カナダのグローサリーストアーなどに買い物に行くと、ケーキコーナーやタルト、クッキーコーナーなどはよく見かけます。

しかしなかなか近所のスーパーにないもの。それはシュークリームです。


カスタードクリームやホイップクリームよりもバタークリームのほうがこちらではスイーツに使うものとしては一般的なので、よけいですね。


たぶん、なんでも距離の遠いカナダ。


時間がたつと、もちが悪いクリームはどんどん一般的じゃなくなり、車でドライアイスや保冷剤がないなか、一時間以上走ってもなんのその!


なんていうタフなスイーツ文化が発達したんでしょうね。


というわけで、たまに食べたくなるシュークリームに初挑戦だそう。






作りすぎ感がありますが(笑)

仕事場にも持っていきたいと思います。


今回は初めてでしたが生地がなんとか膨らんだようです。


バターを沸騰させることで得られる、
シュークリーム独特の膨らませるコツがあるようです。


なかなか奥が深くて面白くて、まだまだ改良するそうです。


これは一度近くのカナダ人の友達にも持っていき感想を聞かせてもらうそうですよ。