しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス | Every Little Step (新)

Every Little Step (新)

りおうさんの更なる進化を求めて。


テーマ:
しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(原題:MAUDIE)
2016年カナダ=アイルランド 日本公開2018年3月
監督アシュリング・ウォルシュ
サリー・ホーキンス/イーサン・ホーク/カリ・マチェット/ガブリエル・ローズ
画像
(C)2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.

【雑感その1】
良かった…!
泣いちゃった。マジで。
ハンカチで涙拭くほど泣いた。(わしにしては珍しい。
とはいえ、そんなお涙頂戴な映画ではないんだけどね。

公開が2016年なのでもう2年も前の作品ですが
この映画が日本で公開されてよかったと本当に思います。

内容はとてもシンプルで、何か大きな出来事があるでもなく
穏やかなペースで話は進みます。
一見地味ではありますが、見終わったあとになんだか温かな気持ちになる
そんな作品です。

カナダの実在の人物モード・ルイスという画家の半生を描いています。
伝記というよりもラブストーリー。
カナダでは最も知名度のある画家さんなんだそうですが
日本ではほぼ知られていません。
モードの名が知られるようになったのは
彼女が晩年になってから。
なのでそれまでのことは大雑把にはわかっていても
わしらのように普通の一般人であるので
そのあたりの映画の内容は〝創作〟いわゆるフィクションであります。
そのフィクションのラブストーリーがいい!
もちろんその人物の実際の性格などから想像して創作したとのことですが
2人の距離感がすごくよかったと思います。

ストーリーもさることながら主演2人の演技がすばらしい。
ここがこの作品における最大の魅力であるように
思います。


【あらすじ】
カナダの小さな町で暮らすモードは関節リウマチを患っていた。
そんな彼女はあるとき 家政婦募集の貼紙を出した
エヴェレットという男性に興味を抱き
すべてを捨てて住み込みの家政婦として彼の家を訪れる。


【キャスト】
モード・ルイス役にサリー・ホーキンス。
今話題のサリー・ホーキンス!
わしも大好き!
時折見せるどうしようもないくらい愛らしい表情が最高。
でもちょっと演技としては誇張しすぎてる感もあったかなーと、思う。

エヴェレット・ルイス役にイーサン・ホーク。
イーサン・ホークってこんな感じだったっけ?
もっと細いイメージがあった。
とにかくこのエヴェレット役がぴったり!
サリー・ホーキンス目当てで見たけれど、みてるうちに
イーサン・ホークに感情移入してしまってたくらい!

サンドラ役にカリ・マチェット。
いしのようこに似てた。
出演時間は少ないけれど非常に印象に残る。
言葉数も少ないし。
でも2人のことを見守っている感がすごくよく伝わってきてたし
その雰囲気が好き。


【雑感その2】
この映画で涙した理由は感情移入しすぎてしまったことかなと思う。
自分ととというか
モードもエヴェレットもお互い2人しかいなかった。
わしには今は両親もいて家族がいるけれど将来は彼らのように お互いがお互いしか
いなくなるということ。
(わしには甥も姪もいないし本当に誰もいない)
相手が心のよりどころだし、結局帰るところがエヴェレットのところしかない。
そしてエヴェレットの境遇。
愛を知らずに育って、その不器用さ。でも愛情深い。
そこをモードはわかっていたけれど、不器用さゆえにつらい態度をとられて
寂しさに襲われる気持ちとか
画面から伝わってきました。

いつも難しい表情をして小さな目のエヴェレットが
モードの作ったスープを食べて
照れたように、そして人の優しさに途惑うシーンがとても好きで
あとあんな無骨なのに 壁が花やら鳥やらかわいらしい絵で埋め尽くされて
生活してても特に文句を言わないとか
そのギャップというか、そこは怒んないんだ(笑)って思って
そのあたりの描写がすごくいいなぁ。と思いました。
なんていうんだろう、かわいいっていうか。

モードの絵はとても温かみがあって
人気が出るのもわかる。
色彩がとても綺麗で、技術とかそういうものを超えた温かさ。
彼女のセリフで 自分は(こんな体だから)どこにも行ったことがない。
育った町と今住んでいるこの場所、この2ヶ所しか知らない。
という感じのものがあるんですが
そのセリフはとても深かった。

実際のエヴェレットとモードの姿がエンディングで見られますが
想像とは違ってエヴェレットはすごく優しそうで驚きました。
モードはめちゃくちゃかわいらしかった!


エヴェレットの手押し車の荷台に座るモード。
そのシーンを思い出すだけで今でも涙が溢れそうになります。
2人が、2人でいることが幸せなんだ。

2018-⑥

りおうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.