Every Little Step (新)

りおうさんの更なる進化を求めて。


テーマ:
SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(原題: SHERLOCK:THE ABOMINABLE BRIDE)
2015年イギリス 日本公開2016年2月

ベネディクト・カンバーバッチ/マーティン・フリーマン
画像
(C)2015 Hartswood Films Ltd. A Hartswood Films production for BBC Wales co-produced by Masterpiece. Distributed by BBC Worldwide Ltd.


【前置き】
BBCの大人気TVシリーズ、シャーロック。

そのTVシリーズがとうとうスクリーンに登場!
なのですが、いわゆる〝映画化〟とは違います。

元々本国イギリスやその他の国でクリスマスにTV放映されたシャーロックのスペシャルドラマが
この作品。
日本ではいつ放送するのかな~と思っていたら
劇場公開するという。
なのでシャーロックのスペシャルドラマをスクリーンという大画面で
みられるというただそれだけのこと。
なのでそもそもこの作品はスペシャルドラマであるということを
わかっていないとダメなのであります。

つまりは一見さんお断り作品となっています。
シャーロックという作品を知っていてなおかつ、今見られるシーズン3まですべて
見ているという前提が必要になります。
この作品を劇場で初めてみて、面白かったからシャーロックのDVD借りてみよう!
という風にはなりません。(おそらく
わしはすべて見ているけど だからって何度も見返しているほどの
コアなファンじゃないし
ましてやシーズン3のラストなんてどんなのかすっかり忘れてた。
でも冒頭でちょっとだけ軽いダイジェスト的な感じで
映像流してくれたので
あぁ、こんなだったなぁーと思い出した程度。


【キャスト】
主人公シャーロック・ホームズを演じるのはベネディクト・カンバーバッチ。
なんかしっくりこないなーと思ったら
そうだ!髪型がオールバックだからだ!と思った。(今更
やっぱあのくるくるヘアーじゃないとね!物足りない!!

ワトソン役にマーティン・フリーマン。
シャーロックがオールバックなら彼はちょびヒゲ!
いつものワトソンとは少し違う感じかなー。

メアリー役にアマンダ・アビントン。
現代のよりもビクトリア風の衣装のほうが凄く彼女に似合ってた。
アマンダ・アビントンは実際にマーティン・フリーマンのパートナーであります。

モリアーティ役にアンドリュー・スコット。
モリアーティさん再登場っ。
見事な悪役顔で007スペクターでも悪役を好演。
そしてゲイ顔。

マイクロフト・ホームズ役にマーク・ゲイティス。
このシリーズの脚本家でもあります。
わしはこのマイクロフトが大好きっっっ!!
今回のマイクロフトはなぜか肥満体でした。

レストレード警部にルパート・グレイブス。
ヴィクトリア風になるとがらっと人相がかわってしまって
本来どんなん感じだったか忘れてしまったわ。

ハドソン夫人にユーナ・スタッブス。
フーパー役にルイーズ・ブリーリー。
エミリア・リコレッティ役にナターシャ・オキーフ などなど


【雑感】
TVシリーズは現代でしたがこの作品はヴィクトリア時代がメイン舞台と
なっています。
ですが完全に独立した話ではなく、シーズン3とシーズン4の間的な位置づけ
になっております。
だからといって必ず見なければいけないってことは
ないと思います…多分。

内容としては、まぁまぁかな~。
個人的な都合で既に2回見たんですが2回目のほうがより理解できた。
劇場公開というとどうしても期待するところがあるけど
TVドラマだと思うとこんなもんかなぁと思います。
ちょっとホラーっぽい要素もあるしヴィクトリア調だし
いつもと少し違ったシャーロックを味わえます。
あと微妙にちょっとした伏線もある。
時間軸がころころ変わるところが観てる人をつい混乱させますが
そのへんもそもそもがスペシャルドラマだと思って見ないと
?マークしか出てこないと思います。
初めてさんには親切設計ではありません。

わしはTVシリーズはDVDを借りてみているので
いつもは吹き替えなんです。
なので字幕でシャーロックをみるのは初めてで
カンバーバッチのあの早口のセリフ回しは おぉぉすごいなー!!
って思いました。

本編のほかに
冒頭に 特典映像1「脚本家スティーヴン・モファットと巡るベーカー街221Bの旅」(約6分) 
と、本編が終わってからは
特典映像2 「シャーロック製作の裏側~主要キャスト・スタッフとともに」(約16分)
という2本の特典映像がみられます。

来場者プレゼント(数に限りあり)もあり、
シャーロックは4週間限定上映でして毎週そのプレゼントが変わります。
1週目はシャーロックのポストカード
2週目はシャーロックのしおり
3週目はシャーロックのステッカー
4週目はシャーロックのカレンダー となっています。

わしは1回目は初日に見たのでポストカードをもらえましたが
2度目はその2日後にみたらもうポストカードはもらえませんでした。
すげぇ。。
個人的には4週目のカレンダーが欲しかったな~って。


まぁよほどのファンなら見ても十分価値がありますが
どうぜDVDになるし って方は見ないでもいいと思います。
おなじみキャラ集合でちょっとお祭り的な感じで
作られているので見るならば
軽い気持ちで見たほうがよいかと思います。


2016-⑦










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
そして最終海域。
E-3



MAP


輸送ゲージを破壊して
その後ボスゲージ破壊という最近のおなじみのパターンです。
ただ時間で輸送ゲージリセットがあるかどうかは知らない。

乙作戦を選びました。
丙でもよかったんだけどね。
編成
今回は連合艦隊です。まずは輸送艦隊。
第1艦隊



第2艦隊



どうやら微妙にキャプがずれていた模様。
輸送艦隊なので駆逐艦多め。
第1は
駆逐×4 あきつ丸 航巡
第2は
駆逐×3 航巡×2 阿武隈
にしました。

あきつ丸は低速艦なのでMAPでB→Dにいかず B→C→Dという
経路をとって1戦多くなりますが
入れるとボス戦で航空優勢がとりやすいとか聞いたのでいれました。
1戦多くても航空戦だったのでそんなに被害が出るわけでもなかった。

装備は第1の駆逐艦にはドラム缶ありったけ。
航巡は瑞雲とか。あきつ丸は烈風1つ載せた。
あと大発もどこかに載せました。(2つ

第2は普通に主砲・副砲など。
電探・甲標的などなどオーソドックスな装備にしました。

ま~、この輸送作戦がきつくてきつくて。
潜水艦の魚雷で1撃大破祭り。
全然たどり着かないし着いても敗北だしでどうにもこうにもつらかった。
ほんとに丙にしようかと悩んだけど
1日がんばって無理なら明日から丙にしようと思ってひたすら回数を
こなす。

結果としてなんとか輸送ゲージは破壊できたけど
まじでつらかった。
もちろんキラつけ・支援一切出さずなのは容易に想像できるかと。


次が本命のボス攻略。




スタート地点はGの横の右上から。
左下からスタートするにはなんか条件があるんだろうね。

編成
第1艦隊 水上部隊です。




第2艦隊



第1艦隊のどっかんどっかん編成好きだ。
第2艦隊で雷巡2使える楽しさ。
こういうのいいよね。
たまには。
資源が痛いけど。
でもイベントのために貯めてるんだもんね!ここで使わねばいつ使う!
あとリットリオをとうとうイタリアに改造しました。
画像ではまだリットリオだけど。
ビスマルクがね…まだね建造できなくてね。
イベント終わったらまた建造しなければ。

第1艦隊 軽空母×2 戦艦×4
第2艦隊 軽巡 駆逐×2 戦艦 雷巡×2

装備は戦艦は主砲2と徹甲弾と水観など。
軽空母は装備忘れた。 少し艦戦多目だったような気が。
第2の駆逐は片方スナイプ装備もう片方は通常装備。 両方スナイプでも良かったかな。
雷巡・阿武隈にはもちろん甲標的などなど。

輸送ゲージよりか全然楽だった。
けど初戦(Kマス)の1発大破はよくくらった。
Kマスさへ抜ければまぁだいたいいけた感じかなぁ。
ただ、ラスダンは久々に時間かかりました。
それでも5~6回程度かなぁ。


ボスのおねいさん


最終形態




ゲージ破壊時
どっか~ん!


やったー!!
獲るの必死で誰が仕留めたかわからなかったんだけど
これみたらどうやら夕立らしい。
スナイプじゃなかった。
わーいわーい。
クリアだぞー!



クリア報酬


Ro.43水偵。
まぁ、わしにはどんな装備なのかはよくわからんが。

そして新艦娘

ザラ!
かわいいいーーーー。
初月といいザラといい、わし好み!
ザラちゃんはなんかもひとつ人気ないみたいだけど、わしは好き。
服がかわいいのよね。


そしてイベント攻略自体は終了!
今回は甲乙乙でのクリア!


軟弱な性格のわしは
これくらいの難易度がいいかもしれん。
でもE-3の輸送はいやだけど…。



という事で今現在はひたすら欲しい子を掘っております。
まぁ~出ないことでないこと。
余裕で100週超えてます。
がんばります!!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オデッセイ(原題: THE MARTIAN)
2015年アメリカ 日本公開2016年2月
監督リドリー・スコット
マット・デイモン/ジェシカ・チャスティン/クリステン・ヴィグ/ジェフ・ダニエルズ
ショーン・ビーン/マイケル・ペーニャ/キウェテル・イジョフォー
画像
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

【雑感その1】
おもしろい!!
いや、おもしろいというのとはちょっと違うかもしれん。
すごい。
とりあえず現時点で今年見た映画の中で1番です。(6本しか観てないけど。
全力でおススメできます。
3D上映もありますが、特に3Dの必要性はないかと思う。
2時間24分という長丁場も全く時間を感じさせない。

ストーリーの展開の仕方は、ど定番だけど
飽きさせないんだよね。
話の根幹はきっと単純なんだろうけど作り手次第で面白くなるもんなだなー
と感心。
わしが一番よかったなーと思うのは誰一人死なないところかなぁ。
あくまで最後まで前向きというか、後悔とか感じさせない。
そう、この映画が話題になってるのはその
ポジティブさにある。
火星に一人取り残されるという内容なのに
まさかの超ポジティブ映画。
だから見ててちっとも嫌な気分にならないという。


【あらすじ】
仲間たちと火星での探索中に嵐に巻き込まれ、行方不明になる
宇宙飛行士のワトニー。
仲間たちは彼が死亡したと捕らえ火星から緊急脱出する。
が彼は奇跡的に生きていた。
火星に取り残されたと知ったワトニーは次の探査がくる日までこの火星で
生き延びようとする。


【キャスト】
登場人物が多いので個人的に気になった人(知ってる人)を
ピックアップ。
役職等もわかる人しか書いてません。

主人公マーク・ワトニー役(アレス3ミッションのエンジニア)はマット・デイモン。
なんかいつも宇宙にいる気が…。(インターステラーおもいだす。
今回は良い役です。
めっちゃくっちゃポジティブで、見てると応援してしまう。
彼の一挙一動が気になってしまいます。
後半ですごく痩せた姿で登場するのが驚いた。あれはCGだという話もありますが。
真意はわかりません。


ルイス准将(アレス3ミッションの指揮官)にジェシカ・チャスティン。
これまたインターステラー組。
女性の指揮官ってかっこいいよね!
無重力の中をスイ~ッと泳ぐ姿がかなり好き。

マルティネス役(アレス3ミッションの操縦士)にマイケル・ペーニャ。
マイケル・ペーニャ好きだー。出てる作品最近ハズレなし。(多分
役柄もぴったりだし文句なし。

Dr.クリス役(アレス3ミッションの医師)にセバスチャン・スタン。
キャプテン・アメリカにてウィンターソルジャーことバッキー役やってた。
けどわしは全然気づかず。
顔見ても全然わからんかった。

テディ(NASA長官)にジェフ・ダニエルズ。

ミッチ役(アレス3ミッションのフライトD)にショーン・ビーン。
ショーン・ビーン出てるの知らなかった。
彼は死ぬ役が多いことで有名だけど今回は死なない!

ビンセント・カプーア役(NASA火星探索責任者)にキウェテル・イジョフォー。
それでも夜はあけるに主演してました。

べス・ヨハンセン役に(アレス3ミッションシステムオペレーター)ケイト・マーラ。
ルーニー・マーラの実の姉であります。

その他もたくさんいるんですが割愛。


【雑感その2】
超ポジティブなマット・デイモンが注目されがちですが
その他の人々(NASAの人とか仲間とか)の活躍も
見逃せません。
もちろんマット・デイモンお見事だけどさ。
でも火星にいけるくらいの天才だからこそ
一人でもあれだけのことができるんよね。
天才という大前提ありき。
凡人じゃありえない。
わしなんて意味わかんないもん。
そういう意味わからんというか、ワトニーに共感しにくいところが
悲しさとか感じなくていいのかもしれない。
まさかの火星で70'sディスコサウンドが流れるとかさ。

でも実はポジティブばかりではなくて
ちょっと自棄になっちゃうときもあるわけよ。
そういうのがまたね、応援したくなるというか
前のめりになってみてしまう。

で、その仲間だけどNASAの人々もそうだし
火星探索チームのみんなも とにかく一致団結してワトニーを助け出すという
そういう意識がすごくわしの好みで
不可能に近いことをみんなで協力して成し遂げる達成感が
これまたいい。

途中で中国が絡んでくるんだけど、ん?って思った。(意味深
どうせ中国が製作に金出してるかなんかでしょ
と思ったら元々原作でも中国が出てくるようなので
特に出資してるとかはないらしいけど。
なんかね、こうね、勘ぐっちゃうよね。

でもあれほど 生きよう と思えるポジティブさは本当にすごい。
わしは完全にネガティブ人間なので
ポカーンとするしかない。
生きようと思う先に したいこと、成し遂げたいことが彼にはあるからでは
ないかなーとか思うのよね。
是非おすすめの映画です。
何も考えず見て欲しいなー。


この映画を一言でいうなら
ガムテープ最強。 
以上。




2016-⑥
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。