蜂たちの様子と蜂蜜作り

テーマ:


三段目を確認しました。

まず一番上の蓋を開けたら、スモークをかけて落ち着かせてます。
 
そして、フレームを確認していきます。

フレーク同士が、蜂が作ったハニカムがはみ出しひっついていているのか、取れにくいし、フレーク自体はちみつでかなりの重さになっています。


専用の器具を差し込みフレームを持ちげます。




枠の薄黄色の土台に白いハニカムを伸ばし、中にキラキラ光る黄色い蜂蜜をためているのがわかります。




これが拡大写真です。


中に溜まっているのが見えると思います。








結局、この段の全フレーク中、4枠にフルにハニカムを作っていました。


完全に蜜が溜まったハニカムには白い蓋をしていますよ。




これら溜まった蜂蜜は9月の第一週から2週間あたりに、蜂たちから頂くことになると思います。



下の二段の箱の中の蜂蜜は蜂たちのためにそのまま置いておくようです。