『足ることを知って、及ばぬことをおもうな』
 
 
 
楠正成の言葉である。
 
 
 
 
 
足りない部分より、足りている部分に目を向けろという意味である。