紅葉登山 | がんばれこうちゃん 〜自閉症っ子の日常〜

がんばれこうちゃん 〜自閉症っ子の日常〜

自閉症と知的障害のある息子。
今年は支援学校小学部の4年生になりました。
母はほぼ、フルタイムで働いているので息子は毎日デイに通っています。
モットーは障害があっても♪楽しく生きる♪。
息子の笑顔を応援していく母の日記です。

金剛山という所に行って来ました。
大阪最高峰1,125mと思ったら、最高峰は奈良県なのですね。

こうちゃんには「山登りします」と何回か説明しました。

ニコ「はい!」と良いお返事です。

良い天気で山頂の気温も15度切る位の爽やかな気候でした。

 

登っていると、途中でみんなが同じ方向に行きました。

中学生ぐらいの女の子とお母さんもいます。

こっちが順路なのだろう。と付いていくと、かなりの急斜面がびっくり

岩や大木の根っこなどを駆使して登ります。

こうちゃんの身長では足りない所はお尻を押したり引き上げたりしながら。

でも、みんな身軽にドンドン登って行きます。うちらの家族だけ置いてみんな軽々と進んでいきます。 

 

大分経ってから「もしかしてなんかおかしいはてなマーク」と思い始めました。

登山とか言うけど、こんなに大変だっけ?

上から降りてきた人に尋ねると、

「ここは金剛山でもハードコースとも呼ばれる所でちょっときついですよ。

でもここまで来たなら是非このまま行ってみて下さい」

 

後で調べると文殊東尾根登山ルートという、

初心者向けではない道だったようです。

文殊東尾根登山ルート

大変な道ではショック「うぉぉ~」と言いながらも頑張ります。

(大人でも滝汗うぉぉぉ~と言いたくなる山道です)

途中で降りてくる人に「頑張れー!」と励まされながら、

ママも「こうちゃん、すごいラブラブ。カッコイイラブラブ!」とずーっと言いながら、

こうちゃん最後まで登りきりましたよにやりエッヘン!

本当に凄い。カッコよかったですキラキラ

大体1時間半弱でした。しかし、小学生には全くオススメできません!。

 

山頂から見た紅葉紅葉は綺麗でしたよイチョウ

 

帰りは、ちはや園地経由の自動車道(ほとんどコンクリートで舗装されてる)伏見峠ルートで帰りました。

伏見峠ルート

急な道でしたが、舗装されているので転落とか滑落とか遭難とかの恐れはほとんどなさそうです。

この道の予定だったんだけどな。

こうちゃんよりも小さいお子さんでもさっさと登り降りしています。

小学生以下の子供でも登れそうです。

犬犬を連れてトイプードル散歩(?)している人もいました。

このほかにも金剛山は様々な登山ルートがあります。

色々見ましたが、ルートごとに色んな特色があるのですね。

(とても歩いたような気がしますが、8㎞か。
案外歩いていません。)

 

終わってからは頑張ったこうちゃんのリクエストにお応えして、

ラーメンラーメンを食べて帰りました。

ニコこうちゃんお疲れ様でしたおねがい