途中まで書いて放置していた記事が、6月30日にフライングアップされてしまい、急遽仕上げる事に。(笑)

 

 

あまりの忙しさで、4カ月もブログを放置してしまった。笑い泣き

 

幸いというか、適切な表現の仕方が難しいのだけど、私の業界はこの状況下であっても売上にさほど影響がなく、まだ助かっている感じ。(EC事業者に限る)

 

3~6月期は、昨年度と比較して150%アップだったため、補助金とは無縁になってしまった。

 

しかしながら、テキスタイルを中心にしていたり、店舗小売を主にしている同業社は、少々苦戦しているとの話を耳にした。

 

 

タイの話になると、7月中旬からワークパーミットを持つビジネスマン他限定された方々に限り、入国許可が出るとの事。

しかしながら、我々一般人へのVISAはまだ先という。。。。。

 

私はまだ8月の渡航を諦めていない。(笑)

というのも、本来なら5月輸入予定だったものが8月末頃にズレコンデしまい、その検査と支払いに行きたいだけなんだけど・・・笑い泣きおいで

 

海外送金の場合は、Transfer wise一択ではあるが、、、、

 

 

インドネシアに関しては、8月から行けそうだが、エアラインはガルーダ一択。(笑)

入国前にPCR検査があり、結果待ちの間の3~4日専用ホテルでの待機で入国可能。

※日本出国前72時間以内のPCR検査陰性証明書は絶対条件。

 

関空まで車で行けば、なんとかなる感じだ。(爆)

 

 

 

 

さて。

 

7月に入り、仕事が少し落ち着いたという事で、今回は「おもいこみ」について書いてみようと思う。

 

 

今でこそこんな仕事をしている私だけど、開業した当初は30代前半で、ノリ?というか馬力もあったんで、「きっと成功するな」みたいな「おもいこみ」でスタートした。

 

50代になった今では、そんな馬力も全くないんで、新しいアクションを起こしにくくなったよね。。。。笑い泣きおいで

 

しかしながら、あの「おもいこみ」=「勘違い」があったからこそ、今があるのも事実。

 

たくさんの苦労はあったが、今も続けていけているということは、あの「勘違い」が良い結果に繋がったんだと結果的に思う。

 

 

似た話で、高2の時の彼女だけど、バイト先に遊びに来たり、学校内でよく目が合ったりしたんで、「あれはきっと気があるんだな?」と思ってて、バレンタインデーに告白された事がきっかけで付き合うことになったんだけど、付き合った後でその話(ずっと気があったんじゃないか?)を調子に乗って話してみたら、

 

「は?何言ってんの?

それはあんたの方でしょ?

私はきっと断られないと思ったから告白しただけよ?

高校あと1年だし、彼氏いないのもだしね~おいで

 

 

ただの私のおもいこみ(勘違い)だった。滝汗(笑)

 

 

 

ここまでの「おもいこみ」は、「他人に迷惑をかけず結果は自己責任」となる形。

 

 

しかし残念なことに、「おもいこみ」によって「人に迷惑をかけ信頼を無くす」という形もあるということについて記事にしたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

この件については、私のプライベートでの出来事を書かせてもらおうと思う。

それは自分のプライドのためでもあり、いつかその人がこの記事を読んだ時に真実を知って多少は反省(笑)してほしいと思ったからだ。笑い泣きおいで

 

 

 

以前記事にしたのか覚えてないんだけど、私と似たビジネスを2年ほど前?から始めた知り合いがいる。

 

最初は、メイン商材は私からの卸で、彼は小売りをしていくスタイルで行く事に。

彼が個人的に現地で仕入れたいものについては自由。

 

まあ、良くあるスタイルの話だ。

 

 

メイン商材を私の会社から仕入れるということでもあったため、詳細や私のスタイルを知ってもらうために、インドネシア・タイにおける私の取引先(一部)へもお連れした。

 

通常、仕入先は絶対に教えないのだが、彼を信用していたため、タイ・インドネシアで各1社ずつ同行。

合わせて、インドネシアにおいては、日本人エージェントも紹介し、小回りが利くように全てのお膳立てをした。

 

 

と、、、、、ココまでは良かったのだけれど、

その1年後?ぐらいに問題が発生。

 

 

 

何があったかというと、以前私が連れていったインドネシアの取引先に商品のオーダーをしたことが分かったからだ。

 

 

過去に戻ると、私が何故その会社に連れて行ったのかというと、その会社はショールームを持っていたため、商品知識として説明がしやすいと思ったからであり、仕入先の紹介をしたわけではない。

 

 

最初にも書いたが、普通に考えて、世界中どの会社を取っても、客に仕入れ先を教えない。

 

 

なので、常識的に考えて「その会社に行ってはいけない(仕入に)」ことぐらいわかると思っていた。

 

 

 

そのことについて、「それはルール違反じゃない?」 と話をしたところ

 

 

「あの会社はみんな(日系のいろんな会社が)使ってますよ?」

 

と言われた。

 

 

 

実は業界的に、みんなが知っている仕入れ先というものが2社存在する。

 

何故この2社をみんな知っているかというと、10年前までは同じ場所(厳密には市場内)にあったためだ。

しかしとある事件があり、今でも一部は残しているが、その2社は全く異なる場所に移転したという歴史がある。

 

そんな話も、昔から貿易をしている人しか知らない事なんだけどね。

 

なので、業界的に「みんなが知っている仕入れ会社」は、ほぼこの2社であり、それ以外の会社はみんなバラバラというのが実情だ。

 

まあまれに他社とバッティングすることがある可能性もあるが、それは地域が限られる。

 

 

 

なので、「みんな(日系のいろんな会社が)使ってる」ことは、100%無いのだけれど。

※日本人バイヤーは私しか来ていない事を確認済なため。

 

 

これは私の勘なんだけど、その人に会社説明に打ち合わせに行った際に、在住でVillaを経営している日本人老夫婦に出会いお話をさせていただく機会があった。

 

なので、

「その会社で日本人に会った」=「みんな知っている」

と、勝手に思い込んだのではないだろうか?と思う。

 

 

 

 

この話を彼にしたときは、友人という立場で話をしたため、やんわりと話したんだけど、最後は

 

「みんなが知ってる会社なのに、行くなというなら行かないけど、納得はいかない」

 

と、言われた。

 

 

おもいこみと勘違いにもほどがある話だ。笑い泣きおいで

 

 

 

 

●みんなが知っているという証拠は?

 

●その店はどうやって知ったの?

 

 

 

 

エージェント会社はたくさんの顧客を持っているため、情報をいっぱい持っているが、他社の取引先は絶対に教えない。

取引先は企業にとっては命だ。

ペラペラ教えるエージェントだったら、二度と取引はしないしね。

 

 

 

 

日系の商社などを通さずに、ダイレクトに外国の企業と取引した事がある方はご存じだと思うが、その会社が信用できるかどうかの判別に最低2年はかかる

 

私の場合は、全て発展途上国との取引なので、見極めがとても難しい。

最初のころは散々騙されたし(笑)

 

 

 

彼に教えてしまった1社は10年以上の付き合いで、品質管理について何年もかけて私がスタッフに教育してきたという苦労のもとに、今の品質が成り立っている。

 

 

ある意味「私が注文した商品だけ」は「私が教えた品質」なのだ。

 

 

フェアトレードとして、私の商品は20%の品質管理チャージを別途支払っている。

その分は会社の利益ではなく、頑張った工場のスタッフのボーナスとして支払い、モチベーションが上げるように。

なんせ、工場のスタッフの激安月給(約1万5千円/月)で、私のクレームを追加されたんでは、全くやる気にならないし言う事を聞かない。笑い泣きおいで

 

 

スタッフが高品質の商品を生産する

下矢印

日本でそれが売れる

下矢印

オーダーが増えただけ、スタッフのボーナスが出る

下矢印

みんな頑張る。

 

 

 

この構図は、規模の大きい会社の場合だけなんだけど、全ての会社に共通するのは、社長もしくはマネージャークラスとは、仕事以外の面でのプライベートの付き合いもするようにしている。

 

女性の場合は家族みんなで食事に行ったり、男性の場合はオキヤに行ったり(笑)。

その他、モスク(礼拝堂)に行ったり、バリ島ならヒンズー教の祭事に参加したりと。

 

 

 

よく言う話かもしれないが、取引先の中には「日本人の知り合いは私だけ」という会社が多い。

彼らにとって、私は日本代表だ。日本

 

私というフィルターを通して、日本人像をイメージするため、「やっぱり日本人は凄いよね」と思い続けてもらいたいと、10年ほど前からプライドのある行動をするようにしている。

 

今でこそだが、最初はそんな余裕がなかった笑い泣きおいで

 

 

 

 

そうやって、20年近くかけて築き上げてきた信頼関係のベースの上に、「商取引」を乗せて貿易をする形が私のスタイルだ。

 

日本においては同業者の付き合いもあるが、みんなお互いに「どこの会社を使ってるか」は絶対に聞かない。

一番良く出る話題は「品質管理」と「教育」についてなんだけど、これは最終的に「永遠の課題だよね」 で結論つけられる笑い泣きおいで

 

 

 

話が長くなったんだけど、「おもいこみ」で勝手に他社の商圏に入り込むのは、事業者としては失格だ。

 

 

インドネシアは産業が多いため、星の数ほど会社がある。

「みんなが知ってる会社」なんてことを、もし同業者に話したら「??」と言われる事だろう。

 

 

というか、この業界は新規参入者を相手にしない。

最低10年以上経営を続けていないと、先輩企業はスルーだろう。

 

というのは、新規参入者が一番知りたいのは「取引先情報」だからだ。

15年ほど前は新規参入が多く、情報の泥棒が度々現れた。(笑)

 

中には倉庫を探し当て、外装マークから仕入れ先を割り出したツワモノまで存在した。笑い泣きおいで

 

老舗の立場から言って、こういう人(新規参入者)との接点には何のメリットもない。

どーせ2.3年で終わるんだろ? という目線で見るからだ。

 

 

10年生存率は5%の世界。

10年以上経営が続かないと、だれも相手にしないのだ。

 

 

 

 

 

なので、今回改めて学んだのは

 

 

いくら異業種の友達であっても

仕入れ先は見せてはいけない

 

 

 

 

 

そんな彼なんだけど今では、私の会社の商品をコピーして作って販売したり、WEBSITEを完コピしたりと、やりたい放題。笑い泣きおいで

 

 

私が10年以上前から販売している定番品で、数千個の販売実績がある商品だと知らずに、コピーして制作し「当店オリジナルです」とうたって販売しているようだ。おいで笑い泣き

 

 

無名の会社なので、まあ何をやっても誰も気に留めないんだけど、万が一私の会社のお客さんが見たら怒ると思う。

 

「私は10年前から持っているんだけど?」と・・・

 

 

 

 

 

 

思いのほか愚痴が長くなってしまったので、話をまとめると

 

「おもいこみ」の結果には2種類あり

 


1 他人に迷惑をかけず結果は自己責任

2 人に迷惑をかけ結果は信頼を無くす



 

「おもいこみ」は非常に大切なもので、「褒めてのびる」もおもいこみから来るものだ。

 

「勝てると思ってパチンコに行ったら負けた」なんかもそうだけど、自己責任だよね。えー

 

 

 

しかし、人間関係などが一番多いんじゃないかと思うが「間違ったおもいこみ」が原因で、人に迷惑をかけるとか、最近よくある顔が見えない事を逆手に誹謗中傷の矢を飛ばしまくったりもこういう事が原因だったりする。

 

 

私はミニバスケットのコーチをしているので、たまに言うんだけど

 

頭の中で分析する時間を作る。

 

 

 

 

社会もチームみたいなもんなんで、自己中的な「おもいこみ」ではなく、思い込みに対する「裏付け」をとって、自分自身で行動に責任をとることが大事だと思う。

 

 

 

 

 

 

タイに行き始めた頃、笑顔で手を振ってくるタイ女子を見て

 

 

おや?

俺に気があるんじゃ?

 

 

と、勝手におもいこんでいた私がいた。笑い泣きおいで

 

 

 

 

 

不定期につづく・・・

 

 

 

 

是非!
応援の2クリックを、頂戴できれば幸いです!

にほんブログ村


人気ブログランキング

いつも応援ありがとうございます。

 

 

*******************************

 

 

 

初めてブログを読んでくださった読者様へ。

過去の物語を、分かりやすく分類しました。爆  笑

 

クリック(タップ)で、第一話からお読みいただけます。

タイムテーブルとしては上から順番がベターです。

Lvは当時の私のタイレベルを表してます(笑)

 

 

≪タイに絡んだ話≫

 

■Lv.0)はじめてのタイ
 バンコクの事を聞いた日・始めて行った日の話

 

■Lv.0)人生を変えた出会い・飲み会
 アジアの風俗を知るきっかけになった出会い

 

■Lv.1)初めてのソイカーボーイ
 2012年9月 私は初めてGoGoBARデビュー

 

■Lv.1)初めてのテーメーカフェ
 テーメーカフェにハマった事から始まった

 

■Lv.1)初めてのタイ人との恋愛(アミ編)
 初めて心を振り回されたフリーランサー”アミ”

 

■Lv.2)素人タイ人との恋愛(アニー編)
 一番最初の一般女性の友達”アニー”

 

■Lv.2)素人タイ人との恋愛(マリー編)
 純粋に愛情がヘビーだったナースの”マリー”

 

■Lv.2)素人タイ人とのデート
 サイトを通じて出会ったタイ人との交流(純粋な恋)

 

■Lv.2)素人タイ人との遊び
 遊びで会った一般タイ人の思い出(パネマジなど)

 

 


≪私の過去の話≫

 

■自立できない自己中女 全21話
 史上最悪の女「美奈」との波乱の物語

 

■第二の故郷大阪 全46話
 甘くも辛い、大学生時代の思い出