人生空回劇場

一生懸命耕して種を植え続けてるつもり。

コツコツ水をやって気ぃ使って日に当てたり。



だけどなかなか実を結ばない私の人生。 嗚呼、空回り。



とは言え、人生、本音と建前 紙一重。  あんまり難しく考えずにいきましょ。


テーマ:

他人とのコミュニケーションって 難しいよね。


今日、ほんのついさっきの事なのだけど ちょっとイヤな事があった。


モヤモヤしてちょっとだけイライラしてるもんで、ホントは大してすっきり出来るなんて思ってないけど、

もしかしたら 『ぎゃーっ』とか 『わーっ』とか 夕日にでも向かって叫んでみたら 

ちょっとは気分がマシになるかしら、なんて思ってみたりもした。

ちょっとだけやってみたい衝動にも駆られる。 やった事ないし。


だけど… 理性のある一人の大人として、そういう行動は慎んだ方が良いよね…

いや、ホントにやったら 誰かが勘違い通報してパトカーに囲まれそうだし。

っつか もう外真っ暗だし。(汗)


ってな訳で ココで愚痴って その後帰ってご飯たらふく食べてさっさと寝ますっ!


で、何があったかっていうと、

あるコミュニティサイトで戦争の事を書き込んでる人がいた。


それに対して、

「どうしてそう思われたんですか?」

「私は こう感じるんですけど」

とコメントを残したら


「小学3年生の民主主義的な言い分だ」

「もっと勉強してから出直して来い」

と上から扱き下ろされた。(苦笑)


トピックが戦争になると、とかくネット上ではこういうやり取りが目に付く。


相手の意見を叩き切って勉強不足だから話相手にならない、と

自分と同じ見解の人と手を取り合って そうでない人を見下したやりとりをする。


私は日本の自虐史に疑問を抱いているタイプなので そういうブログやサイトを目にする機会が多いのだけど

今ネットで右傾化とか言われている人達もそう。

右傾化を問題にしている人達もそう。

日中韓の歴史認識の意見交換の場であっても 文化交流の場であっても ただの掲示板であっても

とにかく相手だけが

「おかしい」「まちがっている」「あたまがおかしい」

から始まって相手を卑下する人種差別の罵詈雑言なんかが飛び交う。


これじゃあ無理だよね。

相手の言葉を聞こうとしてないんだもん。

自分の言葉だって聞いてもらえないよ。


『戦争』とか『政治』とか『国や民族の誇り』とか そういう高尚な事を話しているはずなのに

それをする為の方法があまりにも稚拙だと思う。

それこそ 小学3年生のケンカだよ。

…なんつったら きっと世の小学3年生に怒られちゃうよね。(笑)


とにかくさ。

私と反対意見を持っていながらも まともな意見交換が出来てお互いの言い分を分かり合える(理解しあえる)人を見つけるまで、あたしゃ頑張るからね。



↑こんな事を言っている私と 一番分かりあいたいのは 私の彼(私が冷たいと言って結構寂しい男)なのでした。

一番身近なヤツとまずは分かり合えよ、って突っ込み大募集中です。



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

もう少しでハロウィンですね。



サンフランシスコ周辺では ハロウィンは カストロで! ってのが一般的でした


カストロってのは カストロストリートって言って 道の名前です。

普通の『道』なのに、ソコは 有象無象の坩堝。

…ってのは大げさだけど ゲイストリートとして有名です。

男も女も ゲイのみなさん 集まれ~♪ ってなもんで 物凄いゲイの人ばっかりです。

に加えて、ソレを興味本位で見に行く人達がこれまた物凄いので 

その混みっぷりと言ったら、シスコで催されるイベントの中では一番じゃないかしら。


でも 「一般的でした」 でお分かりでしょうけど 今はカストロではやりません。

ダウンタウン寄りのCity Hall前の広場がサンフランシスコ市が用意した場所になっています。


この時期にシスコを訪れる方は そちらへどうぞ。


とは言え、これは一般向けの建前であって ハロウィン当夜はカストロもまたお祭りです。

なので、もっと興味のある方は 勇気を持ってそちらへ。

日本の有名俳優に会えるって噂もありますしね。 楽しめるかもしれないですよ。


あ、でも 『ゲイ』と聞いて女性だって安心しちゃいけません。

同性愛者は女性でも 『ゲイ』です。(当然ですよね。笑)

かくいう私だって、ナンパをされた経験が何度かあります。

「ハ~イ♪ うふん」って声がしたと思ったら お尻を触られてたなんて事、

一度や二度じゃありません。

お気をつけあれ~デス。




・・・って、タイトルに触れないまま終わるところでしたわ。



あ、いや、何を言いたかったかって言うとね。


初めてのアメリカ・ハロウィンの夜、カストロに行ったの。

そうしたら 目の前に オレンジの人が走って来たの。


オレンジの男の人。  オレンジ色なの、全部。

そう、全身オレンジ。 うん、ホントに全部。


紙も唇も 腕も足も 背中も 全部。


・・・なんで 『全部』に こだわるかってーと、

ホントに全部なんだもの。


初めて見た アメリカ人の 裸。


それがオレンジだったの。


はじめは 股間に 何かぶら下げてるんだと思ってた。


あ、いや、実際、ホントにぶら下がってるんだけど。(笑)


ま、そんな訳で。

初めて見たアメリカ人の股間でぶらぶらしてたモノは 結構キレイなオレンジでした。(笑)


アレも一応仮装なのね、って訳で、今となっちゃあ 良い思いでです、はい。





AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

こちらはアメリカなので、明日は土曜日です。


さぁ、週末は何して過ごそう♪



って、いつも何もしてないぢゃん。

たまには一歩でも家から出てみろよ。


という友人たちの声が聞こえて来そうです。


そんなソフトヒッキーな私を 毎回性懲りも無く誘ってくれる友人たち。

あなた達の思いに応えるべく、、、、!


…何かしようと思っちゃいるんですけどね、いつも。(汗) 


気力と筋肉を動かす脳のパーツが連動しないという問題がありそうな私です。



んでも、明日はそんなことも言ってられなくなりまして。

大切なお友達の一人息子のお誕生日会。

重すぎる感のある腰ですが、頑張って持ち上げて お祝いに行きましょか。


ところで、4歳の子供って何を喜ぶんだろ。 

毎年毎年、いろんな子供達にプレゼント贈りまくってるのに、

流行もあるしねぇ、、、付いて行けてないや。(汗)


ん?あぁ、そう。 明日なのに まだ何も用意してません。

只今 午後10時46分… 明日早起きして買い物に行かなきゃ。(汗)


出不精にも程があるざんすね。 はは。(汗)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この間の 「疾走」 の時に明日香さんにコメント貰ったんで 

早速「流星ワゴン」買って読んでみました。


良かったっす。うん、良かったっす。

だって、泣いちゃいましたもん。(恥)


読んでみて、、、家族物、と一言で言い捨てちゃいけない気がする、って印象が一番強いかな。


内容は 家族を失いそうになって生きて行く事に意味を見つけられなくなった男の人が

そうなるに至った原因がある「大切な場所」に戻って 

やり直せない、現実を変えられない辛さ もどかしさを抱えながら

自分を振り返って行くってお話。

振り返る旅のナビゲーターは交通事故で無くなった親子。

そして旅のパートナーは 38歳、同い年の父。


誰だってやり直したい過去ってあるよね。

だけど、現実に生きてる私達って いつに戻ってどうやり直したい?って聞かれても

実際思いつく事って そう大した事なんか思いつかない気がする。


今、こうやって何気なく生活している事に 愚痴や不満はあるけど

心が引き裂かれる様な後悔って、そうそう経験があるもんじゃないと思う。


勿論、『痛い』思いって感じ方は人それぞれだけど。


でもやっぱり、大変な思いをして生きてる人ってホントにいるんだ。

同じ『痛み』でも、抱えているものによっては 前向きにもなれるし 

絶望もするよね、きっと。


絶望、って言うと仰々しくても 何事に於いても意味を見失うのって

心の平和を保つのには難しいって気がする。


著者があとがきにこう書いてあった。


「息子でもあり、父親でもある今の自分だから コレを書く事が出来た」 


うろ覚えだけど、こんな感じのこと。

娘でしかない私の気持ちが こんなに震えたんだから

母親だったら また違うんだろうな、と思った。


思った勢いで 実家の親に 「結婚はしないけど、子供を作るから」 と

未婚の母宣言をしてしまった。 はは。


…って 話がずれちゃったので 今日はここら辺でやめとこうか。


何だか色々感じるところがありすぎて、文章にするのが難しいのだけど

読んだ後に 何となく 掃除とか洗濯に取り掛かった私を どうか笑ってください。

(↑読んだ人にはわかるだろうさ。笑)



重松 清
流星ワゴン



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前の事だけど 

『爆笑問題大田光の私が総理大臣になったら 秘書田中』 

って番組を見た時に思った事。


7/21放送でジャガー横田が 

『家事を分担しない夫は罰金刑にします』

ってマニフェストで議題提示したんだけど いつも通り話し合いは喧々諤々。


誰の意見がどう良いかなんてのはやっぱり参考にならないまま結果可決だったんだけど


夜の新橋っぽい(笑)街頭インタビューでは 

「僕はねぇ、仕事で忙しいの。外で大変な思いしてるのに、なんで家に帰ってまで働かなくちゃいけないのさ」

なんて酔っ払いオジサン達の判で押した様な答えが次々と。

勿論番組の作り手のさじ加減一つで 見せ方なんてどうとでもなるから

何らかの意思を持ってそんな意見しか流さなかっただけなのかもしれないけど

少なからず 一般的な男の本音 としては 遠いものではないんじゃないかな、と思う。


女が働くって事に価値を見出せないんだと思う。


あ、いや、

女の労働力ってのを認めてない、のかな。


外国かぶれみたいで こんな言い方はしたくないのだけど

私のいるアメリカでは そういう事は全くない。


コレ↑を言うと

「そりゃそうでしょ。 男女平等にしないと訴訟にまでなるからね」

なんて言われそうだけど、そんなの稀。


訴訟が稀なんじゃなくて、男女に差を付ける事が『稀』。


上手く説明出来ないけど、

うーんと、、、 


例えば会社の中で 若い女の子(OL)さん達って 会社の中での存在ってどうなんだろう。

組織の中で欠けたら困る戦力なんだろか。


勿論向上心やプライドを持ってやってる人も多いだろうけど

残念ながら、そうじゃない人の方が私の周りには多かった。


生きて行く手段としてソコにいる人が多かった。


生きて行く為に 

計算したり 電話したり コピーとったり お茶汲みしたり なるべく高給取りの良い男を捜したり。

そういう人ばっかりだった。 ある意味正直な人達よね。(笑)


だけど、会社側も 別にそれで良いって感じ。

やっぱりこれも一般的なのか、

『どうせその内 結婚して辞めてくんだから』

って良く言われてた。


こんな価値観、アメリカにはない。


働いている同僚は全て自分と同じ戦力なんだ、って認識だし 

皆にとっても自分はそうなんだ、って自覚も自信も持ってやってる。


だから、コレをそのまま 日本に移行して考えてみると、


OLさん達がプロ意識を持ったり 能力を高く評価してもらう様努力をしたり

見くびられる事に抵抗したり、

そういう事って日本では する人の方が 『稀』なんじゃないかな。


そもそも 『OL』さんって言い方も なんか軽いよね。


勿論日本独特の文化ってあると思う。

やっぱり 男の人をたてる事は美徳だろうし

表でバリバリやるよりか 陰であろうがしっかり支えてる女性の方が美談だもの。


だけど、今 男女平等を声高に訴えるのであれば

まず 女性自身の意識を変える事の方が先だと思う。


セクハラ!ってハゲ係長を罵倒する前に 隙のない女にならないといけない。

イケメン営業マンが来社した時に 誰がお茶を出すかで 女同士醜い争いなんかしてる場合じゃない。

コピーする為に会社に入ったんじゃありませんっ!って文句言う前に

コピーなんか頼めない様な仕事回される様に努力しないといけない。


社会で女が努力をしないで お気楽な大人(社会人)をやってる限り、

それを一番身近で目の当たりにしている オジサン(男性)達は


「所詮女が働くなんてのは こんな程度」


って程度の評価しかしない。


それが『主婦』の評価にそのまま直結するのも当然だと思う。

評価が低くて当り前だよね。



平等である為には お互いがする評価が同じでなくてはならないと思う。


まずは、

男にぶら下がろうとしているオランウータン女達が自立するべき。

次に

男性のロリコン化を止める方法を探さないと。

男性が一般的に若い女の子を好むのは、自分達が同世代の女性に負けちゃうからでしょう。

優位に立たせてくれるものね、年下の子だったら。

何なら その年下の女の子だって 結構したたかだったりするんだけどね。(オランウータン予備軍・笑)

何にしろ、、、自分次第だって事にそろそろ気づかないと、って誰か言ってあげないと。


とりあえず、

ホントの意味での男女平等なんてのは まだまだ 先の話だと思うよ。


だって、実際は 全てに於いての平等なんて望んでない人だって多いものね。





いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

これから イベントの時期ですね。

クリスマス、 年越し、 バレンタインデー。 

私は人を喜ばすのは好きだったりするんで、贈り物するのも好きです。

だけど、何もない時にそういう事すると相手に気を使わせる事が多いので

イベントの時に頑張っちゃうタイプです。


だけど、私自身に対しては 基本的にあまりイベントに興味のない人間です。


クリスマスも バレンタインデーも 年越しカウントダウンも 誕生日も。

人の集まる場にも 誘って貰うと ちょっと困ったりします。


パーティー っちゃあ 断ります。

「今何してるの? ●●にいるからおいでよ」 だったら行こうかな、ですが、

「▲▼ちゃん達もみんな来るっていうから」なんて言われちゃうと躊躇します。


数年前までは、仲間が誕生日だってーと皆で張り切って

サプライズパーティーの準備に一生懸命励んだりもしてましたが

いくらサプライズだったって、自分の誕生日の時は 皆が忙しない事が手に取る様にわかります。


で、困っちゃう訳ですな。

弱ったなぁ、って気になっちゃう訳ですわ。


大勢の中の一人でいたいんです。 大勢の視線を独り占め♪ィェィ☆ なんてのは困るんです。

んでもって 誕生日なんてのになるとね、事ある毎に

喜んでみせないといけないって強迫観念が私を襲うんです。

そしてそのプレッシャーにいつも負けそうになるんですね。


嬉しいと思っても それを伝わる様に表現しなきゃ、というプレッシャーを自分で作って抱えてしまうんです。

面倒なヤツですな。(笑)


だから、友達の沢山いる彼氏が 


「彼女を紹介しろって言われてるから、一緒に行こうよ」


なんて言い出した時も ホントに困ります。


ソコには異性を評価する目がありますから。

何故か私を過大評価している彼氏には理解出来ない様ですが、

とてもじゃないですけど、人前に出して良い様な出来の良さではありません。


一言で言うと 自意識過剰 なんですね。(汗)


おっと、話がずれました。


ま、とにかく 人の集まる場が苦手。 私が主役になるのは心からイヤ。

私の為の歓送迎会はことごとく断ってます。  ←酷いヤツですねー。



こんな 私ですが、この間 誕生日でした。



いろんな意味でのタイムリミットに近づいて行ってる訳でして、

我が人生について考えなきゃいけない事だらけ。

私としては 全くオメデタイ話ではないんですが、

やっぱり 世の中の慣習ってのは 私を襲います。


「おめでとう♪」


うんうん、ありがとう。

本当に お祝いしてあげたいって気持ち、嬉しいよ、ありがとう。


そこで終わりたいんです。。。

これって我侭ですか。


数年前まではね、人並みに お祝いしてもらいたいなぁ、なんて思いも多少あったんですけどね…

いつの間にか ドコかに行ってしまいました。


でもって、アメリカ人って人種はやっかいです。

おめでたい話は みんな喜ぶと思ってますから

ある種、日本人より やっかいです。 おまけにしつこい。(汗)


「ぶぅのバースデーに 家族は電話くれた?」とか

「ぶぅのバースデーは みんなでお祝いしてくれた?」とか。


勿論 「イエス!」 って答えが返って来ると思い込んでるから

そうじゃない返事って とてもしづらい。(汗)


なんでみんな私の誕生日知ってるんだっ!(涙目)

もう放っておいてくれっ!


ええ、分かってるんです。

そんなの我侭ですよね。

うん。


だから もう何年もちゃんと大人として本音を隠し我慢して笑顔で嘘言ってるんです。


「ええ、家族からはおめでとうって電話が来たわよ。 当日は彼が友達を集めてくれてパーティーだったの」



あぁ、、、辛…。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ど、ど、ど、どうしましょ。


衝動買いしてしまいました… たった今。


だって、「劣化による故障ですね。買い換えた方が良いです」と言われてしまって、

必要なのに放置してたんですもの。


だって、今日かかって来た電話でとても魅力的なモニターに誘われたのだけど

ソレがないと引き受けられないのだもの。


だって、ちょっと頑張れば何とかなる金額かなぁなんて 

自分でも驚く程の思考回路が働いてしまったんですもの。


だって、コレが無理だったら諦めよう、と思ってた『海外発送』がOKだったんですもの。


…(汗)


他にもっとお金が必要な事があるのに。


例えば、

一年前にぶつけた車のキズ、まだ直してないじゃない?

去年抜いた右下の歯、6千㌦(60万)かかるって言われたまま放置じゃん?

ベッドだってマットレスが歪み始めてて「買い替え時かなぁ」なんて言ってたし。

暫く新しい洋服買ってないって 女としてどうなの、って話じゃない?



で、でも…

時既に遅し。


申し込みボタン、押しちゃいました。


カード会社からの請求が怖いです…。 はぅっ。(汗)



今日のお買い上げ…
















































ソニー 【秋冬モデル発売中】デスクトップパソコン VAIO type L VGC-LB61B/P ロゼ


20万円也。(Office'03 送料 消費税込)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。