人生空回劇場

一生懸命耕して種を植え続けてるつもり。

コツコツ水をやって気ぃ使って日に当てたり。



だけどなかなか実を結ばない私の人生。 嗚呼、空回り。



とは言え、人生、本音と建前 紙一重。  あんまり難しく考えずにいきましょ。


テーマ:


      敵意に満ちた中で育った子は

         誰とでも戦います。


      冷やかしを受けて育った子は

         はにかみ屋になります。

 

      妬みを受けて育った子は 

         いつも悪い事をしている様な気持ちになります。


      心が寛大な人の中で育った子は

         我慢強くなります。


      励ましを受けて育った子は

         自信を持つ事が出来ます。


      褒められて育った子は

         いつも感謝する事を知ります。


      思いやりのある中で自然と育った子は

         信じる心を持ちます。


      公明正大な中で育った子は

         正義の心を持ちます。


      人に認めてもらえる中で育った子は

         自分を大事にします。


      仲間の愛の中で育った子は

         世界に愛を見つけます。






ちょっと前に TVから流れていて、、、 とても印象に残ったので

自分のノートに書きとめておいたものです。


子育てに限らず、人間関係においても言える事だな、とおもいました。


自分の周りの人を活かすも潰すも、 自分の存在を個性的にするもしないも

自分達の気持ち一つだなと 改めて思いました。


さて、私が産まれたての時には持っていたはずの 純真な心は 一体ドコに行ってしまったのでしょうか。


 無くしてしまったのか?

 失くしてしまったのか?

 忘れてきてしまったのか?

 まぎれてしまったのか?

 捨ててしまったのか・・・?


私としては、、、

日々の生活を順調にする為に見につけた技を使っている内に 心のドコかにまぎれて隠れてしまったのだ

と思いたいですね。

つまり、なくしてはいないのだと。 探せば私の中のドコかにあるのだ、と。


取り戻したいですね。

・・・見つけるは大変そうだけど。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本を結構読みます。


家から出る時は手元には必ず本を持っています。

なので、全て読み終わってしまって 読むものがないと 何となく不安です。

         何に対してどう不安なのかはわからない。(笑) ↑


今読んでいるのは  トマス・ハリスの 「レッド・ドラゴン(下巻)」(翻訳版)です。

実はこれ、売り切れ状態だったんですよね。

とは言っても、爆発的売れ行きで!とかではなくて (笑)


紀伊国屋さん このエリアには2店舗あるんですけど そのどちらでも洋書は少量しか輸入していない様です。


そりゃそうだわな。 

アメリカにいるんだから 元々英語の本を和訳したものって 中々売れないのかもしれない。


んでも私の英語力では 英語を理解しようとする方に集中力が行ってしまって

本の内容に思いを馳せたり 情景を思い浮かべたりといった余裕が持てないんデスよね。(汗)

そう、私の英語力では 読書という娯楽を満喫出来ないんです。 ← はぁ、情けない。


そんな訳で 私の読む本はやっぱり 日本語デス♪


『レッド・ドラゴン』の前に読んでたのは…


『精神分析医』 上下巻 ジョン・カッツェンバック(著)


コレ、お勧めです。

コレも翻訳版なんですけど、、、久々に謎解きの時に 「ぅわ!そう来たか!やられた!」と思いました。

ホント、面白かったです。


その前は


『蒼穹の昴』  全4巻  浅田次郎(著)


これも面白かったですね~。

私ね、基本的に名前を覚えられないんです、登場人物の、それも中国の名前だと特に。(汗)

だから、 “三国志”なんて100万回挑戦したけど、1巻の半分にたどり着いた事もない…。

 

  ちなみに、コレ 三国志占い  

  私、「しんぴ」って人なんだって。

  誰だ、ソレ?(笑)


ま、話がそれたけど、そんな訳で この本を読み始める時、西太后 の頃のお話なんだけど ちょっと心配だったの。

なのに、面白くてね、あっという間に全4巻読みきっちゃった。

浅田次郎さんの本は初めて読んだので、これからは他のも試してみようと思ってます。


ただ、悩みの種は お金がかかる事。

普通に本を買うより、日本からの送料やら 税関やら 色々経費が掛かってるからってのは分かるんだけど

やっぱり高い!!!


この間なんて ¥780 の本に $10.50 払ったもん。 ($1 = ¥115 位かな、今)


そんな訳でね、私がアメリカに来てから費やした本代は、、、 1万5千ドルをゆうに越す。(汗)


もうちょっとだけ安くならないかなぁ、ねぇ、紀伊国屋さん? >無理な相談だ!と言われます、間違いなく。(笑)






AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

小泉さんが靖国参拝をしたそうですね。

私の個人的な意見では 小泉さんの靖国参拝は賛成です。

前年までとは違う 今年の様な形であっても、小泉さんが参拝した事を私は評価したいと思います。

国の為という名目で色んな意義を背負って戦争で亡くなった人達を、

同じ日本国民が慰霊という気持ちで参拝する。
誰が奉られていようと関係がない。

というのは奇麗事なんでしょうかね。

例えば小泉さんが、

「靖国には行きませんが、私は毎日戦争でなくなった全ての人達の為に心の中で手を合わせています。」

と発言したらどうなのだろうか。

何か違いがあるんだろうか。

『戦犯』というのは日本が負けた時点で国が背負うべき十字架になったはず。

誰が起こした戦争だろうが、 誰に仕向けられた戦争だろうが、誰がA級であろうが、B級であろうが、

そんな事には意味がないと思う。

日本が戦争をしてしまった、という事実。

私は、当時の政治家がやった事で今だに問われる罪ならば、ある意味私達も被害者である、

という意見には賛成できない。

だから戦争が終わった今、私達は日本国民として みんなで背負うべき十字架なんじゃないかな、と思う。

その上で、自国の事は自分たちで決めるという 『独立心』 を持つべきだと感じる。

どう「平和」や「反戦」へ立ち向かうか。

日本の事なかれ精神に根付いた“アメリカという安心要素”へ 依存しない国。

周りにどう思われるかではなくて、自分達がどうするべきか に自信を持てる国。

例えば、今回の 靖国参拝を反対する人達の中に 正当な理由を言う人達がいただろうか。

反対派の理由は、

「被害者の感情を逆撫でする様な行為は 一国の首相として慎むべき」

というものに集中していた様に思う。

ま、これはこれで間違いないんだろうな、うん。

だけど、「あなたの意見ではないよね」と思う。

あの国達が何も言わなかったら あなた達も何も言わなかったでしょう? と思う。

そういう人達に国を任せて大丈夫なんだろか、とも思う。

あの国達は 自分達を尊重していないという主張を繰り返して国民に被害者という自覚を植えつけているだけ。
共通の敵がいればまとまるから、という安易な反日政策でしかない。

被害者としての自覚を持たせて国民としての団結を促すのは、間違いなく効果があるだろう、と思う。

だけど、惨めだとは思わないんだろうか。

いつまでも自分達が可哀想な存在なのだ、と思い続けて生きていかなくてはならないのは

辛くはないのだろうか。

自分達の代表として政をする政治家たちに 自分達が惨めに迫害されたと植えつけられ続けて一生を過ごす事を本当に望んでいるんだろうか。

今となっては誰が悪いとは言わない。

だけど、60年前の戦争から立ち直るべき国は 中国であり、韓国であり、日本でもある訳だ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

とある日手紙が届きました。

  と言っても、これは数年前の事になるんですけど。


ある友達がアメリカ留学を辞めて 中国留学へと転向。

英語もマトモに覚えてないのに 大丈夫か。(汗)という周囲の心配は (誰も口にしなかった為に)

彼本人には届かず、「これからは中国の時代だ!」喜び勇んで中国へ行った彼。


返還前ではあったけど、その言葉はある意味正解だったのではないかと思う。


で、その彼が 中国からお手紙をくれました。


『ぶぅさん、ニィハオマー! 

ぶうさんを姉貴の様に思っていた僕には 姉貴のいない今の生活が 少し物足りなく ナンチャラカンチャラ。

上海で新しい友達が沢山出来ました。 東京の子と大阪の子と福岡の子と、、、ナンチャラカンチャラ。

僕は中国で 本場ならではのことを覚えて帰ります。

まずは マージャンです!』


…ま、こんな感じの内容でした。


間違いなく数年後、アメリカの留学経験同様 

「何も得るものがなかった!今の俺には必要のない事ばかりだった!」

と言い訳して帰って来るんだろうと確信しましたね、うん。

麻雀覚える前に キミの挨拶が 台湾語であった事を学んで帰って来てくれ。(汗)


で。

そんな私の思いを察する事なく続く彼の手紙には一枚の写真が添えられていました。


限定版! New NIKE 新登場♪


と書かれたその写真には 今まで見た事のないタイプのナイキのシューズが写っていました。


あの頃は確か、、、ナイキは エア・ジョーダンがちょっと落ち着いて「ノモ」タイプが出た時だったかな。 

ちょっとだけ、ナイキ業界の仕事をかじってた私は 「何だコレ?」とヨクヨク観察するも

全く種類が分からなくて???だらけでした。


彼の手紙を読んで驚いたんですが、

そのシューズ、限定版!というだけあって、同じタイプの物はそう多くないそうです。


その訳は、なんと、


ナイキの工場に泥棒に入った人達が 色んなタイプのパーツを手当たり次第盗んで来て

それを適当に縫い合わせて路上で売ってるシューズだからだそうです。(爆)


だからある意味、正真正銘 ナイキのシューズではある訳ですな。

例え、アッチのタイプのソールにコッチのタイプのつま先が付いていようとも。


その写真をお見せ出来ないのがとても残念。

ドコに閉まっちゃったのかしら。

見つけたらUPしましょね。






10/11 17:16 US Time




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。