美肌になりたい方すべてに
お伝えしたいことがあります。



こすらないこと、です。




シミ、くすみを気にされている方はとくに、
日常生活の中での摩擦を極力さけてくださいウインク





こんなにもお金がかからなくて、
すばらしい方法はありません。ハート





内服治療もレーザーもこれまでに受けたけれども、なかなか肝斑が良くならないという方とは、このことをとくにお話することがあります。





これまで他院での治療を受けてきて、
レーザーもした、内服もした、紫外線だって徹底的にケアしている、閉経して数年以上経過している(女性ホルモンの変動の影響は受けないはず。)にもかかわらず、典型的な肝斑があまりにもコントロールできていない時、






摩擦に気をつけていますか?






とお聞きします。
もちろん、多くの患者さまは摩擦はいけないということをすでに知っておられるので

「はい」とお答えされますが
ほんとにそうでしょうか??






ポイントがありますグッ






朝起きてから寝るまでのあなたの生活を振り返ってみましょう。





ここから以下は、先日の美肌セミナーでもお伝えした内容の一部です。ブログ読者の皆様にもぜひお伝えしたくておねがい





●顔を洗うとき。


ゴシゴシしていませんか?
石鹸や洗顔フォームを使う場合は、たっぷりと泡だてて、泡を転がすように洗います。

指が顔に触れないことを意識します。



ぬるま湯ですすぐときにも、
パチャパチャと手のひらでぬるま湯を乗せていくような感覚です。決してスライドしないこと。




洗面器にぬるま湯をいれておいて、顔をそこにつけて、顔を揺すると、ある程度の泡がとれて時間短縮になります。
(仕上げは流水のぬるま湯で)






●タオルで顔を拭くとき。


タオルで、ズリッとスライドさせるように拭くのはやめましょう。軽く、垂直にタオルを触れさせる(ポンとのせる感じ。)のことを、足りなければ、2〜3回場所を変えながら繰り返せば十分に水気はとれます。




●化粧水や乳液をつけるとき。


基本的にコットンは使わず、手でつけます。

これも、パチャパチャと乗せるような感じ。スライドさせず、つつみこむように。



パッティングはわたしは行ってません。



パッティングで浸透がよくなるというのはないと思っています。気持ちとしてはたしかに入ったように感じますが、人間の皮膚のバリアというのはそんなにヤワじゃない。笑




かえって刺激になるくらいなら、パッティングはしない。浸透させたければ、機器を使ってイオン導入やエレクトロポレーションを行うべき、とのポリシーです。




●メイクのとき


日焼け止めや、ファンデーション、BBなどのメイク品は出来るかぎり、パフを使わずに手でぬる。


(ファンデやおしろいの粉タイプはどうしてもパフが必要なので、ガサガサしていないフワフワな清潔なパフを使います。このとき極力スライドさぜにポンポンとのせる)


クリーム状のもの、先に手のひらで伸ばしてから、パタパタと乗せていくように。


とにかくスライドしない!にかぎる。



わたしの場合は、お肌の調子がいいときは
日焼け止めだけで、
ノーファンデ生活です。
クレンジングがいらないから、お肌への負担をさらに減らせるし、化粧くずれに悩まなくて済むので、この生活を気に入っています。



チークも要注意ね。
筆で何往復もしてホホをこすらないように。
サクっと1〜2往復までですませたい。
できればクリームチークのポンポンとのせる感じがさらにいいですねルンルン




●日中


無駄に、顔を触らない!
お化粧直しをするとしても最小限が望ましいと思います。パフでやらざるをえない状況だと思いますが、粉をのせるときにもとにかくポンポンとスライドさせない程度で。





●メイクを落とす時。


これを摩擦しないように、とかんがえると、ケチケチせず、少し多めの量で、スルスルっと乗せてすべらせる感覚で。顔の皮膚と、手の間には常にクリームクレンジング剤があって、転がしてるようなイメージ。



シャワーに直接顔をあてるのではなく、
流水を手ですくったら、丁寧に洗い流します。




ここから、タオル、スキンケア、の順でまた摩擦に気をつけて過ごします。





そんな洗い方で落ちますか?
そんな化粧水の付け方で浸透しますか?




と聞かれることがあります。




理想論かもしれませんが、
それで落ちる程度のメイクにしたほうが長期的にみたら素肌がキレイになっていくはずです。



最初はなれないかもしれないけど、お金かからないし、とにかくやってみてください。



本当に美容成分を浸透させたいなら
クリニックでのイオン導入やメソアクティス(エレクトロポレーション)をおすすめいたします。
ちゃんと理論があって、本当に入っていくわけです。




温泉にいくと、
脱衣場で観察するのがクセになってしまいました。わたし、みています。グラサン



みなさんどうしてあんなにバチバチとたたくように化粧水を勢いよく、たたきつけているのでしょうか?



おそらく、誰にも習ったことはないし、
それが何十年も習慣になっているし、
まさか、摩擦がそんなにもよくないことだとは思っていない、摩擦するなといわれても具体的なもの方法がわからない、んだと思います。



摩擦とは
イコール、微小な、みえない炎症の連続です。


 
いいことはひとつもないと思います。
今日いちにち、摩擦ポイントを探してみてください。



摩擦に気をつけていただくだけで、治療効果もぐ!っと上がることを度々目にしてきました。



ぜひ。ハート



{544B9A6E-D5C8-412E-808D-5747971EBE93}

春休みなので、いとこの子と一緒に。
小倉城まわりを散策。さくらが本当に美しかった!

{B3CE607C-62E9-4BC1-B8B8-0056BFDF144B}

彼らはさくらよりも松ぼっくり集めに夢中でした。ニコニコ


{CD923859-6F79-4212-9D2A-E78BBB589D7F}

わたしはしっかりとサンバリアの帽子で紫外線対策です照れ



Dr.Moeでした。



ケーズ皮膚科 美容皮膚科 
小倉魚町院 
093-967-0632  



ランキングに参加しています(^^)
皆様のクリック応援、はげみになります!







にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村
美容皮膚科ランキングへ