長期化する時短営業と協力金 | らーめんキラメキノトリ創業者 久保田雅彦の個人的ブログ

らーめんキラメキノトリ創業者 久保田雅彦の個人的ブログ

キラメキノ未来株式会社 代表取締役 久保田雅彦の個人的ブログ
『キラメキチェーンストア ラーメン店17店舗経営

飲食人として、フードビジネス経営者として情報を発信します!!
今までのキラメキ、これからのキラメキ 苦労話は赤裸々に!!

京都市内の飲食店はかなりの長期間に渡って

時短営業を要請されています


①12月21日~1月11日〈21時閉店〉

②1月12日~1月13日〈21時閉店〉

③1月14日~2月7日〈20時閉店〉

④2月8日~2月28日〈20時閉店〉

⑤3月1日~3月14日〈21時閉店〉

⑥3月15日~3月21日〈21時閉店〉


~14日間の通常営業~


⑦4月5日~4月21日


つまりですよ

12月21日~4月21日の4ヶ月間で

通常営業したのは14日のみ

正直 ストレスです


更に問題なのは申請について

1店舗あたり①~⑦の7回の申請が必要なのですが

必要書類が多い💢

決算書や売上帳票や営業許可書

店舗写真や営業時間変更POP

酒屋さんからの仕入れ伝票

運転免許証や通帳コピーなどなど

その他多数


1店舗×7回×店舗数

こんな申請作業だけでも100回以上

PCに慣れてる私でもかなりの労力です

あまりにも仕組みがアナログすぎます💢


そして未だに1月14日以降の協力金の入金がありません

これは京都だけでなく全国的に問題になっています


先ずは入金 後から調査

行政はキャッシュフローは関係ないのでは?

我々はキャッシュフローが命です💢


そもそも協力金では足りない弊社

支払いくらい急いで欲しい💢💢💢