いつも拙いブログにおつきあい頂きありがとうございます。

 

先日の「カンブリア宮殿」というテレビ番組で「都心のお寺の永代供養費用(合同墓)が30万円!?」

という触れ込みで築地本願寺が特集されていました。

https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2019/1128/

 

こちらの番組は毎回録画してみていますが、今回は「終活」に関する事もあり早送りせずに注視しました。

 

築地本願寺の運営責任者である宗務長が番組に出演。宗務長就任後、インスタ映えする朝食で人気のカフェや

会員であれば最大1000円で受講できるセミナー・月一回本堂で行われるのパイプオルガンによる演奏会など、

常識を覆す様々な仕掛けを行い、赤字がちだった経営を大幅プラスにしたそうです。

 

その方は銀行マンを皮切りにヘッドハンティング会社経営・そして不思議な縁で僧籍を取得、

その後十年足らずで築地本願寺の運営責任者になったわけですから、「異色中の異色」であります。

 

寺院には無縁だった「マーケティング」の概念を持ち込み、色々な施策を模索中とのことですから、

「築地本願寺」が築地の益々の人気観光スポットになるのは間違いありませんね。

 

今回は一回目ですが「終活アドバイザー」として「終活」にまつわる話もご披露していきます。

 

そう言えば、ホテルマンを皮切りに読売新聞販売店を経営・48才で不動産業を開業した変わった経歴の男がいたなあ。

何かぱっとしないけど。

 

って、それ私ですから!!