2月18日(日)の二番組目、フェブラリーステークス、東京11R、15時40分発走 | 競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第35回フェブラリーステークス:2月18日(日) 東京競馬場
15時40分発走

人気どころが力をぶつけ合う
春のダート王決定戦


好走の鍵は東京コース巧者
マイル戦であるから紛れがある。それでも芝よりは紛れが少ない。一番人気は[4-1-3-2]と好走結果を残しているが、これを馬齢で見てみると四歳馬、五歳馬の順。前哨戦と覚しき番組は川崎記念、東京大賞典、東海S、根岸Sで、東海S組が総じて力を発揮しているが、チャンピオンズCで遺憾ながら勝ち負けに届かなかったが、好走の可能性が高かった馬がこの番組では好走をする。特に四歳から五歳になった、五歳から六歳になったという馬。ただ、やはり、ここでは若さがはち切れる。四歳馬が[4-3-1-28]で複勝率が22.2%、五歳馬が[4-2-4-17]で37.0%、六歳以降は語るに足らずという状態。中心となる馬はこの時点では五歳馬が有利だ。ただ、G1戦である。実力が伴わない馬が勝ち負けになることはない。14年に地の利を活かしてコパノリッキーが十六番人気でありながら1着となったが、2着、3着は一番、二番人気である。展開の機微が手伝えばそのような結果になることもある。それらを踏まえて、勢いが肝心として予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ニシケンモノノフ 牡7 57 横山 典弘
1 2 ケイティブレイブ 牡5 57 福永 祐一
2 3 ノボバカラ 牡6 57 石橋 脩
2 4 アウォーディー 牡8 57 武 豊
3 5 サウンドトゥルー せん8 57 ミナリク
3 6 インカンテーション 牡8 57 三浦 皇成
4 7 ララベル 牝6 55 真島 大輔
4 8 メイショウスミトモ 牡7 57 田辺 裕信
5 9 キングズガード 牡7 57 藤岡 佑介
5 10 テイエムジンソク 牡6 57 古川 吉洋
6 11 ロンドンタウン 牡5 57 岩田 康誠
6 12 ノンコノユメ せん6 57 内田 博幸
7 13 レッツゴードンキ 牝6 55 幸 英明
7 14 ゴールドドリーム 牡5 57 ムーア
8 15 ベストウォーリア 牡8 57 ルメール
8 16 サンライズノヴァ 牡4 57 戸崎 圭太

●主線はこの二頭の勝ち負け
ダート馬として脂が乗ってきたと言っても良いだろうテイエムジンソクを主軸に据えた。ここで勝たなければこれまでの勝ち負けは意味がないと陣営は考えている。それをどこまで適えることができるか勝負所だろう。情実としては古川吉騎手にこのG1 を獲らせてやりたい。対抗には前走での切れ脚を評価してノンコノユメを推す。前走ではこの番組を想定しての走りだったと考える。最後の追い上げで、それがどこまで可能なのかというところを試したという考え方。それをここで実践できれば勝ち負け必至となる筈だ。この両頭の勝ち負けになると考える。
●番手にはこの三頭を挙げる
ゴールドドリームがチャンピオンズCで勝ったということはフロックなのだろうか。いや、そうではない。が、正当な評価ということを考えると難しいと思えてしまう。展開の機微で押し上げられたと考えたために▲単穴とした。また、大外枠に入ったサンライズノヴァなのだが、勝ちきれないでここまで来てしまったことは決して相手が強かったからではない。気持ちの弱さが出てしまっているのかもしれない。そうなるとこの先でも勝ち負けになることはできても、勝つことができないのではないかと思っている。ここで同力を発揮するのか。ワイド連対までかという思いで△連下に挙げる。そして、インカンテーションだが、前走は論外と考えて良い。武蔵野Sで勝ち星を挙げたことを考えて、ここでは勝ち負けになるかと思っていたのだが、調教VTRを観るといまひとつという感が否めない。それがどこまで本当なのか、いまの実力なのかというところだ。難しい一頭であることは間違いない。
●取捨選択を迷った二頭
川崎記念を勝ってこの番組に駒を進めて来たケイティブレイブだが、マイルのダート戦という忙しくなり易い番組でどこまで対応できるのかというところが疑問だ。仕上がりが悪いとか、覇気がないとかという話と違って、距離適正というだけのこと。それが悩ませる。また、サウンドトゥルーだが、東京大賞典で2着という戦績で川崎記念に臨むも距離が長過ぎて駄目だった。ならば、マイル戦ならば良いのかという話になるが、それも忙し過ぎて厳しいのではないかと思える。馬齢が挙がるとズブくなる。それが出てきているようなところを感じるのだが、諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
気になる馬が勝ち負けに絡んでくることは事実だ。諸賢にもあるだろう。が、ここではケイティブレイブサウンドトゥルーが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
10 テイエムジンソク 牡6 57 古川 吉洋
12 ノンコノユメ せん6 57 内田 博幸
14 ゴールドドリーム 牡5 57 ムーア
△1 16 サンライズノヴァ 牡4 57 戸崎 圭太
△2 6 インカンテーション 牡8 57 三浦 皇成
捨馬 2 ケイティブレイブ 牡5 57 福永 祐一
捨馬 5 サウンドトゥルー せん8 57 ミナリク


【配当】
単勝 12 1,070円
複勝 12 280円
14 130円
6 350円
枠連 6-7 870円
馬連 12-14 1,140円
ワイド 6-12 2,620円
6-14 720円
12-14 520円
馬単 12-14 3,530円
3連複 6-12-14 6,540円
3連単 12-14-6 41,560円

【着順】 【時計】
1 12 ノンコノユメ 1:36.0 36.1
2 14 ゴールドドリーム 1:36.0 36.4
3 6 インカンテーション 1:36.1 36.7
4 16 サンライズノヴァ 1:36.6 37.0
5 13 レッツゴードンキ 1:36.7 37.0
6 9 キングズガード 1:36.7 36.8
7 8 メイショウスミトモ 1:37.1 37.4
8 5 サウンドトゥルー 1:37.5 37.6
9 4 アウォーディー 1:37.6 37.7
10 15 ベストウォーリア 1:37.6 38.3
11 2 ケイティブレイブ 1:37.7 39.4
12 10 テイエムジンソク 1:37.9 39.4
13 3 ノボバカラ 1:38.3 39.6
14 11 ロンドンタウン 1:38.5 39.0
15 7 ララベル 1:38.8 39.7
16 1 ニシケンモノノフ 1:39.0 40.7

Rodollyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス