過去と今と未来の関係 | KSKのNiijiman Vibration
2014-12-04 15:57:16

過去と今と未来の関係

テーマ:ブログ
風吹きまくったり、雨降りだったり、寒かったり、、折れてるんだかひび入ってるんだかわからない(病院行ってないけど)アバラがまだ痛かったり、、、

イマイチ気分がアガりませんね~。

やーまん!KSKです!

いきなりですが、食えるキノコと食えないキノコやフグの毒を見つけた人ってスゴくないですか?

そんな人たちのお陰で今俺たちは美味しいキノコやフグを食べれてるわけです。

例えが下手くそでスイマセソ!

つまり。そういった偉大なる先人先輩たちのお陰で今があり未来があるって話ね!

またまたいきなりですが、こないだ観光協会の事務局で作業してたときの話。

とある民宿のおばさんがクーポン券の処理に来てくれました。

ぶっちゃけクーポンて宿屋にしてみたらそんなに儲かるもんじゃないんすよ。

何%かは協会のマージンとして引かれるし、普通にやるよりかは安い収入。
今の現状、民宿の人的にはお世辞にも喜んでやりたい!と言う人はぶっちゃけあまりいないんです。

そんなクーポンを、おばさんは本当は今年でやめにしようと思ってたらしいんですが、「Kちゃんたちみたいな若い子が頑張ってくれるならおばさんたちみたいな微々たる力でももう一年やろうと思う。協会の財源にもなるでしょ?」って言ってくれたんです。

宿屋ってね、結構な労働なんですよ。
朝から晩まで働き通し。
5時になったらタイムカード押して仕事終わり~♪ビールプシュー♪
なーんてことにはいかないんですよねぇ。

そのおばさんはもう70過ぎで「昔は50人でも60人でもバリバリやれたけどねぇ、今は10人やるでも大変なのよ、設備投資や仕入れをするだけでもね。でもすこしでも若い人たちやこれからの新島のためになるなら頑張るわ♪」って笑顔で言ってました。

微々たるものではないですよ!すごく心強いですよ!!
ありがとうございます以外の言葉みつかりませんよ。
いや、それ以上の気持ちが込み上げましたよね。

はい、ここで本題!(ここまで、なげぇーw)

今の新島って宿がどんどん減っていってるんです。
最盛期の時に比べれば3分の1とかそれ以下か。。

だけど、PRや誘致活動はびんびんやってるんです。
若い人たちは活力に溢れてますからね。それはもうすごい取り組みです!感服します!!

でもさぁ。反比例って言うのかな?こういうの。

キャパは減って誘致を増やすっての。なんか違和感ありますよね。

まぁ宿も色んな、それは色~んな事情があって開業するのも難しいし、後継者だって現状なかなかやる人いないっす。

それも分かるんです。
やっぱ人は安定求めるもんだしね。

ただね、PRや地域活性化に比べ、他の自営と比べ、宿屋のそういう事情ってあんまり見られてないんですよ。
もちろんフルシカトされてるわけではないんですけどね。。

でも、そこを踏ん張って体にムチ打って身を粉にして今日まで支えてくれてきた方々は今ほぼ60歳以上のおばさんたちなんです。

細々だけど80歳近いおばさんも頑張ってるんです!

家の母ちゃんだって今年で60歳。
若いとは言えないっすよね。

そう、そんな先輩たち。
その上に自分等は次世代として成り立ってる訳なんです。

先を見る。未来を見る。

聞こえはスゲー良いですけどね、見方を変えれば今を見てない?良いとこしか見てない?
10年先の未来は明るい?さて、このままで10年先は民宿何軒になってるのでしょうかねぇ?
足下は見えてるのかな?
それを感じ取って動いてる人たちはどれだけいるのかな?

おばさんと話してたらなんか色々考えちゃって軽はずみにこれからどうしてきますって言えませんでした。

足下のタンポポとかを踏みつけてその先にあるキラキラとしたバラを掴もうとしてる。

例え雑~!例え下手~汗

そんな雑な例えではうまく説明出来ないんですがね。

とにかく!

それじゃダメですよね。ダメよ~ダメダメ。です。(言っちゃったw)

戒めです。自分に戒めですよ。。

地域活性化ってね、一部が活性すればいい訳じゃなくてみんなハッピーにならなきゃ本当の意味で活性してないと思うんです。

大会会場誘致、ロケ誘致、イベント誘致、誘致に誘致、超超ちょー素晴らしいと思います!

でも誘致するってことは宿が必要ですよね?
休む場所が不可欠ですよね??

そんな休む場所、宿の方々はお客さんが戻ってきて安らぎの場所作りを仕事とするんです。

宿屋なんだから当たり前かもしれませんがね。

お客さんが居心地いいように。美味しいご飯が食べれるように。また帰ってきたいと思うように。

それはそれは見えない努力をして。朝早くから夜遅くまで、わけへだてなく笑顔のまんまで。

正直、こういう裏?の話をするするのはちと気が引けるのですが少しでもわかってもらいたくて書いてみました。

でもね、楽しいですよ!宿屋♪

お客さんが今日はどこいったとか、何したとか、これからどこ行くとか。ご飯美味しかったとか。
また来年来ますねー♪とか。

そりゃもうプライスレスれす!
そんなありがたいお言葉はボーナスみたいなもんですよ♪

だから遠慮なく新島に来てほしいです!ビシバシと!!

ただ、お客さんが楽しく過ごせてるその裏には何十年と宿を切り盛りして縁の下で頑張っているおばさんたちの努力や苦労があるってことを少しだけでいいんでわかってもらいたいです。

そして未来を見て動いてる島の若い人たちやお役人さん達にはもっとわかってもらいたいです。

起業しやすいような環境作りや取り組み、設備投資などの補助など。
先の事だけでなく、もう少し足下に目を向け知恵と力を貸していただけるとありがたいです。

そうすれば若い観光事業者さん達も増えてくれるんじゃないですかね?

季節限定の宿があっても良いと思うし。ゲストハウス的な素泊まり民宿やシェアハウス。アリだと思います!

つまり!宿が増えるってことはキャパが広がりそれを取り巻く事業や可能性も広がると思うし、新しいビジネスやガイドやアクティビティ、さらには斬新なアイディアなんかも生まれ実現しちゃうかも!

そういうところに一人でも多くの人がそれらの事を理解し、受け入れを整え、発信受信のバランスを取る。

みんなが手を取り合っていけば、この島はもっと良い島イイシマ新島になると俺は思うんで。俺はね!

長くなりましたね。でも文句や愚痴ではないです!
前向きにとらえてほしいです。

読んでくれた人、ありがとうございます!

現在にも未来にも大人にも子供にもどうか笑顔を!

Bless you!!!

KSKさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス