暮らしてみて、すっきりした見た目や、食器棚の扱いやすさなどを、それなりの期間体験してもらい、メリットを実感してもらう必要があると思っています。

 

 

 

 

 

さて、一気にとはいえなくても、それなりに減った食器棚の中身。

 

コップ類は、手前から奥に向かって並べ直し。

 

そして無秩序だった並びは、種類や使用頻度などで「そこに配置する理由」を持たせ、配置し直し。

 

 

 

 

カップの隣にインスタントコーヒーを配置したいと思ったのですが、このままの棚の高さでは置きたいところに置けないことが判明。

 

 

 

一般のお宅の棚は、かたづけ先にお邪魔してみると感じるのですが、買った時のまま、なんとなく使っていらっしゃる方が多いです。

入るところに入るモノを入れる現象あせるが発生しているのです。我が家にも今まさに起こっている現象。

 

でも、それではよくありません。

 

 


モノを収納する時、そこにある意味があるからそこに配置する必要があります。そうでないとモノが生きません。使われることなく、ただ持っているだけのモノになってしまう。

そういうモノ達が、かたづかない家を作っていきます。

 

 

 

 

使い勝手のいい収納にしたいなら、棚板を動かすことは必須。
必ず検討したいですし、もしこれから棚を購入する方がいらっしゃるならば、棚板が可動式のモノを選ぶのが絶対におすすめです。

 

 

 

 

というわけで、我が家の棚板も移動……しようと思ったら、

がーん!

ダボががちがちで、全然抜けない!

 

ダボというのはこれ、本体に開いた穴に差し込まれており、棚板を支えるモノです。

本来は抜き差しができ、棚板を自由に配置できます。

 

 

 

このダボは一度も抜き差しされることがなく、30年間年同じ穴に入っており、上からの食器の重みでゆがんでしまっていると考えられました。
そういう時はインターネット検索!

 

 

 

…そしたらやはり同じトラブルに遭遇した方がいましたよ!ありがとうインターネットちゃん。

その対策は、

 

 

下から金槌で叩くというもの。シンプル!

 

 

抜けました!(わー歴史感じる見た目ー)

 

早速棚板を動かしてコーヒーを配置します。

無事に収まりましたコーヒーチャーリー浜キラキラ

 

 

以前に比べれば大分スッキリと、使いやすい収納になりました。

 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
青い小鳥さんかたづけ個人レッスン
青い小鳥さんかたづけゼミ

 

 

 

 

モノづきあい研究家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス