A DICIANNOVEVENTITRE A1923 DURBY SHOES | LOOM OSAKA

LOOM OSAKA

incarnation,Leon Emanuel Blanck,SOSNOVSKA,Isamu Katayama Backlash,KAZUYUKI KUMAGAI,YOHJI YAMAMOTO,Y-3,A.F ARTEFACT,prtl,JOE CHIA,PAL OFFNER,Aleksandr Manamis,A DICIANNOVEVENTITRE,ierib,EVARIST BERTRAN,the last conspiracy,Parts of 4,Gaspard Hex & more.


テーマ:

 

 

 

A DICIANNOVEVENTITRE A1923

当店は次の春夏に向けてオーダーさせて頂きましたダービーシューズをご紹介いたします。

A1923はオーダーが不規則なのでどこかのタイミングで入荷させないと必要な時期に入荷しないので。w

必要な時期の前に入荷させました。

結構A1923のITEMは欲しい時期に履きたいITEMなので少し気分は早いですが是非と思っています。

 

 

一つ一つ製作されたハンドクラフトで仕上げるシモーネのシューズは唯一無二な存在感。

文章でどうこう記載するのですが一言で言えるかっこよさがあります。

他に書くことが無かったりします。笑

 

 

[ Derby Shoes ]

A DICIANNOVEVENTITRE A1923 DURBY SHOES / HORSE CULATTA OILED

Price / ¥Open Price (*販売価格はお問合せ下さいませ)

Size / 41 , 42

Color / Nero (Black)

Material / Culatta

 

 

一足一足ハンドクラフトで作り込みA1923だけに感じられる世界観を生み出しています。

穿けば穿くほど存在感をより醸し出し箱に記載しているようケアをしないでも本当に大丈夫です。

 

 

360度見ても他に出ないシルエットが私的には他に出せないバランス感を感じています。

フォルムはデザイナーの感覚なので、シューズという固形ITEMは本当にセンスが無いと形が悪いのですが

A1923は完璧な誰にも出せないフォルムと、

イタリア独特な加工技術を駆使しフィニッシュまでデザイナーが手作業にて監修されています。

 

 

 

イタリアにて全てハンドメイドで1点ずつ造形し、完成させられています。
象徴的なトゥの反上がりを最大限に活かすシャープなシルエットを形成し、
全体のバランスを考慮した上でアタリや皺感なども全て手作業で施した、非常に味わい深い表情を持ちます。
その3D加工を施した後、全体的にオイルを塗布して行き、経年変化に由り艶味が増して行く様になっています。
まるで芸術品、彫刻の様な研ぎ澄まされた圧倒的造形のレザー・ダービー・シューズ。
履き込む程にプロダクト本来の持味を発揮し、じっくりと革と対峙出来る、所有者だけの一足へと育成して頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

トゥに繋がる中央の皺は緩やかなドレープをしっかり出し先端に繋がるようなイメージ。

 

 

レザーソールの素材まで厳選し、ハンドクラフトでしっかり先端は反り上がりをキープさせています。

 

 

 

 

馬一頭からごく僅かしか採取出来ない、希少部位である臀部周辺の革素材、
その中でもA DICIANNOVEVENTITREの作品に見合うだけの品質を持つ部分を選別した大変貴重な素材。
下地段階と、製品加工後にも潤沢にオイルを手作業にて塗り込んでいますので、
元々の堅牢で強固な質感を、柔軟性を持った艶味の有る素材へと昇華させています。

 

 

 

 

パキっとしたホースクラッタの質感とこのダービーのフォルムのマッチさが

このダービーの全体的な表情を作り出し巧く引き出せています。

 

 

 

とこう言ったITEMは写真でご覧いただく方が解りやすいのと何も言わなくともかっこいいので
文章にすると余り記載する事が無かったりしますw 素材だけでもう他と全然違うなと解ってしまいます。

 

僕個人的にはこのダービーにデニムパンツなんか春夏に合わせてみたいスタイルの一つだったりします。

特に足元は私達ファッションが趣味な方に関しましては確実に手の抜けないITEMなので、

デザインのフォルムなんかもミリ単位で気になる部分です。

 

良いけど少し高額だなと感じられる方も流石に多いかもと思いますがその分しっかりした組み込みと時間と素材の良さ

はどのブランドにも無い部分をこのシューズは持っています。
そして他と同じで無い価値観なんかも感じられますね。

 

 

 

大量に放出しているITEMでは無いです。全て手作業なので時間が要する加工だったり縫製だったりするので、

数量も小量しか生産できないのが逆に他と全く被らない自分だけのシューズとして価値観も感じられますね。

そんな手作業でしか出せない風合いも魅力ですし、その価値観の大切さなんかも大事にされる方にはこの

A1923のシューズがお勧めです。

 

 

では是非ご検討下さいませ。

 

p.s

本日は北海道や、徳島から来店して頂きました顧客様。

西宮から、高石までありがとうございます。

ロシアから、イスラエルからとInstagramを見てお買い物に来ていただきました方ご購入ありがとうございます。

 

 

LOOM OSAKA
OPEN : 12:00 / CLOSE : 21:00
定休日: なし (水曜日の営業もしています。)

大阪市西区北堀江1-14-21 大和ビル 1F
TEL : 06-6534-1630
E-MAIL : info@loom-osaka.com
HP:http://loom-osaka.com/
LOOM owner's instagram : https://www.instagram.com/loom.osaka/
LOOM manager's instagram : https://www.instagram.com/loom_osaka_staff/

 

 

LOOMさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス