こんにちは。
日本知育玩具協会認定講師の北山まなみです!




5/18 東京銀座で行われた、

第7回日本知育玩具協会セミナー
遊びが育てる生きる力と学ぶ力
「非認知能力」を育てる方法

に、スタッフとして参加してきました!!






そこで、
理事長と汐見稔幸先生のお話を聞きました。

子育て世代の私たちには有名な
NHK「すくすく子育て」でお馴染みの
汐見先生!!


突然、会場にあった椅子を台に乗せて、
「何に見える?」と尋ねたり、
☺︎{え?椅子?え?え?何?え?なぞなぞ?難しいー!)

急に数学の問題を解かせたり、
☺︎{40チームのトーナメント…1日4試合で…えーと)

親父ギャグを連発したり、
☺︎{ダジャレと言った方がいいかな?笑)

とっても楽しくて、
退屈する時が1秒もありませんでした。



もちろん内容はぐっと引き込まれるもので、
時間があっという間に感じました!


たーくさん書きたいことはありますが、
印象に残ったことを1つ。


非認知能力、非認知的スキルは
家庭では育たない時代になっている!
だから、大人が知識を持って
意識的に育てていく必要がある!



今の子って、(私も含めてですが)
圧倒的に経験が足りないですよね。

さらに、
豊かで便利な時代なので、
深く考えたり工夫したりすることなく
なんでもできちゃいます。


だから、
私たちはそれを知っておく必要があります。

そして
非認知的スキルを育てる子育て!
をしなくてはいけません。









さて、
それをどう育てるか。





それは、
日本知育玩具協会の認定講師が開催する
インストラクター養成講座を受講すれば
ナルホド☝️となりますよ✨