ierib 2018SS New Leather Shoes. | LOOM OSAKA

LOOM OSAKA

incarnation, A.F ARTEFACT, ARMY OF ME, LEON EMANUEL BLANCK, nude:,asahiko maruyama, Y-3, CEDRIC JACQUEMYN, ANDREA YA'AQOV, thom / krom, N/07, AVIALAE, ierib, LEOPOLD BOSSERT, luca bianchini, PAL OFFNER, A DICIANNOVEVENTITRE, ISAAC SELLAM, & more.


テーマ:

 

ieribから今シーズンでは最後となるレザーシューズが到着しました。

(立ち上がりが昨年末でしたので少し動きが早いです。)

 

海外での下積みを経て母国、日本で活動を開始したのが2014年頃、、、

英国のテーラーやイタリアのサルトリアを礎に

京都のアトリエで自身の手でモノづくりを行う独自のスタンスで

物凄くアンダーグラウンドな所からスタートしたブランドです。

 

拘りが強く、それを人に伝えるにもまたその人自身の拘りが必要な作品だと思っています。

日本でよくある 『売れてるから~』 というだけで広まる様なものではないので

未だに国内でも見かけることは稀ではないでしょうか。

 

 

そんなieribの作品ですが、ブランド的にターニングポイントとなったのは

今回紹介するレザーシューズであったと思います。

靴があることで服の雰囲気がしっかりと具現化されるような、

何かもやっとしたものが明確になったのがieribの靴を見た時に感じた気持ちです。

今シーズンは独自で製作した木型をベースに

革一枚をそのまま造形すホールカットの技術を用いた新型ダービー、

改良を加えてより引き締まったテクタダービーの二種をご紹介致します。

 

春のコーディネートに自身のファッション感をより明確に示す一足を提案出来ればと思います。

 

 

かかとで裁断面を繋ぐ以外は一切、針を通さずに革一枚に少しずつ力を加えて

靴の形を造形した新型のダービーシューズ。

 

 

[ Shoes ]

 

ierib onepiece tecta derbies / waxy JP culatta

Price / ¥Open Price(*販売価格はお問合せ下さいませ。)

Size / 42

Color / Black

Material / Horse Leather

 

 

 

革はieribの代表作であるホースレザー。

腰から臀部にかけての大きな部位から採取した革に

ワックスを浸透させながら独特のテクスチャーを作り上げています。

 

 

硬くて分厚い革になるので頑丈ですが、少々動きにくかったのですが、

今シーズンより少し柔らかく仕上がる様に改良を加えています。

 

 

 

最初は当然、がっちりと固まっていてゴチゴチですが、

経年で少し柔らかみが出るとしなりが生まれてきます。

飾りのステッチも何もかも排除したミニマルなホールカット。

その為、靴に出来る履き皺はとても大きくダイナミックにうねります。

 

 

 

素材と製法の相性を考えた組み合わせ。

岩のようなゴツゴツ感のある革が波打ちながら曲線を描く様子には

個人的にもグッとくるものがあります。

" 革のこういうところが好き " というポイントが皆それぞれあると思いますが、

まさにそのど真ん中を打ち抜いたような力強い雰囲気を醸し出しています。

 

 

硬そうな表情がなめらかに動いていく様子を表現した

履き入れ口周囲のカッティング。

足首に沿って曲線で綺麗なラインが出るように構築されています。

 

 

タンをつけずに革一枚がそのまま足を包み込むように設計されています。

従来のダービーに比べると履き入れがよりスムーズでスリッポンのような

軽快さも併せ持つ作品ではないでしょうか。

 

 

ソールは革を積み上げ研磨したモノをアトリエで再度、染色をしながら仕上げています。

この工程を抜きにしてieribのシューズは完成しません。

 

 

鉄製のテクタは作品の象徴でもあり、補強の意も兼ねたディティールになります。

分厚いブルソールに金具を釘で打ち込んで圧着しています。

 

 

ブル特有の大きく荒々しいシボを見ることが出来ます。

 

 

今回、新型の短靴はブラックに加え、色の取り入れとして

もう一色、製作を依頼しました。

陰影を強く出して発色を抑えたダークレッド。

 

 

 

[ Shoes ]

ierib onepiece tecta derbies / waxy JP culatta

Price / ¥Open Price(*販売価格はお問合せ下さいませ。)

Size / 42

Color / Red Purple

Material / Horse Leather

 

 

LOOMでは何故だか昔から人気のある暗めのトーンのレッド。

Red Purpleと表記される妖艶さを漂わせるカラーとなります。

 

 

 

一枚の革でコードバン層を含む部位と外側の部位があり、

艶が出る部位から少しずつ毛羽立つ部位まで変化していく表情を

まるごと靴一足に封じ込めたような作品。

 

 

切替しやパーツ分けのある通常のダービーシューズとの大きな違いではないでしょうか。

 

 

 

 

コードバン層の部位はieribを代表するゴツゴツとしたテクスチャー感があらわれます。

これは独自の手法でワックスを入れながら繊維質に変化を与えることで作らていきます。

 

 

シルクに化学繊維を加えた組紐を使用。

"自分の作品に関与するモノは日本で作られたモノしか使わない"

という日本のモノづくりに対するリスペクトも含めたデザイナーの拘りとして

京都の職人さんによる伝統工芸品に自ら加工を施したモノを使用しています。

 

 

靴底に打たれたテクタもそういった日本の昔からある職人技巧の

魅力をファッションの一部として取り入れていくブランドのアティチュードだと思っています。

 

 

 

後から染めた色むらや擦りながら褪色感が魅力のierib独自の革底。

一枚で厚みがあってしっかりとしたブルレザーを選別しています。

濃いめの赤の色合いにブルのシボ感が良くマッチしています。

 

 

--

 

 

少し前からブログ内でチラ見せしていたテクタダービー#2。

ほんの少しですが改良を経ています。

 

 

毛穴まで鮮明に表れたホースバット/コードバン。

個体による表情に少しずつ違いがありますが、

前述の2型も含めて今回はすべての作品に共通して

コードバン層の含有量が多くなっています。

 

 

艶やかで光を吸い込むような黒さに思わず魅了されてしまいます。

 

 

[ Shoes ]

ierib tecta derby shoes#2 / waxy JP culatta

Price / ¥Open Price(*販売価格はお問合せ下さいませ。)

Size / 41 , 42

Color / Black

Material / Horse Leather

 

 

横幅をしっかりと取りつつ、

爪先をほんの少しシャープに削ぐことで

重量感のあるフォルムに洗練味を持たせた定番のTD1モデル。

 

 

3毎のパーツに切り分けられた外羽根仕様の短靴です。

ダービーシューズ本来のスタイルを継承したオーセンティックな造形ゆえに

LOOMで取り扱う服以外にも幅広く親和性を持っています。

お客様の中にはユーズドのLevi'sに合わせている方もいらっしゃいました。

今後、ゆったりとしたシルエットが主流になっていく中で

こういったシャープな造形で決め打ちが出来るシューズに対するニーズは

じわじわと高まっていくのではないでしょうか。

 

 

 

ヒールに開けたホールにシューレースを通す仕様は

何となく懐かしさを感じる方も多いかと思います。

 

 

ぐるりと足に巻きつけてしっかりと革をホールド、

重厚な革で足元を包み込んでしまうような安心感のあるディティール。

 

 

 

ソールの仕様はブランドが展開する靴の全型番共通になり、

レザーソールにハンドメイドのアンティーク加工、

鉄製のテクタの打ち込みなど工場から上がった後も

手数の多い作業を経ています。

 

 

 

ソールは滑るのを防止するためにもラバー製の薄いモノを貼るのがお奨めですが、

かかとに関してはテクタのディティールを台無しにしてしまうので

デザイナーの思いとしては 

"そのまま履いてカチカチと鳴る雪駄のような雰囲気を感じて欲しい"

とのこと。確かに革底とゴム底の間に金属が挟まっているのは

見栄えにも影響してくると思います。

 

 

すり減った際は¥60,00程度(状態によっては多少変わります。)でソールのリペアが

可能ですので我々としても前だけ貼ってそのまま履き込んで頂ければと思います。

その他、何か気になる事が御座いましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

 

 

少し遅くなってしまいましたが、

春夏シーズンのieribのシューズとしては最終のデリバリーとなります。

服装の事も考えながら着合わせのイメージに組み込んで頂ければ嬉しく思います。

 

是非、ご検討下さいませ。

それでは本日はこの辺りで失礼致します。

 

LOOM OSAKA
OPEN : 12:00 / CLOSE : 21:00
定休日: なし (水曜日の営業もしています。)

大阪市西区北堀江1-14-21 大和ビル 1F

TEL : 06-6534-1630
E-MAIL : info@loom-osaka.com
HP:http://loom-osaka.com/
LOOM owner's instagram : https://www.instagram.com/loom.osaka/
LOOM manager's instagram : https://www.instagram.com/loom_osaka_staff

 

LOOMさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。