LOOM OSAKA -3ページ目

LOOM OSAKA

incarnation,Leon Emanuel Blanck,SOSNOVSKA,Isamu Katayama Backlash,KAZUYUKI KUMAGAI,YOHJI YAMAMOTO,Y-3,A.F ARTEFACT,prtl,JOE CHIA,PAL OFFNER,Aleksandr Manamis,A DICIANNOVEVENTITRE,ierib,EVARIST BERTRAN,the last conspiracy,Parts of 4,Gaspard Hex & more.


テーマ:



本日はB YOHJI YAMAMOTO 18AW collectionから、"monotone combination items"と題して、
ダブル・コンビネーションのコート、クラックシリーズからシャツとスリムパンツ、ジョイントシリーズからスカートパンツの4点をピックアップして、
山本耀司の代名詞である、黒と白のモノトーンの世界を色濃く表現した作品をご紹介したいと思います。

-

 

[ Jacket ]
B Yohji Yamamoto B/DOUBLE COMBINATION COAT / WOOL GABARDINE & COTTON LAYERED
Price / ¥146,880- (in tax)
Size / 3
Color / Black
Material / Wool Gabardine & Cotton Layered

着用モデル : 174cm / 58kg



今季18AWに於いて、B YOHJI名義のコレクションラインの中でも一際異彩を放っている本作。
一見、表裏を黒白の生地で切替しただけに見えますが、その実は、其々が裾で二重に繋がったレイヤード・コンビのコート。
つまりは、計、四重に折り重なり、通常のコート四着分以上という、非常識極まりない大用尺の生地を用いた作品となっています。



今回当店ではサイズ3をフリーサイズと位置付けてセレクトさせて頂きました。
極端にドロップさせた肩周辺の形状から繋がる、適度なボリューム感を持った袖筒や身頃全体のオーバーサイズ感は
これ迄はチャレンジした事が無いという方も多いかと思いますが、
意外に今迄の同じ丈感のコートを着用するのと同様に、違和感や遜色無く、着用して頂いている方が多いです。
ローブ・コートのスタイルや、ウェストのベルトによってボリューム感を調整出来る点が、一役買っている様に思います。




本体素材には、YOHJI定番のラナ・ウールのギャバジン素材を採用しています。
"何物にも染まらない"と云った強い意思表示かの様に、漆黒の陰影感が特徴的な色味。
綾織の強い斜向や表面の毛羽を落とした梳毛のウール素材は、より立体感のある生地の表情を生み出します。
そして内部生地であるコットン・ポプリンの白が、余計に本体生地のウールギャバジンの黒を引き立てます。
モノトーン特有である両色のコントラストがより際立って映えて見えます。



同様に、釦ホールや縫製のステッチ色も白にする事で、ボディ本体の黒を更に引き立たせています。
生地の端は裁ち切りの処理を施して少し粗野味を持たせる事で、ローブ・コート自体のドレッシー感を和らげています。

また、ウェストのベルト・コードを絞り込む事で無数のタックが入り、自然に縦落ちするドレープ感が生まれて行き、
ウール・ギャバジン特有の強い陰影感を更に協調してくれる様な、立体感に溢れた表情を魅せてくれます。



一転して、内側のコットン・ポプリン生地の白を露わに出した状態です。



こちらの画像から、このローブ・コートのレイヤード仕立ての全容が分かり易くなっています。
身体側から外側に向かって、黒・白・白・黒の順に生地が四重に折り重なっているのが見えます。



精錬潔白で透明感のある白。普遍的な陰影感を持つ漆黒。
モノトーンが織り成す正反対色のコントラストは、それぞれを露出させる分量で印象もかなり変化します。



敢えて、後ろ身に生地を寄せてザックリと羽織る感じです。
余り決め込まずに、少しアンニュイなニュアンスで着用してみるのも良いかと思います。



バックシルエットからだけでも、大容量の生地を要している事が一目で分かります。
何処か日本的な、紋付きの羽織物の様なニュアンスを感じてしまうのは私だけでしょうか。※髪型のせい?w



こちらも少し後ろ身に生地を寄せてザックリと羽織った状態になりますが、
身体が動く度に生地が揺れ動き、それに伴って躍動的なドレープ感が生まれて行きます。



サラッとしたクリアな質感と滑らかで優しい感触のウール・ギャバジンは高級感が有り、
本作の様な、少々アヴァンギャルドに映る作品であっても、上品で落ち着いた印象を与えてくれます。

 



マントの様に大きな拡がりを魅せるローブ・コート、ウェスト・ベルトはトレンチ・コートのそれの様にも収める事が出来ます。
重ね着した二着のコートがそれぞれ裾で繋がっており、更にその二着が縫合わされているイメージ。
もし私が織り子さんであったなら、正直嫌になる様な、大変な縫製工程を踏んで製作された作品。

一枚一枚が薄手の素材を四重にする事で、秋冬のシーズンにも対応し得る保温性を持ったコートです。



身頃左内側には内ポケットが二つとブランド・ネームのタグが縫付けられています。
勿論、このネームが無くとも、一見でYOHJIの作品と分かるのは流石の一言です。



こちらは、女性モデルが本作を着用した際のイメージです。
下記に、他にも多数の着用イメージ画像を掲載した商品ページURLを記載しております。
是非、併せて比較してご覧下さいませ。

B Yohji Yamamoto B/DOUBLE COMBINATION COAT / WOOL GABARDINE & COTTON LAYERED

http://loom-osaka.com/shopdetail/000000004225/

※着用女性モデル : 163cm / 着用サイズ : 3

--


[ Shirt ]
B Yohji Yamamoto B/CRACK SHIRT / L.GABARDINE & COTTON LAYERED
Price / ¥51,840- (in tax)
Size / 3
Color / Black
Material / Wool Gabardine & Cotton Layered

着用モデル : 168cm / 50kg



続いて、"CRACK"シリーズからレイヤード・シャツをご紹介致します。

ベース生地の上から継接ぎの様にパネルパーツをハメ込んで縫製を施した、独特のデザイン・ワーク。

名称通り、ヒビ割れを起こした様にウール・ギャバジンの黒のパーツの下から、
コットン・ポプリンの白のベースの生地がチラリと露出する、非常に凝ったデザインですが、
上述の四重のレイヤード・コートと同素材でも、手法が異なると、全く違う見え方をするのが興味深いです。



シンプルなレギュラー・フィット感を持つシルエット。
太過ぎず細過ぎず、無駄を省いて少しだけ余白を持たせたスタンダードなサイズ感となっており、
こちらもサイズ3をフリーサイズと位置付けて、ワンサイズ展開でのセレクトをさせて頂きました。
男女問わずに、着用者それぞれの体型に対して、気兼ねなく着用して頂けるサイズ感。



昨今の当店がセレクトするシャツ類と比較すると、やや着丈が短めのボックス・シルエットに近いサイジング。
シンプル、ミニマル、ベーシック、オーソドックス。と云った形容がそのまま当て嵌まるシルエットを持っており、
極端なウェストの括れや、やたらに長尺のアームや丈感では無いので、素直に着用して頂けます。



接写してみると分かり易いのですが、

コットン・ポプリンの白の下地生地の上に、ウール・ギャバジンの黒の生地を宛がって、

枠に収める様にハメ込んで、白ステッチで囲んで縫製して、縫い合わせています。



バックシルエットからも、一見、無駄を削いだシンプルなパターンで構成されたデザイン・シャツに見えますが...



接写してみると、一つ一つの細かな裁断パーツを上から縫合せているのが、より鮮明に分かります。
何十もの細かな裁断パーツを上から宛がって、再度縫製を施す工程を考えただけで、

恐ろしい程に手間暇、労力と時間を掛けて製作されているのが容易に分かります。
B YOHJIの今季18AWのコレクションラインが非常に素晴らしかったのは、
こうしたアルチザン色の強い、職人的技巧技法を用いた点が大きく挙げられるのでは無いでしょうか。



袖口、カフス部分一つを挙げてみても、非常に細かなパーツを沢山縫合せているのが良く分かります。
裁ち切り処理を施して、糸の綻びが拡がって行き、益々粗野味を増して行く様も愉しめます。



少しルーズに、最初とは違ったイメージで着用をしてみました。
私見になるかも知れませんが、B YOHJIの衣服に決まった着用の仕方は無い様に思っています。
着用者それぞれが、思い思いにオーバーサイズやリラックスサイズを好みのニュアンスで着こなし、
ファッションを愉しんで頂く事が一番重要な事だと考えています。



その一例かも知れませんが...リバーシブル仕様では無いですが、内側の様子が分かり易い様に、
表裏を引っ繰り返して着用をしてみました。
縫製線はしっかりとパイピング等で綺麗に処理されている事が分かります。



そして、カフス部分は補強の意味もあって裏面もウール・ギャバの素材を宛がって縫製する凝り様です。
しっかりと細部まで行き届いた、ブランドの技術面の高さが覗える作品では無いでしょうか。


 

こちらが、女性モデルが本作を着用した際のイメージです。
下記に、他にも多数の着用イメージ画像を掲載した商品ページURLを記載しております。
是非、併せて比較してご覧下さいませ。

B Yohji Yamamoto B/CRACK SHIRT / L.GABARDINE & COTTON LAYERED

http://loom-osaka.com/shopdetail/000000004231/

※着用女性モデル : 163cm / 着用サイズ : 3

 

 

---
ここからは、以前に、B YOHJI YAMAMOTO "Bottoms" pick up としてご紹介した中から、
今回のBLOGのテーマであるモノトーン、コンビネーションの作品を2点、再度ご紹介致します。
各商品の詳細や着用感等は、その以前のBLOGにてご紹介しておりますので、
今回は割愛させて頂きます。是非、併せてご覧下さいませ。

B YOHJI YAMAMOTO "Bottoms" pick up

https://ameblo.jp/ksclothingminami/entry-12413887254.html



[ Pants ]
B Yohji Yamamoto B/JOINTED WRAP SKIRT PANTS / L.GABARDINE & COTTON LAYERED
Price / ¥73,440- (in tax)
Size / 1,2 (Fitting size : 1)
Color / Black
Material / Wool Gabardine & Cotton Layered

着用モデル : 174cm / 58kg









[ Pants ]
B Yohji Yamamoto B/CRACK SLIM PANTS / L.GABARDINE & COTTON LAYERED
Price / ¥66,960- (in tax)
Size / 1,2 (Fitting size : 1)
Color / Black
Material / Wool Gabardine & Cotton Layered

着用モデル : 174cm / 58kg





 

[ Boots ]

incarnation exclusive REVERSE CORDOVAN DERBY #2 / VB#100

Price / ¥Open Price ( 販売価格はお問合せ下さい )

Size / 43 

Color / Vintage Black

Material / Horse Butt Leather


着用モデル : 174cm / 58kg

 





是非、ご参考にご検討下さいませ。

それでは本日はこの辺りで失礼致します。
 

LOOM OSAKA
OPEN : 12:00 / CLOSE : 21:00

大阪市西区北堀江1-14-21 大和ビル 1F

TEL : 06-6534-1630
E-MAIL : info@loom-osaka.com
HP : http://loom-osaka.com/
LOOM owner's instagram : https://www.instagram.com/loom.osaka/

LOOM Ladies instagaram : https://www.instagram.com/loomosaka_femme/

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス