我が家の子供は三人兄妹で
  ・お兄ちゃん(5歳)
  ・たっくん(3歳・自閉症)
  ・妹(1歳)
家事そっちのけで育児に奮闘中です。
傘傘傘傘傘傘傘傘傘傘傘太陽傘

明日は、たっくんの退園の日

幼稚園の先生が、たっくんのお別れ会を開いてくれるというので、旦那と行く予定です。

**

遂に明日か。。

春から療育園に入園出来るのは、ありがたいし、とっても嬉しいけど、

今度から、幼稚園へお迎えに行っても
たっくんは、いないんだな。と思うと、辛い。


たっくんは、昨年の12月に満3歳でお兄ちゃんと同じ幼稚園へ入園しました。

入園して、二日目で、
担任と補佐の先生の顔を引っ掻いてしまい、

お迎えへ行った時、
顔から流血している先生を見たときは、

目まいがした…チーン


そんな、たっくんもだんだん幼稚園生活に慣れてきて、

立ってトイレも出来るようになった
(オムツは常に着用)


大好きな石拾いも、園庭で毎日やっていたら、

他の園児達が一緒に石を探してくれたり、

園児が私を見ると
「たっくんのお母さーん!たっくん、またあそこで石拾ってるよー」って教えてくれるようになったニコニコ


たっくんは、まだ喋る事はできないけど、

みんなの優しい気持ちは伝わってたと思う。おねがい


でも、正直、

幼稚園で過ごすのは限界だったと思う。


先生から、対応に困ってる感がひしひし伝わってきた。ショボーン

だから、4月から保育所等訪問支援を利用させてもらうことにしていた。


そんな状況だったから、
療育園の入園は、本当に、本当に、ありがたく、

私が、たっくんに退園おめでとう!って言えるぐらいじゃないといけないんだけど


本当の気持ちを言うと、複雑



私は、たっくんを妊娠して、

たっくんは障害を抱えて産まれてきた

私は、障害児の母となり、

お兄ちゃんは、障害を抱える弟の兄になった、
妹は、障害を抱える兄がいる

たまたま、障害を抱えて産まれただけで、

私達家族は、大きく生活が変わった。


たっくんが産まれて、自閉症と分かるまでは

兄弟だから、一緒に遊んでくれるかなと、思っていたけど、

ケンカはするが、一緒に遊ぶことはないし、

兄妹(兄弟)で手を繋いだり、
兄妹3人の写真を撮ることも難しい、

自閉症の診断が下ってからは、
色々な事を見送ったり、神経すり減るくらい悩んだりした

なんで、普通の事が、我が家は出来ないんだろう

贅沢は言ってないよ

ほんの少しでもいいから、兄妹らしいことをさせてあげたい


たっくんが退園するということは、

2歳差違いの妹も、たっくんと同じ幼稚園に通えなくなるということ。


今更、こんな事を言っても
しょうがないのは、わかっているけど


どうしても、明日の退園で
おめでとうと言ってあげられそうにない。


明日の天気も雨。

せめて、雨だけでも止んでくれたらいいな。