結局だが、アルバイトが見つからなかったのだ。

 

 

で、代わりに夜のバイトだった「しょうーちゃん」が、私が就職活動中は、昼夜通しで入ってくれることに。

 

 

 

 

なので、ママからは

 

 

とっとと就職先を探せ

 

 

と言われた。

 

 

 

 

当時はバブル後期のため、毎日のように就職活動の雑誌?会社説明の案内本が無数に送られてきた。

 

置き場がないぐらいで、週一で廃棄しないといけないぐらい。

 

 

 

最初は、大阪での就職をと思い、会社名は忘れたが、梅田の新阪急ホテル?での会社説明会に行ったりしたんだけど、一流企業だったせいか、リストには神戸大・大阪大とか書いてあるんで、コレは無理だな・・・^^; って感じで、大阪ではガッツリ?就職活動をしなかった。

 

合わせて、バイト休みが欲しいってのも言いにくく...なんだかんだで6月になってしまった。

 

 

 

クラスメイトは少しずつ内定をもらっており、このままではヤバいな・・・ってことで、大阪での就職を白紙にし、地元企業で大阪支店がある会社を探すことに。

 

 

該当企業が2社あり、地方ではあるが共に一部上場企業。

 

 

 

2社とも会社訪問をさせていただいたのだが、1社は地元の同級生が多数勤務していることが分かり、将来同級生で上下関係ができる事を避け、もう1社の企業に。

 

3日後に入社試験があると言うので受ける事に。

 

 

この企業から内定をもらったため、簡単に就職活動を終了した。(7月中旬に終了)

 

 

 

後に・・・・もっと色々考えてやればよかったと後悔した(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ある日。

 

 

純二と一緒に電車に乗っている時に、こんな話があった。

 

 

こないだな、ツレの家に何人が集まって、ビデオ(映画)を見る事になり、一人天然の友人がいるらしく、そいつを少し騙してやろうということになったそうで。

それは、「デッキが声に反応する」という設定にし、陰でリモコンリモコン操作をするものだった。

そして、その彼は上手く騙せたと。

 

 

 

途中の駅で健治と一緒になり、1限目の授業がなかったため、始まるまでの間、私の部屋に3人が来ることになった。

 

 

 

 

純二に

 

さっきのアレ、健治にやってみいひん?(やってみないか?という意味)

 

 

すると、イイね~ ということで、私が説明役・純二がリモコン役に。

 

 

 

 

部屋に来て、少ししてから

 

 

私: 健治。このビデオな、音声多重やねん。(その時はこう言ってしまった笑い泣き

 

声に反応して、動くねん。

 

 

 

 

健治: ほんまかいな? そんなんあるん?

 

 

私:あるある。

 

 

私:でな。 プレイ!

 

 

すると、デッキが動き出して....

 

 

ウイ~~~~~ン。パッ

 

 

映画が再生された。

 

 

 

 

私:な?すごいやろ? でな ストップって言うと止まんねん 言ってみ?

 

 

健治:す・スト~ップ!

 

 

 

ウイ~ン。シュン.....

 

 

 

 

 

健治: マジで? めっちゃスゴイヤン! どこに売ってんの?

 

 

私:あ!コレか? ジョーシンに売ってんで。

 

 

 

そんな事をしながら、我々は映画を見ていた。

 

 

 

 

が・・・  ここで事件が・・・

 

 

 

 

純二が途中で自販機へジュースを買いに行った時に、健治が

 

 

 

スト~ップ! スト~ップ! 

 

ん? おかしいな?反応せえへんで? 

 

 

そう叫び始めた。笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

 

 

不覚にも、純二が自販機に言ってる間に、私はリモコンリモコンの場所が分からなく、操作ができなかった。

 

 

 

ウエイト!!

うえいと~!!!

 

 

 

 

健治は、ムキニなって叫んでいる。笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

 

 

そこに、純二が帰ってきた。

 

 

 

純二: どないしてん?

 

 

健治: あんな。止めようおもって言うねんけど、反応せえへん。 壊れたんちゃう?

 

 

 

純二: 健治・・・・・スマン!!  コレやねん。滝汗

 

 

 

そう言って、健治にリモコンリモコンを見せた。

 

 

 

 

 

 

健治: ま・まあ....分かっとったで。。。。 

 

 

 

 

そんな子供だましのジョークに騙される健治が好きだった。

 

 

 

 

 

アレから28年が経ち、

 

この「声に反応するビデオ」だが、今はもう現実のものとなっている。ウインク

 

 

Siriなんか超スゴイヨネ!

 

 

 

20年後はどんな未来だろう。

 

 

 

つづく....

 

 

是非!

応援のクリックを頂戴できれば幸いです! 

いつも応援ありがとうございます。照れ