Every Little Step (新)

りおうさんの更なる進化を求めて。


テーマ:
華麗なるギャツビー(原題:THE GREAT GATSBY)
2013年アメリカ 日本公開2013年6月
監督バズ・ラーマン 原作F・スコット・フィッツジェラルド
レオナルド・ディカプリオ/トビー・マグワイア/キャリー・マリガン

Every Little Step (新)
(C) 2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved

華麗なるギャツビーと聞けばあのCMを思い出すのがわしら世代。
原作はアメリカの超古典作品と言われる グレートギャッツビー。
作者はF・スコット・フィッツジェラルド。
ちょうど去年みたミッドナイト・イン・パリという映画で彼が登場してたんですよね~。
だから覚えてた!
ちなみに原作は読んだことがありません。
過去に何度も映画化されておりましておそらく一番有名なのが
ロバート・レッドフォードとミア・ファロー主演のものだと思います。
1974年制作かな。
そちらも見たことはないです。
なので予備知識ほぼゼロでみました。
大まかな感想としては おもしろかったです。
過去にも書いているようにわしはいわゆる物語がすきなので。
ただ序盤は猛烈につまんなかった。
ゴージャスなセットにいかにもセンスあるだろ的な演出。
そして切り替わりの早いテンポで展開する。
デイジーの登場シーンとかはちょっとあざとかった。
観てて監督の自慢げな顔が垣間見える気がして少し恥ずかしかった。
この調子で映画は展開していくのか?と思ったくらい。
でもそんなのは一応序盤だけでいつしか自然と物語の中へと
入っていってしまいました。

2時間半近くあるんですがあっという間だったとは言わないけれど
時間は全く気になりませんでした。
こちらの作品は3Dを採用しております。
あれだけ豪華絢爛なセットや衣装は3Dで見るとさぞ見ごたえがあるかと思います。
が、わしはいつもながら2D鑑賞。

1920年代。ジャズの禁酒法の時代。
ニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)は隣人ジェイ・ギャツビーが住んでいた。
彼は毎夜豪華なパーティを開く謎の大富豪であった。
そして港を隔てた向こうにはニックのいとこであるデイジーとその夫である
トム・ブキャナンが住んでいた。
ある日ニックは
見たこともなくどのような人物かもわからないギャツビーからパーティの招待を受ける。
この日からニックはギャツビーと親しくなり
しだいにギャツビーの生い立ちやデイジーとの禁断の恋の話を聞くうちに
彼の真の姿を知るようになってゆく…。


『華麗』なるギャツビーを演じるのはレオナルド・ディカプリオ。
毎度書きますが最近のディカプリオは好きです。
年のとり方が好きかも。
ギャツビーという謎めいた富豪。
主人公のようで主人公でないみたいな。
映画が始まって30分もないかな??登場まで結構焦らされます。
そしてやっとの登場で見せるバリバリの太陽のようなスマイル。
ちょっと笑ったのはわしだけでしょうか。
階下のデイジーに高級な服をポイポイ投げるシーンのディカプリオが
なんか素に近かった気がして。
最近はあんなに楽しそうに無邪気に笑顔を見せる作品がなかったように
思うのでちょっと新鮮でした。
デイジー役はキャリー・マリガン。
わしの好きな女優さんの1人。
とても愛らしいデイジーだったと思います。
愛らしくそれでいて無情というかなんというか。
自分も♀だけど 見ていてあぁ女ってこんなもんなのかな…って思ってしまいます。
序盤にとあるデイジーのセリフがあるんですが
『おんなのこはバカな方がいい』だったかな?
そのセリフがすべてを物語っています。
彼女はこの作品でプラダにミュウミュウ ブルックスブラザーズ
宝石はティファニーと豪華な衣装を纏っています。
(彼女だけではないけど)
でも実質衣裳自体は4・5着くらいじゃないかなーという印象。
そして実質上の主人公というか語り手であるニック・キャラウェイ役は
トビー・マグワイア。
あの大きな目が純粋に見えて 彼のギャツビーに対する興味が手に取るように
わかる気がしました。
ああいう役はとても似合っていると思いました。
ただニックというキャラの立ち位置が非常に曖昧で微妙で
難しい役だったと思いますがとてもよかったと思います。
個人的に一番光っていたのと思うのが
ジョーダン・ベイカー役のエリザベス・デビッキ。
どこか魅惑的でそれでいて芯のある女性に見えました。
出番はそれほど多くはないですが印象は強いと思います。
脇役としてそれは十分なお仕事を果たしたと思います。
彼女は非常に良かったと思いますよ~。
今後の活躍に期待大。
デイジーの夫役のトム・ブキャナン役はジョエル・エドガートン。
いわゆるちょっと嫌な役。
誰かに似てるんだけど誰だか思い出せない。
そんな痒いところに手が届かない的な俳優さんでした。


ギャツビーの純粋すぎる愛情の物語。
痛いくらいの一途さでただ一人の女性を追い求める。
果たして人はそこまでできるのだろうか?
そしてその女性を手にした時 彼には何が残るのだろうか?
それで満足ゆく生活が送れるのだろうか。
色々考える所のおおい作品でしたが
原作がきっちりある作品なので
ああ これはこういう風に繋がるんだな と無駄のないストーリー
になっています。

でも最後 誰もギャツビーを見送りに来ない というのは
余りにも残酷であまりにも辛すぎました。
だって、だって。
考え出すとまた深みにはまってしまいそうなので できるだけ
ギャツビーの視点には立たないようにしています。
ふり返ると終始ギャツビーの切なさが心に痛いという。

色々ニックの立場でも理解したいなという思いから
原作に手を出しました。
今まだ読んでいる最中です。
わしが原作を読みたいと思ったということはなかなか内容としては
おもしろかったということを察してもらえるかと思います。
もっと軽い仕上がりの作品なのかと思われがちですが
中身は結構重厚で重いです。
先にも書いたように原作がある作品なので安心して見られます。
アクションシーンなどはないですが
個人的にはおススメです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●体調
どうにもこうにも調子が悪いのでとうとう病院に行ってきました。
予想通り逆流性食道炎と言われました。
お薬もらって 毎週病院に通って3週間。
一向に良くなる気配がなかったけど
ここ数日ようやくマシになってきてるかな?という
感じです。
もう今週は病院にも行かず。
薬に強くないので飲み続けるのもどうかと思って様子見。
ずーーーと口の中胃酸のの味して
いわゆる口の臭い女になってました。
人としゃべる仕事だしすごく嫌だったけどちょっとマシになって嬉しい。
でももうしばらく様子見ますね。

●ピグ
最近アメーバピグに久々ログインしている。
ピグはサービス当初から1年くらいしてたんだけど
ユーザーが増えるにつれキッズの率が高くなってあほらしくて
やめてたんだけどなんか急に遊んでみたくなった。
なんということでしょう!
そこはわしがいたころとは全く違ってて浦島太郎状態。
こんなエリアいっぱいなかった…。
なんか家も増築できるし…。
ビクビク。こぇー。
前はよく茶屋にいたので今回も茶屋に行くとキッズに
『りおう、凛々しいな。』 とか言われる。
…。   お前呼び捨てかよ。
ピグのわしのキャラは家族曰く とってもわしに似ているそうで
お気に入りらしい。
でも確かにちょっと凛々しい顔つきかもしれん。
わしは隠れ趣味がマージャンなので最近できたというマージャンエリアへ
行ってみる。
一応初心者のエリアへ。
わしもそれほど詳しくはないので初心者といえば初心者なんだが
どうにもこうにもどいつもこいつも鳴き過ぎる。
鳴くやつはやりにくい…。
お前、哭きの竜かよ!と 突っ込み入れたくなる。
つーか、哭きの竜知ってる人いるんだろうか…ひよざえもん がーん
わしはとーちゃんにマージャンを子供の頃に教えてもらって
家にはちゃんした牌のセットもあったりマージャンのマットもあった。
そんなとうちゃんも哭きの竜読みだしたら
それから一時期やたら鳴くようになるし。影響受け過ぎやねん!
という。。
最近はピグのマージャンで負けこんでもうやる気がおきません。
最近はスロットに出没中。

●ハーゲンダッツ
先日買ったハーゲンダッツの…なんだ?クランチ??
Every Little Step (新)
まぁなんかトリプルチョコだかなんだでCMしてたので
買ってみた。
わしはもともとハーゲンダッツのアイスはあんまり食べないんだけど
チョコと聞いちゃ見逃せない。
でもお味はも一つだった。
値段ばっか高くって。
なんかクレープみたいなのあるじゃん?
あれももひとつだったなぁ。
やはりわしには1つ100円くらいの安っぽいアイスがお似合いのようです。
最近はチョコバリ!

●海外ドラマ
メンタリストS3 と リベンジ 見終わったー!!
メンタはまぁ え? って感じの終わり方でレッドジョンもあっけなすぎて
( ゚д゚ )ポカーン。
リベンジは最初はスローペースで見てたけどいつしか
次は次は?と後半はハイペースで見ました。
わしは断然ジャック派なんだけどラスト付近でみせるノーランのあの
優しさにドキドキ。
ちょっとノーラン見直した!
かっこいいじゃん!
S2はDVDになるのはまだまだ先っぽいしレンタル開始されてもしばらくは
新作だし。。
それまでに人物関係すっかり忘れそうでこわいわ。
ちなみに火曜の深夜、リベンジも地上波で放送しております。
でももう15話くらいまで行ってたように思うけども。
興味あれば是非~。

●今月のヤンジャン。
キングダム。  
キタ━(゚∀゚)━!  キタ━(゚∀゚)━!
半年以上待ったかいがあったぜーーー!
信じてたよ。信じてた。  端和さまぁぁぁ!
という展開。 もうわかるわな。
端和VS我武神の対決が実現しそうな気がします!
バジオウあたり死ぬんじゃなかろーな。。
それだけは勘弁!
羌瘣の参加もいまだに信じ続けるわしなのですた。
東京喰種。
まぁCCGのターンが多かったので大きな展開はなし。
新キャラで真戸晶ちゃんが登場しますがなんともやっかいなキャラっぽい。
ようやっとカネキチさんも登場して
次号から少しストーリーが展開しそうです。
どっちにしろ 今ヤンジャンがアツイ!
わしはこの2作品しか読んでないけど(白雪姫はおもしろくないので切った)
少なくともこの2作品はアツイです!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょこちょことSSを撮ったのでご紹介。

わしは旧FF14は途中で辞めてしまってレガシーでもなんでもないんですが
アカウントが残っていて、キャラ自体は消していないので
保存されたままあります。
こんかいのβテストフェーズ3では そういった旧キャラの引き継ぎテストも兼ねて
います。
別にわしは旧キャラで遊ぶつもりはないのですが
せっかくなのでちょっと旧キャラも出して見る事に。

Every Little Step (新)
おひさしぶりなネコキャラさん。
やはりこのコイフ(頭装備)に限るな。
お隣にいるのはレガシー先輩。
その昔、わしが14に誘っといて 結局わしが辞めてしまって
彼をほったらかしにしたというのに
一人でもがんばってキャラを育てて見事なレガシー先輩に。
この画像ではわしは斧17 ララフェルさんは白50です。
名前は伏せますがJさんとお呼びしましょう。

Jさんがいるのでレガシー鯖にキャラ復活させて遊びに行ってみました。
会えるかなーいつ来るかなーと思ってフィールドでうろうろしてたら
なんと急に後ろにJさんが!
びっくりしてたらJさんも
『ログインしたら前にりおちゃんがいたwww』と。
なんという偶然。これってすごすぎる!
さすがに高レベルさんは心強いので2人で新しい世界をちょっとだけ
探検することに。

わーとかすごーい なんて言って感動ばかりしてて肝心のSS撮らず…。
あほすぎる。。

Every Little Step (新)
これを見てもわかるようにこの星空の綺麗なこと!!
思わず見とれてしまいました。
まさかJさんとこんなロマンチックな事になろうとは…実はちょっと照れるわし。
なにしろ11時代も2人きりで何かするなんてことほぼなかったもんで。
Jさんには秘密ですけどね。

わしらがいたのはリムサ・ロミンサというところで
そこのラノシア(?)というあたりをうろつきました。
なんかデートスポットっぽいところもあったし
ソルトストランドという所にも行きました。
ビーチに行きたかったけれど残念ながらたどり着けず。
こういう探検ってすごくおもしろいし楽しい!
初めて11をやった頃のように ワクワクやドキドキがいっぱいで
あぁ、まだこういう気持ちになれるんだなと。
こういう感覚が欲しかったのですごく嬉しかった。
ひとりではしゃいでました。
ログアウトしてもまだ気分が高揚しててやたら饒舌になって
家族に、なんかよぅしゃべるなと言われてしまった。
Jさんも 久々に楽しかったよー と言ってくれてよかったなーと。

レガ鯖はこのへんの低レベル帯にほとんど人はおらず
のんびりしてました。
グゥーブーに乗ってる人がいて なにあれー!! と騒いだり。
そしたらJさんもちゃっかり乗れるし。
ほんとにレガ鯖にはオドロキがいっぱいでした。
みたことない装備が(当然だが)いっぱいで
リムサで知らない人にやたらくっついたりして
装備みたりもはや変な人。
レガ鯖も悪くないもんだなーと。
本番でも旧キャラおいといてこうしてJさんとこに遊びにいこうかなと
思ってマス。
Jさんも新規鯖にキャラ作ってたまには遊びにいくよ。と言ってくれて
いるので 本番始まってバラバラになるけど
一応そうやってコミュニケーションとっていこうと思ってマス。

Every Little Step (新)
サンタ装束。
キャラ引き継いでもこれくらいしか珍しい装備がないという…。

またβ中にレガ鯖行こう。
また探検付き合ってくれたら嬉しいなと思ってます。
まだまだ見足りないわ。
ビーチに行きたい!
今度は忘れずにSS撮らねばー!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。