特級鶏蕎麦 龍介(茨城県土浦市)by 【限定】昆布水つけ蕎麦(醤油) 900円 | ピップのブログ

ピップのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
やはりレベルの高い一杯だった~!の巻

先外待ち客24名、帰りの待ち客25名超。

既に提供が終了したメニューです。_(..)_

GWは休むことがなく、特に忙しかったようなこちらへ。


「食券を先に購入するんですか?」と白々しく聞いたら、浅野店主さんでした。

大怪我をされた左手が痛々しいです。

限定5ボタンは点灯中でホッ。


中待ちを含めたら、待ち客は34名程。

並ぶことを諦めて帰られるお客さんもチラホラ。

店内は店主さん、男性店員さん4名の体制。

稼ぎ時とは言え、GWの提供杯数の多さに店員さんを気遣う店主さんの声が。

つけ麺のつけ汁を再温めを伺う姿も頻繁に。

初見と思われるお客さんに対しても、一番良く知る方が接客対応なので、受け答えも完璧。



回転は早く、並び始めから50分程で着ラー。


ビジュアルも綺麗です。

それでは麺だけを。


麺は加水やや髙げな細ストレート麺。

ドロリとした冷たい昆布水のトロミに繊細さのある上質なコシと歯切れ。

冷たいけど、麺の味わいは上質。

美味しい麺ですよね~。

麺量は250gと十分ですが、ずっとすすっていたい麺です。



次につけ汁だけを。


芳醇な鶏油のコクに旨味ある醤油の塩気、天草大王使用という滋味ある清湯スープが伸びていきます。

天草大王は華やかで温厚な艶やかさがありますね。

そう感じられるのは、確りとした出汁ならでは。



そして、麺をつけ汁に浸して。


つけ汁の塩気と旨味、厚くコーティングされた昆布水にズルズルとすすり心地のよい麺がなんとも爽快。

ドロドロの昆布水が秀逸。

やりすぎましたか?と問われましたが、全くそんなことは無く。

冷たいので判りづらい部分もありますが、昆布と鶏の旨味も入り交じります。



具は別皿にチャーシュー2種、ワサビペースト、海苔佃煮、岩塩、ミョウガ、紫蘇葉、レモン、カボス、つけ汁に三つ葉、ネギです。


豚レアチャーシューは、シトッと柔らかで肉の旨味が十分。


鶏ムネチャーシューは、フワッシトで旨し。

ワサビは麺につけたら、とても蕎麦っぽく。


ご飯ですよ~の海苔佃煮は麺の方が合うようにも。

岩塩は麺と一緒が一番美味しく。


ミョウガも好きです。


柑橘系の効果はよく分からなかったかな...

三つ葉はワンテンポ遅れて、和ハーブな風味。


最後は昆布水で割スープを。



あっという間に完食~。


昆布水を使ったつけ麺は何度か食べていますが、レベルの高いつけ麺でした。

ご馳走様です。



茨城県土浦市永国778