まえがき
気づけば2020年も終わりですね。
今年を振り返ると、世間では感染症の流行によって、てんやわんやになっていた事は歴史の1ページに刻まれる事でしょう。
ここでは、京成線関連の出来事をまとめてみました!京成でも感染症関連の変更事項などがあり、
界隈をざわつかせる(?)多くの出来事がありました。
文字数・写真掲載数の都合上から、イベントなどにつきましては、省略させて頂く箇所がございますがご了承ください。

3600形リバイバルカラー
2020年、一番大きな出来事としては、
3600形のリバイバルカラー復活でしょうか。
3688編成は7月2日で8両編成としての営業運転を終了し、同月31日に6両に短縮&リバイバルカラーでの出場試運転を行いました。
これは正直驚きを隠せませんでした()
しかし、最近はまともに運用に充当されません。
どういうことですか?京成SUN?????



3408編成 運用離脱
8月9日のA25運用をもって運用を離脱しました。
しばらくは安堵かと思われていた3400形にも置き換えの波が迫っています...。


3658編成 運用離脱



7月1日の93K運用をもって運用を離脱した3658編成。
翌日には3688編成(A07)も営業運転を終了するという異例の事態でした。

しかし、その後3688編成はリバイバルカラー&6両編成となり、3658編成は廃車。
大きく運命が分かれました。
なお、3408編成と同編成は宗吾車両基地に
ずっと放置(?)されています。


スカイライナー1部運休に
新型コロナウィルスによる利用客減少などにより、5月1日以降スカイライナーの本数が20分に1本から、
40分に1本の間隔で運転されるようになりました。
昨年のダイヤ改正で増便されたのにも関わらず、わずか7か月ほどで減便となってしまいました。
また、夏頃より本来は通過となる青砥駅での臨時停車が始まりました。(※1)


成田スカイアクセス
開業10周年HM
7月17日、成田スカイアクセス線が開業10周年を迎えました。これを記念してHMが掲示されました。
掲示されていた車両は以下の通り。(※2)
  • 3054編成
  • 3151編成
  • AE3編成


ありがとう
 シャンシャンHM
12月1日より、上野動物園のジャイアントパンダ
「シャンシャン」が2020年12月31日までに中国へ返還されることに合わせて、3033編成に記念HMが掲示されています。
(※シャンシャンの中国返還が延期になるらしいですが、記念HMはどうなるのでしょうか...。)


都営×京成 相互直通60周年
12月4日、都営浅草線と京成線の相互直通が60周年となりました。これを記念して、HMが掲示されています。
掲示されている車両は以下の通り。
  • 3152編成
  • 5319編成

なお、都営側では浅草線開業60周年HMも掲示されています。ありがとう!小池地下鉄!!!
2つのHMは、2021年6月3日まで掲示される予定です。


青砥駅構内 脱線事故

6月12日、青砥駅構内で、北総7818編成がポイント付近にて脱線事故が発生。
一部区間が終日運休となりました。

翌日になっても、ダイヤ乱れは続き、代走等の出来事が起きました。

二度とありそうで無い成田SA車による本線代走。
3100形登場前は定期的に代走がありましたが、
登場後は代走をすることはほぼ無くなりました。

 ツアー団臨
今年は多くのツアー団臨が開催されました。
全てのツアーについて文章にすると長くなってしまうので、
各ツアーの詳細に関しては、投稿済の記事をご覧ください!!










https://ameblo.jp/ksminamu/entry-12642161311.html



備考欄

※1   一部のスカイライナーのみが停車。
※2    2020/12/31付で終了した模様。


最後に...。

今年は青砥駅の脱線事故や、ツアー団臨、3600形リバイバルカラー復活など、コロナ禍にも関わらず、多くの出来事がありました。
来年はどんな出来事があるのでしょうか。
楽しみです。

最後までご観覧いただきありがとうございました!

文 章
し ん か ま

撮 影
し ん か ま
綾川