気づいたお義母さん、ちゅき

テーマ:

いつもコメントやメッセージ、いいね!など

ありがとうございます(*^▽^*)

 

はじめましての方は

こちらもどうぞ→「家族紹介

 

今日の記事はこちら↓

 

義両親と息子(2歳2ヶ月)のお話です。

 

 

 

 

昨日の記事のように

クロ母さんの言葉が気になってしまうと、

ついつい何か言ってしまう私。

 

関連記事→「嫌いって言わないで

 

実は最近の息子は、

何か気に入らないことがあると「ちゃーちゃんブブーッ」

「とっとブブーッ」「ばぁばブブーッ」などと

言うようになり・・・(-"-;A

 

これも成長だということは分かっているのですが、

言われると家族は悲しいのですよね(;^_^A

 

でも、そんなことがあっても、お互いが好きなことに

変わりはないわけです。

 

ただ、クロ母さんはちょっとだけ

イジワルを言いたくなっちゃう、みたいな感じで

息子に接することがあるのです。

 

でも、今回は自分で「嫌いだもんねー」と言った後に

言っちゃダメだった!と気づいたのです!(ノ´▽`)ノ

 

私が今まで言ったことも無駄ではなかったかな、と。

 

世の中にはいろんな人がいて

いろんな考え方があるので、

自分が正しいとは思っていませんし、

本当にこれでいいのかどうかは分かりません。

 

息子にとって、いろいろな考え方があることを

知る機会にもなりますし、マイナスな言葉が

必ずしも悪いわけではないとも思います。

 

ただ、私が息子をこうやって育てたい、という気持ちを

少しだけでも家族に分かってもらえたら、

嬉しいな、という話でした。

 

 

ちなみに、白豆の「ちゅき」が

クロ母さんの「嫌いだもんねー」にかき消された時、

クロ父さんと私は・・・

 

 

2人の心の声が言葉になる前に

クロ母さんが気づいてくれてよかったです(笑)

 

「しまった!」という顔をしたクロ母さんは

可愛かったです(´▽`*)

 

↓皆様のクリックに感謝!↓


人気ブログランキングへ

ブログを見て下さった皆様、

応援して下さっている皆様、

いつもありがとうございます(*^ー^)ノ

 

↑ランキング参加しています!

↑クリックしてもらえると喜びます(´▽`*)

 

↓読者登録お願いします!↓