\\ 青森・岩手 //

 

 

子どもとじっくり向き合う時間がなくても大丈夫!

 

1日1分、ママが伝える

「命のお話」から

 

自分のことも他人のこともを大切にできる子に育つ

 

 

 

 

医療関係者でも教育者でもない

主婦の私でも伝えられるようになった

おうち性教育

 

 

とにかく明るい性教育パンツの教室

シニアインストラクター

 

くぼたまさこ です

 

 

 

 

 



明日から6月ですね。

 

 

 

 

2020年の新年度は

6月からスタートだ!

なんて、





気持ち的に

新たなスタートラインに立つ

って方もいるそうです。

 

 

 

 

 

自粛生活から完全に

元どおりって訳には

いかないでしょうが

 

 

 

 

新年度スタートのつもりで

新しく何かに

取り組むのもいいでしょうね。

 

 

 


 

「新年度」と聞くと、

私は真っ先に

真新しいランドセル姿の

小学1年生の姿が頭に浮かぶのですが

 

 

 

 

ランドセルを買う時期

いわゆる『ラン活』って

年々早まっているような。。。

 

 

 

 

需要がないと思われる

4月、5月でも

TVではランドセルのCMが

流れていますよね。

 

 

 

 

それを見るたびに4歳娘は

絶対ピンクのランドセルに

するんだ!と早くも

胸を踊らせています。

 

 

 

 

我が家には

8歳になるお兄ちゃんが

いるのですが

 


 

 

ランドセルを粗末に扱っていると

母の低い声が

家中に響き渡るんです。

 

 

 

 

だって、おじいちゃんおばあちゃんに

買ってもらったランドセルを

大切にしてほしいから。

 

 

 

 

でも

もしも登下校中に

身の危険を感じた時は

 

 

 

 

ランドセルを

投げ捨てて

走って逃げるように

話をしています。

 

 

 

 

ランドセルよりも何よりも

あなたの命と体が大切だから。

 

 

 

 

そして

そんな話は

4歳の娘にも同じように

伝えています。

 

 

 

 

なぜ4歳から

そんな話をしているのか

 

 

 

 

それは4歳には4歳のうちに

スタートしておくべき

我が身の守り方があるから。

 

 

 

 

未就学児は特に

外出時も親と一緒にいるから

つい大丈夫!と思いがちですが

 

 

 

 

親と一緒に外出するからこそ

気にかけておくべきポイント

というのがあるんです。

 

 

 

 

つい見過ごしてしまう

外出時の気をつけるポイントを

年齢別にまとめてみました 

 

https://resast.jp/subscribe/101608/120661

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき
 

ありがとうございましたハート

 

 
 
 #コロナ#新型コロナウィルス
#アフターコロナ#with コロナ
#マスク#手作りマスク
#自粛生活#stayhome
#ステイホーム#コロナ禍
#第二波#おうち時間
#作り置き#おうちごはん
#今こそ性教育#SNS
#知識はお守り#身の守り方
#子育て#子育て不安
#子育て講座#ワーママ
#青森#八戸市#青森市#弘前市
#岩手#盛岡#東北
 
 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 兄と妹へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

 

 

\\ 青森・岩手 //

 

 

子どもとじっくり向き合う時間がなくても大丈夫!

 

1日1分、ママが伝える

「命のお話」から

 

自分のことも他人のこともを大切にできる子に育つ

 

 

 

 

医療関係者でも教育者でもない

主婦の私でも伝えられるようになった

おうち性教育

 

 

とにかく明るい性教育パンツの教室

シニアインストラクター

 

くぼたまさこ です

 

 

 

 

 

今日は

8歳、4歳の男の子をもつ

受講生さんのお悩みより・・・

 

(受講生さんに許可を

いただいて掲載しております)

 

++++++++++++++++

 



小骨が喉に引っかかっているような

 

 

 

 

なんかちょっと

もやっとするけど

 

 

  

 

もしかしたら

そこまで気にすることでは

ないかもしれない

 

 

 

 

そんな風に

悩むことじゃないかも

と思っていることって、

ありませんか?

 

  

  

 

 

受講生さんにこの話を

伺って、すぐに

 

 

 

 

ネット検索してみたんです。

すると、、、

 

 

 

 

発言小町やヤフー知恵袋に

出てくるわ、出てくるわ

 

 

 

 

義母(時に実母)が

孫に自分のおっぱいを

吸わせているお悩みが!

 

 

 

 

・これってこのままで大丈夫ですか?

 

・なんかおかしくないですか?

 

・正直気持ち悪いと感じるんですが

 なんて言ったらいいですか?

 

 

 

 

そんな声がわんさか!

 

 

 

 

さらに驚くべきことは

これが3ヶ月とか6ヶ月などの

授乳期の赤ちゃんだけの話ではなく

 

 

 

 

3歳や4歳のお孫ちゃんと

一緒にお風呂に入りながら

 

 

 

 

なんてツワモノも

いらっしゃるんです!

 

 

 

 

 

受講生さんが

まさにそのパターンだったとか。

 

 

 

 

確かに

実母でも「ちょっと!」

と思うのだから

 

 

 

 

お義母さんが、となれば

気分が悪くなったり

心がざわつくのも

頷けます。

 

 

 

 

問題は

「やめてください!」と

お義母さんに向かって

言ってもいいものか

 

 

 

 

ってこと。

 

 

 

 

なぜモヤッとするのか

上手く相手に

説明ができないし、

 

 

 

 

子ども(孫)の面倒を

みてもらっている

 

お世話になっている

 

 

 

なんて恩義があれば

尚更言えないし

 

 

 

 

仲良くしている孫とおばあちゃんの

間柄をひがんでるように

思われたらどうしよう

 

 

 

 

単なる嫁姑問題と

思われたくない

 

 

 

 

お相手がお義母さんなだけに

いろんな思いが錯綜して

 

 

 

この問題の解決方法が

てんで浮かばない

 

 

 

 

だけどすっきりせずに

小骨のようにずーーーっと

心に引っかかったままだったんです、

 

 

 

 

と、受講生さんも、

ヤフー知恵袋で

呟いてる人たち同様に

 

 

 

 

なんかイヤだなぁ

という気持ちを拭うことが

できずにいたようです。

 

 

 

 

そんな時に

おばあちゃんが孫に

おっぱいを触らせたり

吸わせたりすることを

やめてもらえるよう

  

  

    

理論的にも

相手が納得いくような

説明ができる方法があれば

嬉しくないですか?

 

 

 

 

しかも自分から伝えることなく、

子ども(孫)の口から

言ってもらえたら

 

 

 

 

なんなら、

我が子が自発的に言ってくれたら!

↑ 親に言わされてる感ゼロなのもポイント

 

 

 

 

 

孫からの言葉だからこそ

絶大な効果を期待できる!!

 

 

 

 

さて、お子さんから

一体どんな風に

言ってもらえたらいいか。

 

 

 

 

波風立てずに

全てが丸く

おさまるためには

 

 

 

 

なんと、

防犯のための

ワードを使うといいんです。

 

 

 

 

意外でしょ?

でもこれが

なかなか優秀なワードなんです。

 

 

 

 

そんな防犯ワードの

意外な活用の仕方は

こちらで大公開しています

https://resast.jp/subscribe/101608/120661

 

 

 

 

「もし、勇気を出して

 お義母さんにやめるよう

 面と向かって伝えていたら

 

 

 

 

 お姑さんとの関係に

 亀裂が入ったかもしれない

 

 

 

 

 そんな危機から

 救ってもらえました

 

 

 

 

 感謝しかありません!」

 

 

 

 

そんな嬉しすぎるお言葉を

受講生さんからいただきました。

 

 

 

 

 

できればお姑さんと

うまくやっていきたい

 

 

 

 

嫁姑問題を解決したい

 

 

 

 

そんな方に

オススメしたい

こちらの防犯ワードが

 

 

 

 

家庭をまるく

納めてくれるかもしれませんよ。

 

https://resast.jp/subscribe/101608/120661

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき
 

ありがとうございましたハート

 

 
 #コロナ#新型コロナウィルス
#アフターコロナ#with コロナ
#マスク#手作りマスク
#非常事態宣言解除
#学校再開#休園解除
#作り置き#おうちごはん
#今こそ性教育#SNS
#知識はお守り#身の守り方
#子育て#子育て不安
#子育て講座#ワーママ
#青森#八戸市#青森市#弘前市
#岩手#盛岡#東北
 
 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 兄と妹へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

 

\\ 青森・岩手 //

 

 

子どもとじっくり向き合う時間がなくても大丈夫!

 

1日1分、ママが伝える

「命のお話」から

 

自分のことも他人のこともを大切にできる子に育つ

 

 

 

 

医療関係者でも教育者でもない

主婦の私でも伝えられるようになった

おうち性教育

 

 

とにかく明るい性教育パンツの教室

シニアインストラクター

 

くぼたまさこ です

 

 

image

 

「自己肯定感を上げよう」

 

「自尊感情を育てよう」

  

 

 

  

そんな言葉を

よく聞くせいか

 

  

 

  

子どもはやはり

褒めて育てる方がいい!って

考えるお母さんが

多い気がします。

  

  

  

 

・自信がわく

  

・やる気が増す

  

・集中力が上がる  

 

 

 

なんて聞けば

褒めるに越したことはない

ですもんね。

 

 

 

 

私も意識して

子どもを褒めるようにしています。  

  

  

  

 

特に意識して褒めているのは

  

  

  

 

「声」

  

 

 

  

4歳の娘、

結構ドスの効いた

声をしてるんです。

(プリンセスに憧れてるのに)

  

  

 

 

4つ離れた兄のことも

 

 

 

    

「兄ちゃん!」って

野太く呼びます。

(ラプンツェルになるのが夢なのに)

  

  

  

 

だから、毎朝こども園に送る時に

あえて、

  

 

 

 

「あなたの声は可愛いから

今日も先生やお友達に

可愛い声聞かせてね」

  

  

 

 

「可愛い」を強調した

声掛けを意識してるんですが、

  

  

  

 

声掛けができた時は  

園に入るなり

  

 

 

  

「おはようございます!」

 

 

 

 

と、

超元気いっぱいに

大きな声で

挨拶するんです。

  

  

 

 

顔も自信満々で

ニコニコしてるし。

  

  

 

 

聞いている私も

迎え入れる先生も気持ちがいい!

  

 

 

    

きっと本人も気持ちがいいはず!!   

  

  

 

 

野太い声は

野太いままだけれど、ね。

 

 

 

 

今日は、

「声」という一部分に

焦点を当てて

 

 

 

 

 

褒めるの効果について

お話しましたが

 

 

 

 

子どもの存在自体を

丸ごと褒めてみたら

一体どんな相乗効果があるのか

 

 

 

 

存在を褒められ続けた

8歳の息子の

特筆すべき変化を

こちらで報告しています

https://resast.jp/subscribe/101608/120661

 

 

 

 

 

「声」を褒めるなんて

意外かもしれませんが

 

 

 

 

なかなか褒めてもらえる

ポイントじゃないからこそ

効果も如実です。

 

 

 

 

オススメです! 

  

 

 

 

 

最後までお読みいただき
 

ありがとうございましたハート

 

 
 
 #コロナ#新型コロナウィルス
#アフターコロナ#with コロナ
#マスク#手作りマスク
#非常事態宣言解除
#緊急事態宣言解除
#休校再開#休園再開
#作り置き#おうちごはん
#今こそ性教育#SNS
#知識はお守り#身の守り方
#子育て#子育て不安
#子育て講座#ワーママ
#青森#八戸市#青森市#弘前市
#岩手#盛岡#東北
 
 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 兄と妹へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

 

\\ 青森・岩手 //

 

 

子どもとじっくり向き合う時間がなくても大丈夫!

 

1日1分、ママが伝える

「命のお話」から

 

自分のことも他人のこともを大切にできる子に育つ

 

 

 

 

医療関係者でも教育者でもない

主婦の私でも伝えられるようになった

おうち性教育

 

 

とにかく明るい性教育パンツの教室

シニアインストラクター

 

くぼたまさこ です

 

 

 

 

 

 

大人は当たり前だと

思っていることでも

 

 

 

 

子どもにとって

衝撃的な事実が

意外すぎてビックリ!だったことって

ありませんか?

 

 

 

 

 

「赤ちゃんはみんな

お腹の中で裸ん坊なんだよ」

 

 

 

 

 

そう聞いて、

我が家の娘(当時3歳)

目を丸くしていました!

 

 

 

 

胎児は服を着ていない

 

 

 

 

この事実を

子どもは知らないってことに

 

 

 

 

逆にこちらが娘以上に

衝撃を受けたんです!

 

 

 

 

 

3歳でもすでに

胎内の記憶ってないんですね。

 

 

 

 

 

だからでしょうか。

 

 

 

 

子どもは

自分がお腹の中にいた時の話や

自分が生まれてきた時の話が

大好きなんですよね。


 

 

 

例えば

お子さんから

 

 

 

赤ちゃんはどうやって生まれてくるの?

 

僕ってどこから出てきたの?

 

 

 

 

そんな質問を

されたことが

あるかもしれませんが

 

 

 

 

そんな唐突な質問をされたら

たじろいでしまうお母さんは

多いと思います。

 

 

 

 

 

でも子どもはね、

自分のルーツを

知りたいだけ、

 

 

 

 

なんです。

 

 

 

 

そこには

大人が考えるような

いやらしさなんて

1mmもない。

 

 

 

 

はい、1mmも!!

 

 

 

 

試しに

お子さんからの

「赤ちゃんはどうやってお腹に入るの?」

っていう質問に

 

 

 

 

きちんと答えてみてください^^

 

 

 

 

きっとお子さんは

目をキラキラさせて

ニッコニコの笑顔で

話を聞いていますから。

 

 

 

 

 

いや、でもね、

 

 

 

 

そう簡単に答えてみて!

って言われても

一体どう答えたらいいの?

 

 

 

 

なんて思われたら、

こちらでその答え方を

一語一句お伝えしています

https://resast.jp/subscribe/101608/120661

 

 

 

 

 

が、1つだけ

お伝えすると、

 

 

 

 

お母さん、その答えって

実はご存知ですよね。

(知らない、とは言わせませんよ 笑)

 

 

 

 

その答えを

まんまお子さんに

伝えればいいだけなんです。

 

 

 

 

そうは言っても

ドストレートに伝えるのか

オブラートに包んだ方がいいのか

 

 

 

 

子どもがすっと理解してくれる

伝え方を

詳しく解説しますね。

https://resast.jp/subscribe/101608/120661

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき
 

ありがとうございましたハート

 

 
 
 
 
 
 
 
 #コロナ#新型コロナウィルス
#アフターコロナ#with コロナ
#マスク#手作りマスク
#外出自粛#stayhome
#作り置き#おうちごはん
#今こそ性教育#SNS
#知識はお守り#身の守り方
#子育て#子育て不安
#子育て講座#ワーママ
#青森#八戸市#青森市#弘前市
#岩手#盛岡#東北
 
 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 兄と妹へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

 

\\ 青森・岩手 //

 

 

子どもとじっくり向き合う時間がなくても大丈夫!

 

1日1分、ママが伝える

「命のお話」から

 

自分のことも他人のこともを大切にできる子に育つ

 

 

 

 

医療関係者でも教育者でもない

主婦の私でも伝えられるようになった

おうち性教育

 

 

とにかく明るい性教育パンツの教室

シニアインストラクター

 

くぼたまさこ です

 

 

 

 



思いもかけない出会いって

嬉しいですよね。

 

 

 

 

緊急事態宣言が出されてから

足が遠のいていたユニクロ

 

 

 

 

宣言全解除となったので

ようやく行ってみたら、、、

 

 

 

 

8歳と4歳の子ども達が大好きな

ポケモンとコラボしていたんです!!

 

 

 

 

ご存知でしたか?

 

 

 

 

4月からすでに

発売されていたためか

 

 

 

 

 

自粛生活明けで

一気に売れたのか

 

 

 

 

サイズがほとんど残っていなくて、

身長105cmの娘にも

身長120cmの息子にも

同じサイズ110を購入。

 

 

 

(サイズ110を身長120cmの子が

 

着たらこんな感じです)

 

 

 

 

少しでも長く着てほしくて

本当はサイズ130が欲しかったのですが

 

 

 

 

サイズ110のデザイン違い3枚を

兄妹で着まわしてくれることになり

 

 

 

 

母は経済的にも

助かりました(笑)

 

 

 

 

息子と娘には

洋服の貸し借りができるくらいに

ずっと仲良しでいてもらいたいけど

 

 

 

 

一緒にお風呂に入ったり

一緒に川の字になって寝たり

一緒の部屋を使うことも

 

 

 

 

いつかは

分けなきゃいけない日が

来る。

 

 

 

 

 

これから子ども達は

 

 

 

 

 

男の子らしい

女の子らしい

 

 

 

 

そんな体つきになり

 

 

 

 

心だって

異性へ興味を持つ。

 

 

 

 

 

そんな成長が待っている

子ども達ですものね!

 

 

 

 

母として、

 

 

 

 

そこのタイミングを

見極めてあげること

 

 

 

 

これも

1つの大きな役割だと

感じています。

 

 

 

 

 

でも、、、

 

 

 

 

それってどんなタイミングで?!

 

年齢によって線を引いた方がいいの?!

 

 

 

 

 

こんなことは

育児書にはなかなか載っていないから

ネットで調べてみても

 

 

 

 

いろんな意見に

ついつい振り回されてしまう

 

 

 

 

そんな時には

こちらから根拠のある理由を

手に入れてもらったら

鬼に金棒です!

https://resast.jp/subscribe/101608/120661

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき
 

ありがとうございましたハート

 

 
 
 #コロナ#新型コロナウィルス
#アフターコロナ#with コロナ
#マスク#手作りマスク
#非常事態宣言解除
#まだまだ自粛#学校再開
#作り置き#おうちごはん
#今こそ性教育#SNS
#知識はお守り#身の守り方
#子育て#子育て不安
#子育て講座#ワーママ
#青森#八戸市#青森市#弘前市
#岩手#盛岡#東北
 
 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 兄と妹へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村