隠岐 ヒラマサ | 青物捕物帖

青物捕物帖

ショアから青物を狙う事にのみこだわり続けている、うどんと申します。

失敗は数知れず、ギャフなどのランディングツールも、こだわるがゆえに、自分で設計製作し、今はそれを製作販売する事を生業としております。

ども。

大変おひさしぶりの、うどんです。


今年のうどんさんとしては、仕事の合間を縫ってヒラマサ狙って春頃からボチボチ遠征には行っているものの、苦労してヒット、ヒラマサだと思いきや、ハマチ。。

だったり、

天候のいたずらにより中止。

だったり、

運良く磯には立てても、ただただ風裏でルアーを投げるだけで終了。。

だったり。。。

不満が溜まる釣行ばかりで、ナカナカ釣果にはありつけていませんでした。。



ただ、ヒラマサ狙いではないが、男女群島で、ナカナカ出来ないギャフのテストが出来たのが唯一の救いだろうか。


激流の中、220gのジグで釣れちゃったりw

イメージ 1

ナカナカなデコッパチである。




納竿間際にまたジグで、釣れちゃったりw

イメージ 2

初めて見るが、海外での釣果ではよく見る沖サワラ。



等々、ギャフのテストとしては、ナカナカ良かったと思います。

チーム キングフィッシュの皆々様、ありがとうございました。

今後も、益々のご活躍をお祈りいたします。



さて、こっからが本題の隠岐釣行なのですが、前日からの風の為、かなり荒れており、希望の磯には降りることが出来ず、第二希望の磯に向かうも他の渡船区の釣り人が既におり、どこに行く?って事に。。

前日にヒラマサが好調だった磯なら、昨日の釣り人(ここの渡船のお客さん)が降りているので、一緒にやられてはどうかと提案があったのだが、ワタシの思う条件とは真逆なシャローエリアだし、ヒトの釣果パターンにオンブにダッコではツマラナイ!

なので、あえて前日の釣果とか関係無しに、ワタシの思う条件に近い所を探してもらった。

その条件とは、基本水深は深めで、なおかつキャスト範囲にブレイクがあり、かつ、流れのあるエリアである。


タマタマ割と近くにあり、どうも先客もいないようだ。

加えて、ブレイクがキツく、その右側には割と浅い瀬があるらしい。


今の時期だと、ブレイク沿いにベイトが流され、瀬になった所に溜まり、それを狙って食いに上がってくるヒラマサがいるはずで、取り込むのに多少苦労するかも知れないが、何よりも自分の読みに対する答え合わせが出来る事が最高に楽しみだし、これで釣れなくても悔いは無い!

しかし、風向きの変わる予報から、長くてもお昼までと言う条件付きだが、あえてそこに降ろして貰うことに。


ただ、イロイロ彷徨った後なので、時間は既に9時になっている。(汗)



いつもなら、まずジグで地形、水深、ブレイクの入り方、潮の流れ方などを把握するのだが今回は時間が無いので、いきなりプラグからスタート。

タックルは、ブレイクがキツイ場所らしいので、MCワークスのRB106ⅩⅩと、ステラ18000HG。

PE5号にナノダックス170lb。

イメージ 3

とりあえず、相手に一ミリも譲るつもりはないタックルであるw


BF60を結び広い範囲を通していくが、反応が無い。


しばらくすると、僅かだが、流れが出来て来た。

そこにティンバーロングを通す。


すると、出た!!

が、乗らない!!!

が、やはり流れと、ブレイク(たぶんw)が絡んだ所だ。


船長の話だと大きめベイトは抜けてしまっているらしく、最近は小さめのベイトがメインらしい。


なので、小さいプラグを使う方がより深いバイトが得られるハズだが、ハリも当然小さくなる為、ココゾと言う時に、無理が利かなくなるので、あえてのいつものサイズで通す。

特にココはヤバそうなニオイがプンプンだから、なおさらですな!(笑)

プラグのサイズが下げれないので、せめて移動距離だけでも少なくする為、ポッピングのストロークを短めに通す。

出た!!

が、また乗らない。。。

本意ではないが、試しにガンマ45を結び、ちょこまかドックウォークさせてみる。

チョット飛距離が足らないのか、ナンなのか沈黙。。



BF60に戻したら出るが乗らず。。


ならばティンバーロングに戻して、控えめにポッピング!!


おおう?ムシか?。。


ある程度のアピールは必要なのか?


出るところは大体分かっているので、強めのポッピングで引いてきて食わせのポイントに来たら強め短めのポッピングで、出た!


しかも、乗ったし!ww

アワせと同時に下に潜って行くのでヒラマサだと確信!

更に追いアワセをくれてやり、サイズを確認。


獲れないサイズではないと判断、一気にゴリ巻きする。

多少磯際で抵抗するものの、竿のパワーでこっちに向かせ、そのまま抜き上げようとした時に、ヒラスズキバリのヘッドシェイクをされ、空中でルアーを弾き飛ばしていた。。

脳内にはアドレナリンが分泌されていたのか、私にはやたらスローモーションに写って見えた(笑)

久しぶりのゴリ巻きで乳酸が溜まった腕が重い。


んが、落ち込んでいるヒマなど無い!

キャストして、ポッピングしながら、考える。

食いが浅いからってのもあるのだろうから、次は少し走らせてみようか?


考えも纏まらない内にまたヒット!

しっかりアワせて、相手の動向を見る。

迷うことなく下に潜ろうとしている奴は、さっきより少しエエサイズっぽい!


今度はドラグを緩めて走らせる。

少しでもラインが当ったらすぐにベイルを返せる様に神経を研ぎ澄まして待つ。



が、突然テンションが抜ける!!

えっ!!??

と思うが早いか、後ろの磯に倒れ掛かるのが早いか、とにかく何のマエブレもなく切れた。。

ラインを巻き取ると、リーダー2ヒロ半位残っていたので、ルアーのすぐ上辺りで切れたのだろう。


イメージ 4

ブレイクにイカれたみたいで、170lbもスパッと一撃で切れてる。

むしろ清々しい感さえする切られっプリだw


も一度ルアーを結び変えるのが一番早く戦線復帰できるのだが、どんなに太くても、ナイロンは、ナイロンである。

次も同じ事になるかも知れない。

かと言って、ゴリ巻き一辺倒のパワーファイトでは今日の感じだと食いが浅いため、身切れや、ハリ外れなんかでランディング率は更に低くなるかも知れない。

それよりも何よりも、魚にルアーを付けたまま切られるのが一番ダメな事だと思っている。


ならば、時合が過ぎてしまおうと、飛距離が足らなくてバイトに持ち込めなかろうと、今できる手段は、更に太いラインと、フロロを使う以外に無い!


18000の予備スプールにはPE8号が巻いてあるのだが、リーダーは210lbと、かなり太いがナイロンだ。

リーダーを結び換えても良いのだが、時間も無いし、スピニングの場合太いラインだとスバラシク飛距離が落ちるので、フロロを結んであるベイトを使う。

風が若干ウザイが、今までやって来た事を信じてやるしかない!

イメージ 5

竿は、クワトロブラック 100MHX ベイトバージョン 
リールは、ブルーヘブン L120N-HI L PE8号+ケプラート15号20mフロロ150lb 3ヒロ


ティンバーロングが無くなったので、他のルアーで当たりがあったのは、BF60のみ。

あとは、食わせのタイミングを調整出来るかどうかだが、できるのか?



いや! やるんだよ!!

と、自分に言い聞かせ、キャスト!



ベイトとはいえ、明らかに飛距離は落ちるが、何とか届く。



動かし方は、強く、短めに、それでいてミスダイブをしない様に、丁寧に、丁寧に。

回り込んでくる風が増えるに従って、ウネリも大きくなり、ウネリに合わせてシビアなコントロールが要求される。


やっぱ、ティンバーロングじゃないとアカンかあ?



と、諦めかけた頃に、水面が盛り上がる!!

きぃっつたぁっ!!!


全身の毛が逆立つ様な武者震いを抑え、冷静に重みがロッドに乗るまで待つ!



時間にして0コンマ何秒なのだろうが、凄く長く感じる!!


ロッドに、ヤツの生命力を感じた瞬間、身体が反応してフッキング!!!
よしっっっつ!!!


全力で抵抗するヤツをなだめる様に、反転した時のみドラグを緩めては、すぐに止め、また反転した所を、少し緩めては、すぐに止め、そのままずり上げて御用!



イメージ 6

おお。。

以外にガッチリフッキングしてたんだね。。

早く言ってよ。。

(笑)


その後、更に風は強く、予定より早い11時前には移動する事になりましたが、何よりも安全第一ですからね!

イメージ 7

久しぶりの再会なので、ブツ持ちを。。


イメージ 8

活躍したロッド達。

もっと特性を活かした使い分けが出来る様にならないと、ランディング率は上がらないよね。。

今後の課題です。。



イメージ 9

今回のヒットルアー。

また、ティンバーロング買わなきゃ。。。

ああ。凹む。。。
イメージ 10

隠岐のヒラマサ。

抜群の脂のノリで、いつもの所のヤツとは、比べ物にならない位旨かった。

隠岐の恵みに感謝ですね(*´ω`*)
しかも、香川から、めっちゃ近いので、またチャレンジしたいと思います。