テーマ:
新年明けましておめでとうございます。

2019年度、ATリーダー兼オフェンスリーダーの小柳進太朗です。



まず始めに、京都産業大学体育会男子ラクロス部への多くの支援等をしてくださっているOB.OG.大学関係者の皆様のおかげで活動できていることを感謝しています。ありがとうございます。

また、当部活の活動を理解し、応援してくださっている保護者の皆様にも本当に感謝しています。短い文にはなりますが当部活のさらなる理解のため御付き合いください。

今のチーム状況、去年のリーグ戦などについては他の部員が多く語っているので割愛させていただきます。



本題に入る前に今回のブログを書く僕について少しだけ知ってもらおうと思います。

僕は大学からラクロスを始め、一回生の時はフェイスオフをしていました。

しかし、点を取ることに魅力を感じATに変更しました。
その後は2回生、3回生とリーグ戦に出場しました。

しかし、特に実績は残していません。以上が僕のラクロスの経歴です。


皆さまお気づきになったかもしれませんがどこにでもいる普通以下の選手です。笑笑





それでは本題に入ります!
今回のブログでの内容は僕が二つのリーダーを掛け持ちする上で大切にしている大きな二つの軸について話します。これは常勝ではなく常強になるためのものです。



まず一つ目は、「熱量」です。
これは個人の問題としてではなく熱量をあげるための人間関係、練習メニュー、環境などをリーダーとして提供するということです。




二つ目は、「一つ一つの得点が個人のアイデアの集合体である」です。
これは言葉の通り、アイデアを発信、受信する能力をつけるための組織にするということです。
この習慣をつけることでより質の高い組織であり、今ある環境を最大限に活用することができると考えています。




以上が僕が今年リーグ戦で勝つだけでなく常に強くいるために軸にしていることです。

この軸がブレなければどんな環境に置かれても戻ってくる場もはっきりし、強化育成のブレが無くなり、後輩達も目標に最短で進むことができると考えています。




今年のリーグ戦ではオフェンスを見てもらうだけで五感以外で楽しいと感じてもらえるオフェンスにしてみせます。楽しみにしていて下さい!
以上で終わります。

次は普通を極めた男、青野に回したいと思います。