昨日に引き続きマンションネタ、23歳の時に初めてワンルームのマンションを1980万円で購入、丁度バブル真っ盛りで金利7%.今では考えられない金利ですが若気のいたりで買ってしまった。しかし雲行きが怪しくなって一年住んで2080万円で何とか売却。手数料引いたらギリギリプラマイゼロか?2度目は結婚して住む家を最高値6980万円だった90平米くらいのマンションを4200万円で幕張に購入。そろそろ下げ止まると思っていたが更に下がる気配を感じて1年後3800万円で売却。
嫁さんにもう売るのと言われたが子供のころからどうしても一軒家に住みたかったのと一軒家なら下がってもいいと思いこれまた新築未入居7980万円が5200万円に下がった物件を購入。資金繰り間違えて直前に不動産屋さんの常務さんが150万円一年間貸してくれたという中々ない話しもあり何とか購入。一応担保にしたのがダイヤモンドの指輪、5年後買い戻ししてもらえる会社から買った物で一年後無事買い戻してもらって返済。しかしその会社その一年後くらいに倒産。ギリギリセーフというオマケ付きでした。常務さんには何時もうちの会社で働かないと言われていて、不動産に興味があった自分はかなり心が揺れたが今の仕事を続けています。そしてなりよりそのマンション一年後なんと1980万円まで値下がりしてました。いやー不動産怖し。バブル崩壊は色んな人が大変でしたね。
その後父親が一人で住んでいたアパートの家賃が勿体無いのと高齢で将来的に住む家困ると思って谷津遊園という場所に2DK40平米350万円駅7分築35年くらいだったかな?を購入。リフォーム200万円くらいかけて父親が施設に入る時に売却これも5年住んで550万円で売却。ほぼタダで住めたのかな?とは言え施設に入るお金がかかって右から左でしたが。トホホ。
そして久しぶり訪れた買い時と思ったのがリーマンショック。勝どきに出来た有名なツインタワーのタワーマンション。レインボーブリッジが見える40階がキャンセルで出ていた!リーマンショックがあった翌月、年末ギリギリまでの交渉で新築未入居を700万円値引きで購入。と言っても90平米くらいで7800万円まだ仕事が調子が良くてフルローンで買えたけれど仕事にもリーマンショックの影響が出始めて5年後に8200万円で売却。まあこれもタダでギリギリ使えた感じです。
その後オリンピックが決まり徐々に不動産価格が上昇していくのですが売った後月島駅1分の60平米の東京タワーの見えるマンションを4600万円で購入、一年後5200万円で売却。まだマイナーな駅だった現在のマンションを。?万円で購入、今では信じられない値段ですが場所によってはまだまだ5年くらい前はいい物件がありましたね。しかしこの頃思うのは新築マンションで3LDKで70平米くらいだと普通に6000万円以上、50平米くらいでも5000万円くらい、都心から40分くらい行けば新築の一軒家が買えます。もうちょい行くと2000万円台からあってどっちが幸せに快適に暮らせるか、仕事の仕方やライフスタイルで大きく変わりますね。自分も本宅があるので売ったり買ったり出来ましたが普通は中々難しいですよね。
そんなことで船に住むなんてことにトライしようとなった訳です。
まだまだ中途半端な書き方になってしまったけれど仕事しないと(笑)いけないのでまた続きはいつか。