※2018年6月25日に投稿した記事を元に加筆修正しました。


次に登場したのは
ストーンミュージックの4人。


「あれ?なんだか見覚えあるな?」と。



『2017年 Mnet ガールズグループ デビューサバイバル プログラム アイドル学校』

アイドル学校を簡単に説明すると
どこの事務所にも所属していない個人練習生を集めてプデュみたいに進めて9人のメンバーを決めたオーディション番組です。

私は1話で脱落してしまいましだが…()

YouTubeに上がる動画は何となく見てたので
アイドル学校で好きな舞台披露を貼っておきますねウインク




あと、ネットをざわつかせた
あの伝説の()Rookieも是非見て下さい。





このオーディションでチャンギュリはプロミス9のメンバーとしてデビューしました。


先生から
なぜPRODUCE48に参加したのか問われます。


ざっと簡単に要約すると
ギュリはひとりだけ練習生期間を経ずにデビューしたため、振り付けを覚えるのが遅く
プデュで多くのことを学んで成長したいと参加を決意したみたいです。




結果はー…。


A:チョユリ
B:チャンギュリ
C:イシアン、ペウンヨン

でした。


その後も日韓の練習生の披露が続き、ついに。


宮脇咲良の登場。





先生や練習生の期待が高かったのですが…。



ソンスヒョン練習生 「期待をしていたのだけど…うん…、」


みんなが思っていたよりも 
あまり出来が良くありませんでした。

クラス分けを行う先生方も頭を悩ませ…。

『HKT48 センター 宮脇咲良の等級は?』



A判定でした。


この判定に


「実はそのようにAを受けるほどだったのか 少しちょっとそんな気がしました」

疑問をもつ練習生もいました。

私もその場にいたら「??」が浮かびますね。




ペユンジョン先生のゴリ推しもあり
宮脇咲良練習生はAクラスへと振り分けられたのですが…。

これ見てるとき
PRODUCE101 シーズン1を思い出しました。




JYPのTWICE候補生だったソミの事務所評価。

周りの練習生たちは口々に「期待していたのですが…」「なぜAなんだろう?」とインタビューで言っていました。

あああああ
ソミだー……、と思いましたね。





『96名 練習生 A-Fクラス分け評価を完了』

これでやっっっとクラス分けが終了ーー!



Aクラス15名。Bクラス25名。Cクラス22名。Dクラス15名。Fクラス19名に振り分けられました。



ニヤニヤ続きますニヤニヤ