謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
昨年は多くの方から私たちの活動へ多くのご支援・ご協力をいただき、
本当にありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。


ところで、阪神・淡路大震災から今月で18年目を迎えます。
そこで、「阪神・淡路大震災企画 1.17を忘れない―」として、
阪神・淡路大震災と東日本大震災に関するパネル展示と講演会を企画しています。


今回はそのなかから、2つの講演会についてお知らせします。



■ 「生きてこそ~1.17を忘れない」

日時:2013年1月9日(水)18:30~20:30

会場:神戸大学国際文化学部M202教室
講師:上野政志さん

兵庫県佐用郡佐用町の久崎小学校教諭。長女・志乃さん(当時20歳)を1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災で亡くしました。「なぜあそこに下宿させたのか」「なぜ家に引き留めなかったか」後悔は募ります。その後、震災も娘のことも忘れてほしくないと、体験を語ってきました。「娘を知ってもらうことで、ふと娘が生きているように思える瞬間がある」。上野政志さんに、命の大切さ、震災のことを忘れないことの大切さについてお話しいただきます。


※ビラはこちらからダウンロードできます。

※終了後、上野さんを囲んでの懇親会を開催します。よろしければご参加ください。




■ 被災者の生活再建と住宅復興

日時:2013年1月10日(木)18:30~20:00

会場:神戸大学国際文化学部M202教室
講師:平山洋介先生(神戸大学人間発達環境学研究科教授)

現在、釜石市等のまちづくりについて調査されている平山洋介先生に、東日本大震災被災地の住宅復興の状況についてお話しいただきます。復興住宅も早くて平成26年度の入居予定、高台移転は平成27年度以降、区画整理(かさ上げ地区)での再建は平成30年にもなると言われており、そうした住宅復興の課題について、お話しいただきます。
また平山先生は、阪神・淡路大震災の際は、灘区の琵琶町などの区画整理に関わっておられたので、阪神との比較についても触れていただきます。



参加費無料、事前申込不要、学外者参加可
主催:神戸大学キャリアセンター・ボランティア支援部門
(学生ボランティア支援室)



ぜひお気軽にお越しください。



文責:発達科学部4回生 中村優花