KRAZy TOPICS

<< KRAZy Web Magazine Blog >>


テーマ:
今回はちょっと趣向を変えて、MOTO1のマシンを紹介します。

ちょっと気になったマシンたちです

(MOTO1 HPに紹介されていないのをピックアップしました。あのHPような詳細はないけど。あれすごいよね。ホント参考になる。)



$KRAZy TOPICS



$KRAZy TOPICS

              moto2 class #24橋口一馬 / KX250F / D-GARAGE & BRAINS + MY Techno


 このマシンは速いです。以前から気になっていたんですが、ホントに速い。

 Motegiのホームストレートでも、目視で速いのがわかります。

 これは最終コーナーの立ち上がりが上手いというライダーの技量も関係するのでなんとも言えませんが

 けっして並のマシンじゃないですよ。さすが、福岡のDさん。

 BRAINSという名前がチーム名に入っていますが、オイルメーカーの名前です。

 機会があれば乗ってみたいマシンです。


$KRAZy TOPICS











$KRAZy TOPICS



$KRAZy TOPICS

               open class #300 高山直人 / Club Moto Roman / CRF300MotoRoman


 そうです。マシンでやっぱ気になるのはこの300ccのマシンです。

 300ccでヨンゴー(450)やそれ以上と互角以上に戦ったマシンですからね。

 今回のMotegiは、かなり不利なんじゃないかと否定的に見ていました。。。

 特に最高速の出るホームストレートとそのまま入リ旋回&加速の1コーナー。


 結果は、ホームストレートもそれほどの差はつかなく、むしろブレーキングでかせぎ(「車体が軽いため我慢できる」と高山選手)

 長くつづく1コーナーの間でも加速しながらの旋回ができるようで、前車との差をツメることも出来てました。


 これも、ライダーの技量もあるのでなんとも言えないのですが、そのライディングを引き出せるマシンである。

 という事実はあると思います。



 このような考えは古くからあります。四輪ですが、ロータスが昔からやっています。

 60~70年代のはほとんどこの考え方がベースのようです。

 以前ロータス11というマシンに乗ったっことがあるんですが、エンジンは小さく市販のエンジン

 そこに最新のシャーシを組み合わせたライトウェイトレーシングカー(ナンバーはついています。ちゃんと。公道用でもある)

 エンジンはFIATの1000くらいだったかな。(エンジンはパワーをあげるんじゃなく、ピックアップのみを良くしてあった)
 
 軽く小さな車体と、ひきしまりつつも良く動くサスで、すんごく面白いクルマでした。

 自分はクルマもまるで乗れませんが、ちょっとバイクに似ていたです。腰で乗るかんじ。

 峠と小さなサーキットを走りました、挙動はクイックでちょっと怖い。

 ですが、慣れてきたら思うように操れます。軽い車体と、必要に応じて動くサス、ピックアップのいいエンジン

 がコントロール性をあげていて、思うように動き楽しくさせてくれるんだそうです。

 
 
話はもどって。

 CRF300は一度試乗したいな~。

 大きなバイクが流行っている今、このバイクは僕らが忘れていたことを提案しているのかな。。。

 ってかKTMも350だし、これが最新、てこと?

 こういうのは、レーサーに限った話じゃないと思うんですよ。。。


$KRAZy TOPICS




 






 $KRAZy TOPICS



$KRAZy TOPICS

                  pro class #5三苫進 / C.G.PHANTOM モトぼっちRR / YZ450F


 三苫選手のマシンです。あのファントムさんとモトぼっちRRさんが作っています。

 三苫選手っていうとCRFの印象があるけど、いろんなマシンに乗ってます。

 KTM、アプリリア(この時もいいタイムでました。クラッシュに巻き込まれて怪我しちゃったけど)

 DRZ400改というのも。

 全体に言えるのは、このYZになってから安定して本領発揮、結果にもつながっています。

 ただし、スライドからの立ち上がりに苦労しているように見えますが、それ以外はCRFのときよりカラダの下にある。

 感覚的にいうとコントロール下にあるかんじでしょうか。ヘアピンでは苦労しているみたいだけど。

 チーム名にある「モトぼっちRR」と言えば、moto2#3の森本選手のYZ250もです。これも速い!

 MOTO1 Ustream放送で三苫&森本のコンビはここで生まれています。モトぼっちRRさんつながり。

 モトぼっちRRさん、注目です!まじで。




$KRAZy TOPICS




 #24カズマ選手やトップの選手が使っているこのホイール、マルケジーニの鍛造ホイール。

 剛性が高く、また軽い、タイヤ交換もらく(チューブレスなので)、といろいろなメリットがありますが

 ダートでの強度の高さ、鍛造なのでネバリがあり、ゆがむことで割れや破損を防ぐ。

 また、路面からの情報を事細かに教えてくれるので、グリップ感がわかりやすい(ターマックで)。

 逆にセットの悪いときは、グリップ感の悪い状況にあることもきちんと教えてくえます。

 公道で使う方はここは気をつけたほうがいいようです、こまめなセット(タイヤの空気圧なども)に注意しください。

 KRAZyのWR250Xのゴールドマルケも元気です。










$KRAZy TOPICS



$KRAZy TOPICS

               open class #3川崎タカ / 川崎商店 + MS五郎Racing / YZ450F

ちょっと今年は目立てなかった#3タカ選手。#31赤嶺&#4天野選手の外車2人に置いて行かれたかんじですかね。

このYZは以上に速い、と一時は言われていました。

YZ人気は昨年のリュータ選手の活躍と(当然Jawsの活躍もあるけど、Jawsはライダーが目立っちゃう。ロッシみたいなもの?)

このタカ選手の速さが大きかったと思います。

とくにタカの場合、いきなりopen classを走っていきなり上位争いに食い込んだので注目された。

ストレートでも速い、美浜サーキットのストレート(スタンド側じゃなく向こう側)で、追うCRFを軽く引き離して行く。

ちょっとインパクトあった。

(その先に待つダートへ侵入ブレーキングポイントが奥にあったようにも見えた。。。
 ってかダートでのブレーキングが上手いのが原因とも言えると思ったけど。)

タカ選手+YZ450Fの場合、まだバイクに乗ってあまり経験が無いから、これから伸びるでしょうね。リュータ選手のように。



繰り返して書きますが、リュータ選手は最初の2~3年は僕らとあまり変わらなかった。

最初から速かったわけじゃないんです。好きだから、一生懸命やった。

アプリリアの暴れ馬に乗って、いきなり速くなったんですよね。あの「暴れ馬」をいきなり乗りこなした。

マシンコントロールがすばらしく丁寧。冬の長野でおこなう氷上カブドリ遊びがベースらしいですよ。

最初から速い、とか上手い、という人はいないと思います。






結局、「注目のマシン」とか言っても、人なんですかね。乗るのも作るのも人だし。

トップクラスだって、乗りたいマシンで走っているわけじゃないし。

事情があってCRFしか乗れないんだけど、なんとかして旋回力を上げたい。

このメーカーのマシンでなければ、シートが無い。なんとか足りないパワーを補いたい。

とか。


高性能なパーツがいいバイクを造るんじゃなく、それをどのように仕上げそのライダーのライディングに

合わせていくか、じゃないのかな。




つーことは、ちゃんとしたお店に行くってことかな、結論は。

じゃ、そこはどこ?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$KRAZy TOPICS


「なまもの」と書いてある宅急便が届きました。

すンごく慌てているときでしたが、「なまものだから開けなきゃ」と思ったら。。。



?  おべんと。。。

ハンカチでわざわざ包んである、何これ?


$KRAZy TOPICS


と思ったら。





Red Bullが送って来たプロモーションツールでした。

はい、すっかりだまされました。


$KRAZy TOPICS




ってか、このイベントの紹介をしますね。



RED BULL BOX CART RACE  (レッドブル ボックスカート レース)

レッドブルも最近では一般の方々も飲むようになりましたね。

なにしろアサヒがエナジードリンクを出したくらいですからね~。

(あの一般の権化ハウスさんも出してますが、まだ「目が覚めるドリンク」という商品価値で、
 文化を持つドリンクではないです。このアサヒも同じ。まだ、機能だけのドリンクです。)




このレッドブルが主催する「参加型 CRAZY イベント」です。


$KRAZy TOPICS



「世界で最もクリエイティブなレースイベント」 というタイトルがついています。

みなさんが自由に作ったボックスカートで走るレースなんですよコレ。

実は2回目。

1回目のデモ車には、しっかりKRAZyのステッカー貼ってもらいました。(感謝





コースは、下り坂(つまりエンジン的なものは必要ない)、途中にはカーブがあったりして、ブレーキとハンドル操作で下り

タイムとクリエイティブ性(つーか、どんだけバカっぽいか 笑)を競うイベントです。

まさにCRAZYなイベントです(笑!!



$KRAZy TOPICS



開催は、来年の3月17日(sat)

場所は、葛西臨海公園。




KRAZyでも出る?MOTO1などのスーパーライダーに乗ってもらって。

あ、スーパーライダーが乗っても意味ないけど。








*このブログは「KRAZy Web Magazine / krazy-web.com 」のTOPICSページです。
 KRAZy(クレイジー)とは、ストリート系スポーツとX系モト文化を紹介するメディアです。
 2011年はペーパーマガジンの再発行を予定しています。
 ご質問や、ご意見はご希望は kondo○krazy-web.com (○の部分を@に換えてください)までお願いいたします。
 発行責任者:近藤正之





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。