文系の私が

 

その大学の

理系を選択した


最大の理由..

 

 

 

 

それは...

 

 

 

 

 

私はその大学の

2部

に合格していた。

 

 

 

この「2部」って知ってますか?

 

 

簡単には 夜間 だ。

 

 

 

いきさつだが...

 

 

本当はこの大学の経済学部を受験しようと願書を取り寄せていた私。

 

しかしながら、県外の私立へ行った場合、仕送り+学費合わせて当時でも4年間で約800万円以上を要した。

 

 

私の両親だが、共に高校も行っておらず中卒だった。

そのため、わが子にはできるだけの事をと思って育ててくれたのだが、地元の国立大であれば学費は私立高校よりちょっと高い程度なので何とかなったのだが、県外私立大となると、その数倍の金がかかることが分かった。

 

※私は5教科マンベンニ勉強してなかった^^;

 

 

そして、たまたま大学の資料の中に「2部」という項目を私は見つけたびっくり

 

 

きっと私の同級生でも「2部」を知る者は少なかっただろう。

 

私もたまたま見つけただけで、全く知らなかった。びっくり

 

 

 

1部は全日制・2部は夜間 となり、

 

一般的に大学と言うと、この「1部」をいう。

 

 

 

2部学生だが

 

・スポーツ推薦の学生

※日中は部活動・夜は勉強

 

・働きながら大卒資格がほしい人

※実際、会社員もクラスにいた

 

・安い学費で大卒資格がほしい人

※私のケース

 

・1部の滑り止め

※2年生進学の時、成績で1部に編入可

 

 

このパターンの人が、2部学生だった。

 

 

だから、偏差値は2部の方が低い笑い泣き笑い泣き

 

 

 

 

 

私から見た「2部受験/入学」のメリットは

 

●学費が激安だった。

※当時の国立とほぼ同じ学費だった。(約40万/年)

 

●入学金が5万か?10万だった。

※1部は100万近かったんじゃないかな?

 

●卒業資格が全く同じだった。

※4年間で学士を所得

 

●就職の時、文系より理系の方が売り手だと思っていたため、理系に進学したくなった。笑い泣き

 

●工学部の推薦入学の受験内容が簡単だった(爆)

 

 

 

 

最大の魅力は

学費の安さ

だった。

 

 

 

国立に合格できる脳みその無い私にとって、「私立で国立並みの学費」は決定的な部分であった。笑い泣き

 

 

 

 

だから、私は

 

この大学の、この学部

 

しか受験しなかった

 

というか、

 

ここしかなかった

 

 

 

 

 

 

私は両親に

 

大阪の大学に行きたい。

学費だけはお願いしたい。

 

昼間働くから仕送りは要らない。

 

それで必ず4年で卒業する。

 

 

そう言って、了解を取った。

 

 

 

 

 

何度か、学校側と担任との話し合いがあったのだが、私が全く諦めないため、高校は渋々入学許可を出したのだった。

 

 

 

ちなみに・・・

一緒に受験した波多野君は推薦/一般ともに受からず...一浪することになったようだった。(その後は不明)

 

 

 

 

そして、私は

 

昭和63年3月

 

ハイエースに荷物を積んで

 

大阪に来たのだった。

 

 

 

 

 

 

大都会大阪


激動の4年間

 

を暮らすのだが...

 

 

 


この時の私は

 

昼は労働

夜は学校

の過酷さ

 

そして

 

理系の難しさ

 

を知らずにいたのだった。。。

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

是非!

応援のクリックを頂戴できれば幸いです! 

 

いつも応援ありがとうございます。照れ