体調を壊したとき、

仕事がうまくいかない時、

人間関係がこじれたとき、

唯一、そばにいて、味方でいてくれているのは、

主クリシュナのみ。

病となって、孤独感を感じても、

この方、クリシュナだけが救って下さると、

信じて疑わない。

そうあるべきだ。