1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007-06-19 23:08:52

「ほめる」ということ

テーマ:プロジェクト管理
鈴木 義幸
「ほめる」技術


久々に良書を見つけましたので、ご紹介します。

みなさんは、人を「ほめる」ことをどのくらいやっていますか?

部下や同僚、ときには、上司。家庭では、奥様や旦那様、お子さんまで。

一週間にどの程度「ほめる」ことをやっていますか?


少なくとも、私は、忘れるぐらいやっていません。

部下を自分の思い通りに動かしたいなら、まずは、部下を

よ~く観察し、少しでもいいことがあれば、ほめてあげて下さい。

小さなことでもいいんです。業務に関係なくても...

例えば、

  「今日のネクタイいいねぇ」

  「髪の毛切ったの? いいじゃん!」

など、なんでもいいんです。

それだけで部下の心は和らぎ、モチベーションも高まる、

というものです。

この本では、これを「アクノリッジメント」と呼んでいます。




この「アクノリッジメント」は、会社の部下だけに適用できるだけでなく、

上司にも適用できる、ということです。



もちろん、上司つかまえて、あからさまに、「今日のネクタイいいねぇ」は、

NGでしょうけど、上司に対しては、どちらかと言えば、「相談」に

近いんでしょうか。業務的な相談だけでなく、例えば、子供のことでも

いいと思います。

上司も頼られたい、と思っています。なので、少し頼ってみてください。

いやな顔しながら、相談にのってくれると思いますよ。



さらに細かな事例や手法などは、中身を読んでみてください。

基本的なことかもしれませんが、意外とできていない方が多いのでは?





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-09-04 12:28:00

チームの雰囲気作り

テーマ:プロジェクト管理

プロジェクトを推進する上で、PMとして大事なことは、チームを

マネジメントすることではなく、ファシリテートすることである、

とある方が言ってました。




ファシリテートとは...

直接的には、「促進する」とか「助ける」という意味であり、

『プロジェクトをファシリテートする』とは、チームメンバーが

目標に向かって突き進み、モチベーションを維持し続けられるような

場を作りあげること。


そのためには...

チームの状況を一目で把握できる『見える化』が必要である。


例えば...

 ・バーダウンチャート
 ・朝会
 ・UML
 ・マインドマップ

などを使うと良い。




PMシンポジウムのあるセッションより。




よろしければ、1クリック お願いいたします。m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
ランキング

にほんブログ村 資格ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-01 21:38:14

資格取りゃあいいってモンじゃない

テーマ:プロジェクト管理

昨日、今日とPMシンポジウムに行ってきました。

どのセッションも魅力あるセッションばかりだったのですが、

昨日参加したセッションで共感したものがありました。

それは、


 「プロジェクトマネージャの育成のしかた」


というものです。


講師の先生曰く、



最近、PMの重要性が認識されてきて、「PMの育成」と称して、PMP

や情報処理試験の資格を取らせるまではいいけど、その後すぐ、

現場に放り出されてはいませんか?

自動車の運転技能で言えば、学科試験に受かったらすぐ、一般道路

に放り出されるのと同じです。

当然、学科試験だけでは、運転できるはずがありません。PMの世界

もまったく、同じことが言えるのです。

PMも自動車教習所のように、学科と実技を教える環境を整え、学科

を勉強し、教習所の中でPM技能を磨き、そして、実際のプロジェクト

で実践してみる。それで、ある基準をクリアしたものだけが、

その後の、業務でPMとして活躍してもらう。

こんな、システムが必要である。と。



みなさんは、どうお考えでしょうか?


よろしければ、1クリック   お願いいたします。m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
ランキング  

にほんブログ村 資格ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-08-30 11:59:48

PMシンポジウム2006

テーマ:プロジェクト管理
明日、明後日と東京・江戸川でPMシンポジウム2006 が開催されます。

プロジェクトマネジメントにおける様々な理論や手法、実践例などを

中心に、各業界でご活躍されている方々が講師となって紹介してい

きます。



私は、昨年に参加し、とても得るものが大きかったので、今回も

引き続き、参加する予定です。

私は、今回の受講テーマを「人」としています。

プロジェクトチームは、様々な人で構成されています。そのため、



・プロジェクトリーダーとして、必要なスキルは何か?

・そのスキルを保有するためには、何をしなければならないか?

・チーム内のメンバーを動かすには、どのようにすればよいのか?



このような視点に立って、セミナーを受講します。


このセミナーが充実したものになりますように...






よろしければ、1クリック お願いいたします。m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
ランキング

にほんブログ村 資格ブログへ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-05-31 12:21:34

プロジェクトが成功するとは

テーマ:プロジェクト管理
近藤 哲生
実用企業小説 プロジェクト・マネジメント

この本を、単なる『小説』として読むか『教科書』として読むか選択

することは自由ですが、私は、登場する人物やエピソードを一つの例

として捉え『教科書』として読みました。


この本には、プロジェクトを成功させるための工夫があちこちに埋め

込まれてあります。

実際には「こんなに上手くいくはずがない」なんて思ってしまう部分

もありますが、反面「もしかすると、本当に上手くいくかも...」

という期待も沸いてきます。


例えば『PRP』という概念。『Project Re-Planning』の略で、プロ

ジェクトを基準に基づき評価する管理手法で、失敗原因を顕在化させ、

対策立案と計画修正を適切に行う、というものらしいです。

話の中では、最初に立てた計画は、何の根拠もない計画だとして、WBS

をワークパッケージレベルに落とし込み、工数の見積をし直し、


   「実際の計画は、こうなります!」


と宣言するわけです。この宣言は、成功するための計画なので、あと

は、その計画通りに進めていくだけ、ということになります。もちろん、

遂行中は、いくつものトラブルが行く手を阻むこともありますが、

それは、適時対策を行なって、必要なら(納期を遅らせるわけではなく)

リスケする。


また、情報処理試験のプロジェクトマネージャ試験の午後2対策としても

いい材料が詰まっており、使える本だと思います。




よろしければ、1クリック お願いいたします。m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
ランキング

にほんブログ村 資格ブログへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。