『のだめカンタービレ 最終楽章・前編』 | Every Little Step (新)

Every Little Step (新)

りおうさんの更なる進化を求めて。


テーマ:
去年の年末に見に行く予定だったんですけど
忙しかった(めんどくさかった)ので
年始になりました。

のだめ は嫌いじゃないけれど
ドラマもスペシャルドラマもほとんど見ていない状態。
コミックスも持ってるけれど
実はパリ編はしっかり読んでない…ひよざえもん がーん
ってな感じです。。
なんか宣伝で 玉木演じる千秋が最後の方で見せる
指揮が素晴らしいと絶賛していたので
興味がわいた。

で、感想は 
なかなか良かった。デス
わざわざ映画館で観なくてもいいんじゃない?って感じですけど。
内容は別に悪くないんじゃないかなー。
お気楽で。
1000円で観るならいいかなーって程度かな。
いらないシーンとかもあるけどさ。
それなりに笑えて。
あと ぁー金かけてんなー って思いました。
実はわしは結構上野樹理が好きなのです。
あんなかわいい顔だったらよかったのにーって思います。
映画の上野樹理はかわいかったー!
意外だったのが なだぎ武の出番が案外多かった事。
もっとちょい役なのかなと思っていたので意外ですた。
内容的には ほろりと泣けちゃいそうなところもあったりしました。
泣かないけどさ。
で、注目の最後の千秋の指揮のシーンなんですけど
すごくよかった。
映画の中の観客のように拍手したかった。
けど映画館ではシーンとしていました。
うう。
なんか玉木宏がすごくがんばってるのが 目に見えてしまって
ああ どんだけ努力したんだろうかとか考えてしまった。
あのときばかりは千秋ではなく玉木宏に拍手したかった。
なんか指揮の練習しすぎて 左腕が太くなってシャツが入らなくなったとか
テレビで言ってて
だから左の腕から袖の部分を切ってるんだって。
どうせジャケットを着るので見えないから。
すごい!
ブラボー!
 
見ていてそれなりに楽しい作品であったし
笑いが細かいっ。
何より途中で寝なかった。えへ。
前編では千秋ががんばったので
後編ではのだめががんばる番なのかなと思ってます。
後編も楽しみです。

ちなみに映画の内容は
コミックス13巻~ からの部分になります。
内容はわりと原作に忠実だと思います。
エピソードをまるまるごそっと抜いてるところもありますが。

単純な娯楽映画として楽しめて
なおかつクラシックも聞けるのでよかったです。
軽い気持ちで観て 軽い気持ちで笑って
ああよかったねって思える映画になってるなぁと思いました~。
面白い より 楽しむ 映画です。


りおうさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス