English Book Club オンライン開催のお知らせ♡ | サンクチュアリ Metaphysical Workspace Minamiaoyama

サンクチュアリ Metaphysical Workspace Minamiaoyama

メタフィジカルワークスぺース サンクチュアリのインフォメーションブログです。


こんにちは。
外出自粛に加えて大雨の関東です。
世界中がひっそりと静まり返った様な時間ですね。


今日は以前ブログでもご紹介していました読書会の件です。

ようやく私達もZoomオンライン開催へと舵を切りました^^;

 



主催側のメンバーもそれぞれにお仕事がお休みになったり、急に色々と予定が変わったり、

私もレイキセミナーなどが取りやめになったりと、
もうこんな時だから臨機応変に動くしかないという感じで却って日程が決めづらかった(笑)



 

ですが、決まりました!


 

第一回は 4月25日 14時~16時  Zoomミーティングルームにて開催します。

ご参加費お一人2000円 ペイパル決済です。

 

 

集まるのは今のところ8名ほど。

中には凄いバイリンガルさんもいらっしゃるらしいですけど、

私はそんなんじゃないです(笑)

 

初回はお顔合わせと自己紹介がメインになるかなと思いますが、

一応宿題も決めましたので、それぞれに読んで来ていただきます。

 

その上で私のような中初級者の方は、このフレーズが読みこなせない、とか、

単語だけ分かっても意味が理解できない小説ならではの理解が必要な個所を

もっとわかる方に教えてもらうようなスタンス。

 

もっと読める・分かる上級者のは、

このフレーズの言いまわしは素敵! とか、
この言葉がとても心に響いたなど、自分の琴線に触れたパートや、

皆さんに役に立ちそうだなと思ったポイントなどをシェアしてもらおうと思っています。

 

だから、気負う必要はないかなと。

上級者も中初級者も、皆がこの小説に触れて行けるようなクラブにしたいです。

 

 

前回書いた募集記事もご参考に。

https://ameblo.jp/ku-nie/entry-12580711887.html

 

 

そうそう、肝心なテキストのことも触れておかなければ(笑)

 

image

https://g.co/kgs/e5umK2

 

これ実は、数年前にアマゾンで見かけてジャケ買いしたんです(笑)


ダライラマの猫という邦題で和訳も出ていますが、
私が初めてこの本に触れた時にはまだなかったんですよね。

 

使われている単語やフレーズは左程難しくないんですけど、

とても文章が詩的。

上品でお洒落だからこそちょっと、私には難しかったんです。

 

だから、どなたかもっと理解が深い方と一緒に読めたらいいなぁ、

そんな読書会が出来たら素敵だなぁと長年思っていた作品です。

 

 

初回は、今後も続けられるか分からないし・・・と言う方には

こちらで初回分のみのテキストをPDFでご用意しています。

ちょっと触れてみて、これなら続けようと思えたら本を購入していただいても良いかなと思います。

Kindleだとお安く買えるみたいです。

 

 

あくまでも読書会です。

英語の小説なんて一人じゃ歯が立たないけど、みんなと一緒なら出来そうという方、

本を読む習慣を持ちたい方、英語の勉強をもう一度やりたい方、一緒に英書を読んでみませんか?

 

 

スキル・レベルは人ぞれぞれですが、

一か月に一度の開催までに指定の範囲をご自分なりに読む、
分からなかった単語は自分で調べる、などの姿勢で臨める方です。

その上で理解出来なかった箇所を質問するというスタンスでお願いします。

私も頑張ります!

 

 

ダライラマと猫とのやりとり、師弟とのやりとり、はたまたキッチンスタッフの会話など、

心に響くちょっとスピリチュアルなフレーズを英語でくみ取りたいなと思っています。

ご参加希望の方がいらっしゃいましたら問い合わせくださいね。

 

こちらからでも、メールやSNSからでも大丈夫です。

https://aseedofsanctuary.com/contact/

 

 


こんな時ですが、いや、こんな時だから、

知的文化的なイベント会催で脳を活性化させておきたいかなと思います。

 

ではでは☆

 

Touka(橙香)
Metaphysical Workspace Sanctuary Higashiazabu
ホームページ&メインブログ   Sanctuary Home Page
クリスタルショップ Celestial Cave
Twitter Sanctuary Session Space