フォアハンド 三角形と逆三角形 | 窪田テニス教室

窪田テニス教室

皆さんの技術向上のキッカケぐらいになればと思います。
内容は指導者向けかもしれません。
はじめての方はテーマ欄の「注意事項」をすべて読んでください。


テーマ:



三角形のスイングを初級から中級までのレベルの人がやると、かなりの高確率で(ラケットを落としてバックスイングした勢いで)ラケットヘッドが身体の後ろ側に流れます。

ラケットヘッドが身体の後ろに流れない人は上手く打てることがあります。どうして流れないのか?

これは足の踏ん張りに関係します。筋力があるということ。

そして、ラケットが一旦上がる引き方も、足の動きが関係します。この足の動きがラケットの上がりを意識させません。

三角形のスイングと逆三角形のスイング(窪田テニスの3割3割)は足の動きに大きく違いが出ます。

kubota-workshopさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス