納豆ができた!

テーマ:
今年も納豆作りに取り組んだそうですよ。

今年はさらに工夫して、こぶりなコールマンのクーラーボックスを使用。


昨年は電気温水器のうえに置いたようですが、少し温度不足だったみたいですから。

インスタントポットで大豆を茹でたあと、大豆がまだ温かいうちに納豆菌をお湯で溶かして投入、そしてよく混ぜておきます。


そして薄めのタッパーに、上の納豆菌を混ぜた大豆を三段くらい敷き詰めます。


五つほどのタッパーに分かれたようですが、タッパーの蓋はすべて少しずらしておきます。


(蓋はきちんと閉めると酸素不足になります)


そのタッパーをクーラーボックスに入れます。



そして、70 度ほどのお湯をいれたこの湯たんぽをクーラーボックスに投入。
 


実はこの湯たんぽはかなりのお役立ちアイテム。

これドイツ製なんですが、上ブタを取り、中にお湯を入れれば良いんです。
しかもフタはネジ式できちんとしまります。


さらにこの湯たんぽの利点は、足あたりが柔らかく、中に氷水をいれたら氷嚢代わりにもなるのもいいんです。


以前、彼女が肩を痛めたときにも、これで冷やしたことがありますが柔らかいので、体に当てやすく結構便利でした。


硬い湯たんぽや電気毛布や電気あんかではこうはいきませんからね。



湯たんぽをクーラーボックスに入れて、らにクーラーボックスの上から古い毛布のようなもので、カバーをしておいたそうてすよ。


25時間ほどたってから、タッパーの蓋を開けてみると。。




表面がこのようにうっすら白くなっています。


これでオッケーです!



その後冷蔵庫でさらに二日ほど熟成させたら食べられます!


たくさん作ったときは小分けにして冷凍しておくといいです。


一度納豆をつくれば、この納豆で使った納豆液からさらに次の納豆が作れるので永遠にできることになりますよね。


これで自宅より遠くまで納豆を買いに行かなくてもすみそうです!


卵&納豆&醤油、または納豆&醤油&ネギでいただきたいと思います!