時が経つのは早いもので...

 

大阪での学生生活も最後の年に。

 

 

4年間の大阪は、あっという間だった

 

 

 

あっという間といえば、

今の彼女に出会ったのは去年の5月。

 

付き合って1年半が経った。

 

タイでの恋愛としては最長記録を更新中だ。ニコニコ

 

 

 

去年、私は初めてロイクラトンに参加した。

 

この日、彼女に会ったのは3回目だった(笑)

 

あれからもう1年が経ってしまった。笑い泣き

 

 

 

 

 

この連載を初めて1カ月経ったんだね^^;

 

ブログでココまでの3年間を書くのも....

あっという間だったなぁ。。。。ウインク

 

 

 

 

 

 

4回生ともなると、さすがにクラスの名前と顔が一致してきていた。

 

 

何故かというと、人数が少なくなったからだ笑い泣き

 

入学当時は私のクラスは153人いたのだが...

 

 

4回生の時は、なんと、たったの48人に。(爆)笑い泣き

(※卒業したのは47人笑い泣き

 

 

 

気が付いたらこの人数だったんで、どんな奴かいたのかよく知らないが、ほとんどが退学してしまったようだ。

 

それほどまでに、夜、大学に通うということは過酷なものだった。

 

 

 

以前も書いたが、私はこの3年間

 

7時から4時までミナミで働き、5時半から10時半まで大学で勉強。

 

これを月曜~土曜まで、春/夏/秋/冬休みを除いて、ずっと続けてきた。

 

 

 

一番辛かったのは1年目。

今までの人生で、一番辛い1年間だった。

 

 

 

大阪に慣れない田舎者が、勉強も分からず、人に馴染めず、逃げたい気持ちでいっぱいだった1年目。

 

 

 

あれから色んな事があったが、あの時を思い出せば、大概は乗り越える事が出来た。

 

今からの残りの人生も、アレ以上の苦労は無いだろうと思う。

 

 

 

 

最初の1年を乗り切った結果だと思うが、2年目・3年目と、本当にいい人達に巡り合うことができたと思う。

 

 

 

 

4年目に突入した頃の私は

 

大阪の人間味が大好きになっていた。

 

もし、大阪が地方都市だったとしても、

同じ気持ちになっただろう。

 

 

 

 

 

4回生になった私だが、

 

この3年間みっちり学校に行っていたおかげというか? 2部の3年間の授業スケジュールが過密すぎたのか? 卒業に必要な単位の90%を既に習得していた。

 

 

1回生の成績の時にも書いたが、私はどうしてもある教科の単位が取れずにいた(笑)

 

結局4年かけてその単位を取ることになるのだが...

 

 

4回生の時の授業スケジュールは、過去3年間と比べ物にならないぐらいユルイ構成になった。

 

 

そのため、普通の大学生のように、空きの授業ができたりした。

 

4回生から、卒論のためのゼミも始まったこともあり、今までの3年間、薄い付き合いだったクラスメイトとこの「空きの授業時間」を通じて、一気に距離が縮まる事となった。

 

 

 

親友となっていったのは、この6人(一部仮名)

 

■健治(豊中出身/推薦入学/登校初日に一緒に教室を間違えた/ヤンキー)

 

■純二(堺東出身/推薦入学/過去に腹部を刺された経験がある彼女がいる)

 

■細見(樫原出身/推薦入学/言う事は真面目だがタダのスケベ)

 

■山川(吹田出身/推薦入学/彼女が高校生のロリコン)

 

■原西(樫原出身/推薦入学/4年間成績はALL優/女遊びが激しい)

 

■長野(堺市出身/付属高校から入学/島田紳助っぽいみんなのまとめ役)

 

全員が大阪府民だった。(爆) 

 

そして

■私(田舎者/推薦入学/この中で一番勉強ができなかった)

 

 

 

 

4回生になると、今まで無かった事をしなくてなならなかった。

 

 

それは... 就職活動 だ。

 

 

就職活動をするということは、私の場合はどういうことかというと....

 

 

バイトを休まなくてはいけない

 

ということだった。

 

 

しかし、この時点では私が休んだ時の代わりがいないため、簡単に休むこともできず・・・かといって就活しないと、私はフリーターになってしまうわけで・・・・

 

 

そうして、私の大阪4年目が始まるのであった。

 

 

 

 

つづく....

 

 

是非!

下矢印応援のクリックを頂戴できれば幸いです! 下矢印

おねがい いつもありがとうございます おねがい