Every Little Step (新)

りおうさんの更なる進化を求めて。


テーマ:
日本時間の2月25日 アカデミー賞授賞式。
とうとうこの日がやってきました。
なんか前にノミネートの記事を書いた時は
まだまだ先だなぁなんて思っていたのに
あっという間に時は流れますね。。

で、その結果はというと…。
(受賞作・受賞者に★マーク付けてます。)
■作品賞
『リンカーン』
『ゼロ・ダーク・サーティ』
『アルゴ』★ 
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
『ジャンゴ 繋がれざる者』
『レ・ミゼラブル』
『世界にひとつのプレイブック』
『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』
『愛、アムール』

やったよ!!!アルゴきたよ!!
この日をまってたよ! (*´Д`)ハァハァ
というかも最近発表されたこれまでの映画賞総なめにしてたから
アカデミーはアルゴで決まったなと内心思ってた。
監督賞落としといてこの後に及んで作品賞受賞させないとか
アカデミー会員のプライドが許さんだろ。
でもね、まぢでアルゴはおもしろかったから文句なし。
他の作品1つも見てないわしが言うのは説得力に欠けるけど。
本当に是非おすすめです。
そして嬉しいことに授賞記念として凱旋上映される劇場もあります!
わしが知っているのはTOHO系列の劇場。
あとは今のところはわからないですが
リピート上映あるかもしれません。
凱旋上映でなく普通に今も公開している劇場もあります。(関西では兵庫)
絶対に劇場での鑑賞をおすすめします!!
まぁもうすぐBD&DVD出ますけどね。
でも劇場で見ないとあの緊張感は味わえないと思いますよ。
スピーチ時のベンアフのあの興奮たるやもう最高でした!

■監督賞
アン・リー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』★
スティーヴン・スピルバーグ 『リンカーン』
デヴィッド・O・ラッセル 『世界にひとつのプレイブック』
ベン・ザイトリン 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』
ミヒャエル・ハネケ 『愛、アムール』

アカデミー賞関連で色々とサイトやらブログやら見てたとときに
監督賞はアン・リーだろう的な意見を見て
なんかやたらそれが印象深くて。
もちろん他の監督の名前を挙げてる方もいたのに
なぜか ああ監督賞はアン・リーかぁ…と漠然と思ってた自分がいたので
あんまり意外でもなかった。
でもわしはねちっこいので何度も言うが
ベンアフがノミネートされてない時点で終わってた。


■主演男優賞
ダニエル・デイ=ルイス 『リンカーン』★
ホアキン・フェニックス 『ザ・マスター』
デンゼル・ワシントン 『フライト』
ブラッドリー・クーパー 『世界にひとつのプレイブック』
ヒュー・ジャックマン 『レ・ミゼラブル』

ダニエル・デイ=ルイスが獲ったね~。
まぁ一番妥当かな。
これで史上初主演男優賞を3回受賞です。
素晴らしいですね。
でもわし、あんまりよく知らないんですよね、この俳優さん。
これから注目して見ようかなと思います。
しかしながら! いまだにわしの大好きなキャサリン・ヘップバーンの
記録は破られていません♥
なんてったって主演女優賞4回獲得ですからね!
しかも一度も自身がノミネートされた年度のアカデミーの会場に現れなかったという。
なんというかっこよさ!
この記録が破られないことを祈ります。
でもダニエル・デイ=ルイス、おめでとう!!


■主演女優賞
ジェシカ・チャステイン 『ゼロ・ダーク・サーティ』
ナオミ・ワッツ 『インポッシブル』
ジェニファー・ローレンス 『世界にひとつのプレイブック』★
エマニュエル・リヴァ 『愛、アムール』
クヮヴェンジャネ・ウォレス 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』

やっぱりジェニファー・ローレンスかぁ。
う~ん。
個人的すぎて申し訳ないが彼女は好きじゃない。これに尽きる。
ってベンアフ個人が嫌いなんじゃねーの?とアカデミー会員にえらそうに
文句言ってるわしも結局自分の好き嫌いで選んでるな…クマ
はっきり言って顔が嫌い。
まぁ若い俳優さんがこうして受賞するのはいいことだとは思いますけどね。
でも今回の顔ぶれをみても
主演女優を張れるオーラのある女優が今多くないのかもしれないね。
近い将来はきっとクロエ・グレース・モレッツが名を連ねる事になるでしょう。
そう願いたい。


■助演男優賞
アラン・アーキン 『アルゴ』
フィリップ・シーモア・ホフマン 『ザ・マスター』
トミー・リー・ジョーンズ 『リンカーン』
クリストフ・ヴァルツ 『ジャンゴ 繋がれざる者』★
ロバート・デ・ニーロ 『世界にひとつのプレイブック』

大御所だらけの助演男優。みたいな。
受賞はクリストフ・ヴァルツ。
彼は大御所ではないけれどあれよあれよという間に
助演男優賞2回も受賞。
しかも2回ともタランティーノ作品。
もうこれはタランティーノに足を向けて寝られないね。
でもわしはクリストフ・ヴァルツすごく好きなんですよね。
雰囲気が。
昨日の授賞式でもシンプルなのにおしゃれ感があって
素敵なおっさんだなぁと思います。
前評判ではトミー・リー・ジョーンズかと言われていたようですが
残念でした。


■助演女優賞
サリー・フィールド 『リンカーン』
アン・ハサウェイ 『レ・ミゼラブル』★
ヘレン・ハント 『ザ・セッションズ(原題) / The Sessions』
エイミー・アダムス 『ザ・マスター』
ジャッキー・ウィーヴァー 『世界にひとつのプレイブック』

予想もへったくれもあったもんじゃないね。
アン・ハサウェイが大本命すぎて。
レミゼだけでなくダークナイトライジングでのキャットウーマンも
見事な出来栄えだったし
アン・ハサウェイ個人として本当にこの賞は当然だと思います。
受賞式での彼女の髪型がかわいかった!


■外国語映画賞
『愛、アムール』(オーストリア)★
『コン・ティキ(英題) / Kon-Tiki』(ノルウェー)
『ノー(英題) / No』(チリ)
『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』(デンマーク)
『魔女と呼ばれた少女』(カナダ)

これもまぁ当然ながら 愛、アムール。
来月公開されるので観に行きます!
めっちゃ楽しみデス!!



そして残念だったのが…
メーキャップ賞にノミネートされていたヒッチコックが
受賞を逃した事。
絶対獲れると思っていただけにわしのショックはでかい。
サスペンスの神様と謳われるヒッチコックは
監督としてオスカーに輝いたことは一度もない。(ノミネートは5回)
アカデミー賞に嫌われた男とまで言われています。
そして今回、彼を描いた作品『ヒッチコック』でも受賞できず
アカデミーの会場でまたもヒッチコックの名を呼ばれることはありませんでした。
残念です。
またいつの日か こういうチャンスに恵まれ
彼の名がアカデミーの会場に響き たくさんの人に認識される日が
くることを祈ります。
映画『ヒッチコック』は最近まで公開日が春予定で未定のままでしたが
ようやく決定しました。
4月5日公開です。
こちらも絶対観に行きます! 楽しみ~。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●体調
とにかく体調の悪い1カ月でした。
どうも冬になると体調を崩す傾向にあるな。風邪とかじゃなくて。
膀胱炎にもなったし。
治ったけどさ。
とりあえず毎年受けてる定期健診の結果を聞きに言って
一応異常なしでした。ε-(´∀`*)ホッ
でも別の個所がちょっと気になるので3か月検診にしよう。
と言われました。
別にそれは特に心配いらないことなので悪しからず。
春にはとりあえず色々治してすっきり元気になりたいなぁ。。
って元気は元気なんだけどね~。

●AAP
アーニーアーノルドパーマーというブランドが先月(店舗によっては今月)
消滅してしまって
もうどこの店で春服を買えばいのかわからない
春服難民です。
10年近く愛用してきたブランドだし全身AAPな事も普通だったわし。
それがなくなるということはわしはどうしたらよいのか。
と、ブランド終了をスタッフさんに教えていただいてから数カ月ずっと
悩んでいたのだが結局答えは出ず。
そしてAAPはなくなった。
正直3・4年前にブランドの路線変更してからは
ちょっとわしの趣味ではなくなってきてたので足が遠のいてたことも
あるけれどやっぱり傘マークのついた服が好きなんだよね。
わしは素人だしアパレルの事はわからないけれど
親会社のレナウンが中国に買収されてから
変な方向に向かいだしたと予想しています。
その当時にNHKで特集してたのを見たことがあります。
タイムレスとアーニーのコンセプトの違いが出ないので
その差をはっきり色濃くすべく
アーニーは路線変更したのかなーなんて思うこともあります。
が、先にも書いたようにそこまでは素人のつまらん推測でしか
ないのでなんとも言えませんけどね。
なんならわしがデザイナーになろうかと言いたかったよ。
アーノルドパーマータイムレスというブランドはまだ残っているので
そちらでも買いものしようかと思ってはいますが
とにかく店舗が不便なとこにある。
そしてAPチェックがちょっと…。
と不満はあるけれど仕方がないよね…(´Д⊂グスン
オンラインショッピングも利用していくかな。。
(´Д`)ハァ…

●失敗
ある日のこと。
一応仕事場ではデキル女を演じてるんですが
その日は考えられないくらい失敗の連続だった。
器具Aをひっくりかえす。
その後器具Bまでひっくりかし
そして器具Cをもぶちまける。
その上最後にとある器具で頭強打。
何この一連の流れ…。
さすがに自分で笑ってしもうたわ。
しかも先生も誰も見てないという。
一人でひっそりこぼしたもの拾ったり拭いたりしてたら
今日はなんなんだ…とだんだんブルーになってきた。
たまにはそんな日もあるよね☆

●アカデミー賞
本日アカデミー賞が発表されましたね~。
早いなぁもうそんな日がきたんだね。
個人的にはやった!!ってめっちゃ嬉しいのと
ああ…っていう非常に残念なのが入り混じっております。
また後日あらためて記事をかくつもりでおりますので
興味のある方は待っていてくださいませ。
でもWOWWOWもケーブルテレビも加入してないから
授賞式全く見れないや。
ただ情報をかき集めるしかないという。
明日あたりになればハリウッド女優さんの豪華衣装とか
テレビで紹介してくれるんだろうな~。
楽しみ♪

●今月のキングダム
とにかく焦らされまくってます。
途中胸熱な展開もあったけれどこれという大きな動きもなく。
あ、介億先生登場。
色々見てたら死亡フラグたってるとか言われてるようですが
そうなの??
今月はキングダムの新刊も出たし。
これまたイイ盛り上がり見せるから余計に雑誌の今の展開が
大人しく見える。
遅くとも春までには函谷関は終わるだろうと思っていたんだけど
こりゃ終わらないんじゃないのん…?
一気にたたみこむのか?
一応信と政の見せ場があるような気もするし。
そして介億先生も…。
先は長そうっすわ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
MOZART VIRUS DAY CHAGE and ASKA
作詞 飛鳥涼
作曲 CHAGE&ASKA
編曲 飛鳥涼・澤近泰輔
1991年10月10日発売。 14thオリジナルアルバム TREE収録。


先月でしたっけ?
チャゲアスの活動再開報道は。
特にファンではないけれどまたいい歌が聴けるのかなと思うと
ちょっと嬉しい。

チャゲアスは永らくモーニングムーン一択ってくらい
モーニングムーンが大好きだったんですけど
実はこちらのMOZART VIRUS DAYも大好き!
あまりにもマニアックすぎて誰にも伝わらないので
あんまり言わないんですけど
YOU TUBEで見つけて歓喜♥


チャゲアスが大ブレイクする前からファンだという
友人がその昔おりまして。
当時既にファンクラブにも入っておりました。
ちなみに彼女はチャゲの方が好きでMULTI MAX(以下マルチ)のアルバムも
しっかり所持していました。
マルチってのはチャゲの別活動時のバンド名です。
わしの好きなこのMOZART VIRUS DAYは
チャゲアスの14枚目のアルバムTREEに収録されているんですが
このアルバムは知ってる方多いんではないかと思います。
かの有名な大ヒットシングルを収録してるし。
もちろんわしはチャゲアスファンの彼女に借りたんですけどね。
それでこの歌いいな!と知ったんです。
当時はテープに録音してたんですが うちのデッキの
テープの方がちょっと壊れかけててたまに音がふよんふよん伸びたように
なったりしてたんですよね。
この曲も例外なくたまに音がおかしくなってて。
その音のままで今も記憶してるからこうして正しい音を聴いてても
あの音がおかしい部分がすぐにわかるし
頭の中で音がおかしいようにわざわざ変換(修正)しちゃったりするという。
困ったもんです。
MOZART VIRUS DAY 意味はモーツァルトのウィルスに感染しちゃったような感じの日
というニュアンス。
公式のライナーノーツに詳しい解説があります。
抜粋しますと
曲が書けない日もあればガンガン書けちゃう日もある。
そんな日はモーツアルト菌でも入りこんだ気になって
他のことにもどんどん意欲がわいちゃう。
という内容の歌になっております。
こちらの曲はチャゲと飛鳥の共作になっておりまして
AメロBメロがチャゲ CメロDメロが飛鳥です。
全く曲調がかわってでもそれがすごく自然で。
チャゲと飛鳥の個性が良く出てるなぁと思うんですよね~。
AメロBメロのとろ~んとした感じとか
CメロDメロのガンガン攻めて行く感じとか。

余談ですが
ファンクラブに入っていた彼女に
当時チャゲアスが大ブレイクした時に会報とか
見せてもらってたんですが1ページ目開いたらどーんと見開きで
チャゲアスが時代に追いついたんじゃない
時代がチャゲアスに追いついたんだ。
みたいな事が書いてあって
なんだかそれがすごく衝撃的で今でもこうして覚えているという訳です。
彼女にはチャゲアスもマルチもたくさんCD借りましたね~。
彼女はその後ビジュアル系にハマるんですが
まだまだ売れる前のラルクとかルナシーとか既に追っかけしてて
今から思えばすげーなと思いますね。嗅覚が。
そんな彼女もネズミ講っぽい事やってて
何年ぶりかの再会でワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイって気分だったのに
勧誘してきてゲンナリ。
残念ながら縁を切りましたというお話。

学生時代手紙とかまわしてた時に必ず最後に
SEE YA(またね!の意)って書いてあって
思えばあればチャゲアスの13枚目のアルバムのタイトルでした。
あんな彼女は一体どこへ。
今は何してるんだろうなぁとかこの曲を聴くと思いだします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。