お勤めご苦労様です | がんばれこうちゃん 〜自閉症っ子の日常〜

がんばれこうちゃん 〜自閉症っ子の日常〜

自閉症と知的障害のある息子。
今年は支援学校小学部の4年生になりました。
母はほぼ、フルタイムで働いているので息子は毎日デイに通っています。
モットーは障害があっても♪楽しく生きる♪。
息子の笑顔を応援していく母の日記です。

今日は体育祭代わりの体育参観がありました。

体育館でかけっこや競技などをするもので、

3年生と4年生合同で行いました。

 

親に似て運動が苦手なこうちゃん。

体育館独特の音の響きがショック辛そうで、

耳に手を当てたり叫び、パンパン拍手と手を叩いたりしながらの参加です。

まず、成長が見られた所は、みんなでする準備体操を大体それらしく体操出来た所です。

今までは、練習で出来ていたとか聞いていても本番では棒のように立っていたり、

パンパンと手を叩いている位の姿しか見る事が出来なかったのですが、

初めて体操をしている姿を見ましたおねがい音譜

やはり段々と言葉が通じるようになって来たのでしょうね。

リレーはフリー(自由過ぎる)に走っていましたが。

 

そして最後の締めです。

各クラスの学級委員が前に出て挨拶をします。

こうちゃんがカラオケマイクを持ちました。

なんと、マイクで最後の挨拶をしたのです。

たどたどしい日本語で、でも大きな声でハッキリとみんなに聞こえる言葉で話しました。

ブラボークラッカー合格花丸100点です。

鬼母の目にも涙おねがい汗。すごいよこうちゃん。ニコよく頑張ったね。

そして学級委員の大役下差しも今日で終了だそうです。

思えば、しっかりしたお友達にいつも助けられているような、こうちゃんほっこり

それがマイクを持って堂々とみんなの前で話せるようになるには、

先生方のご指導があってこそだと思います。感謝します。

この先こういう経験があるかどうかわかりませんが、人生で大切な経験になったと思います。

支援学校で本当に良かったと思える瞬間でした。