競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第55回弥生賞:3月4日(日) 中山競馬場
15時45分発走

上位人気は壱番、二番人気まで
距離適正を重視する


切れ脚よりも淡々と走れる馬
一番人気は[5-2-0-3]と優秀だが、二番人気になると[3-1-2-4]で、さらに三番人気となると[0-1-1-8]という結果。六番人気以降が9頭連対し、そのうち二桁人気が2頭。紐荒れする可能性が高い番組だ。逆に言えば、実力がなければこの番組では勝ち負けが難しいということになる。どこまで力を発揮することができるのか、それは距離適正に懸かる。2000m戦を走っていないよりは走っていた馬が良い。ただ、切れる脚が武器となり、前々の競馬ができるのであれば2000m戦の経験がなくても勝負になるかも知れない。が、それは中央四場でのこと。順調なローテーションでこの番組に参戦してきた馬であれば三走前までの戦績で判断をするべきだろう。となると、朝日杯FS、ホープフルSという番組が絡んでくるが、そこからの直行組だと疑って掛かった方が良い。その時点で最大限の力を使ってしまったとしていたら、ここではその反動が生じることが高い。癖の強い中山コースだけに、既に走っていれば良いが、初コースとなると力が出せないこともある。それらを含めて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 オブセッション 牡3 56 ルメール
2 2 アラウン 牡3 56 ミナリク
3 3 ジャンダルム 牡3 56 武 豊
4 4 リビーリング 牡3 56 戸崎 圭太
5 5 ヘヴィータンク 牡3 56 野中 悠太郎
6 6 アサクサスポット 牡3 56 武藤 雅
7 7 トラストケンシン 牡3 56 内田 博幸
7 8 ワグネリアン 牡3 56 福永 祐一
8 9 ダノンプレミアム 牡3 56 川田 将雅
8 10 サンリヴァル 牡3 56 藤岡 佑介

●主線はこの二頭の勝ち負け
チューリップ賞も二強対決だったが、この番組もそれが濃厚だ。主軸にはダノンプレミアムを据えた。朝日杯FSでは明らかにこの先を目指していることが分かる走りだったし、強さだった。その力を持ってすれば、ここは単なる通過点である。それを見極めるための番組でもある。対抗にはワグネリアンを推す。休み明けだが、変な競馬はしないだろうと高を括った。となれば、この馬本来の上がり競馬ができるのではないかと思っている。最後の脚しだいでは、皐月賞も東京優駿もあり得るかもしれない。
●番手にはこの三頭を挙げる
大外枠に入ったサンリヴァルを▲単穴とした。切れる脚がある馬なのだが、このところの馬場事情ではそれを活かすこともできなかった。そういうこともある。だから、ここでその溜めていた力を思い切り発揮していただきたい。ただ、距離が長くなるとどうか。2000mまでであれば、どうにかなるはずだ。また、最内枠に入ったオブセッションだが、この馬も休み明けでの参戦。切れる脚がある馬だが、正体が掴み切れていない。それが判らずしてどこまで走れる馬なのか分からない。ただ、ワイド連対までなら可能性は高いと判断をした。そして、ユタカが手綱を執るジャンダルムだが、この馬もまたどこまで力ガルの川からない馬の一頭。というよりも成長次第というところがある。それが課題なのだが、ホープフルSから二ヶ月。目立った成長はないだろうが、十分に力を付けて来ての参戦であると考える。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
勝ってこの番組に駒を進めて来たことは良いことだが、2400m戦での時計が褒められる内容ではないトランスケンシン。悪くはないのだが、ここで渡り合うには武器とならないのではないかと思う。新馬戦で見せた走りができれば悪くはないと思えるのだが、まだ子供。無邪気な走りなのだろう。

●捨てちゃえ馬
今回は少頭数ということもあり、手を伸ばしすぎる必要はない。トランスケンシンのこれからに期待をするということで、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
9 ダノンプレミアム 牡3 56 川田 将雅
8 ワグネリアン 牡3 56 福永 祐一
10 サンリヴァル 牡3 56 藤岡 佑介
△1 1 オブセッション 牡3 56 ルメール
△2 3 ジャンダルム 牡3 56 武 豊
捨馬 7 トラストケンシン 牡3 56 内田 博幸


【配当】
単勝 9 180円
複勝 9 110円
8 110円
3 140円
枠連 7-8 270円
馬連 8-9 300円
ワイド 3-8 320円
3-9 230円
8-9 150円
馬単 9-8 450円
3連複 3-8-9 500円
3連単 9-8-3 1,320円

【着順】 【時計】
1 9 ダノンプレミアム 2:01.0 34.1
2 8 ワグネリアン 2:01.2 33.7
3 3 ジャンダルム 2:01.3 34.1
4 10 サンリヴァル 2:01.3 34.6
5 4 リビーリング 2:01.8 34.7
6 7 トラストケンシン 2:02.0 34.0
7 1 オブセッション 2:02.7 35.0
8 2 アラウン 2:02.8 35.1
9 6 アサクサスポット 2:03.2 35.7
10 5 ヘヴィータンク 2:23.9 45.7

AD
いいね!した人

テーマ:

第13回オーシャンステークス:3月3日(土) 中山競馬場
15時45分発走

中山コースマジックが炸裂する
波乱傾向が強いこの番組


勢いよりも中山コース巧者優先
特殊なコースだからというだけではない。阪神コースもそうだが、あまりにも短い直線で、最後の踏ん張りを利かさなければならない。力の矯めが肝心となる。そのため、他場の短距離戦で優秀であっても、ここに来て、勝ち負けになるとは限らない。そこで考えなければならないひとつのヨウ素として、番組の格である。G2戦で活躍できた馬であれば、この場に来てもそれほどの問題はない。中山コース適性だけだ。が、他場でG3戦で勝ち負けになったレベルであると、その脚質を鵜呑みにできない。また、牝馬が穴を開けたという結果もいくつかある。内枠に能力の高い牝馬が入ったら狙い目かも知れない。そして、馬齢別に見ると、四歳馬が[2-1-1-25]で複勝率が13.7%、五歳馬が[5-1-4-32]で23.8%、六歳馬が[1-5-1-25]で21.8%、七歳以上が[2-3-4-48]で15.7%という結果となっており、五歳馬の活躍が目立っている。馬齢を支える条件は勢いだが、迷った際の選択肢というぐらいに考えておいた方が良い。それらを含めて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 フミノムーン 牡6 56 国分 優作
1 2 ラインミーティア 牡8 56 西田 雄一郎
2 3 アルティマブラッド 牝6 54 津村 明秀
2 4 ビップライブリー 牡5 56 戸崎 圭太
3 5 ジューヌエコール 牝4 54 北村 友一
3 6 ブレイズアトレイル 牡9 56 森 泰斗
4 7 キングハート 牡5 56 北村 宏司
4 8 リエノテソーロ 牝4 54 吉田 隼人
5 9 ネロ 牡7 56 ミナリク
5 10 ダイメイフジ 牡4 56 Mデムーロ
6 11 スノードラゴン 牡10 57 大野 拓弥
6 12 ラインスピリット 牡7 56 森 一馬
7 13 ナックビーナス 牝5 54 横山 典弘
7 14 エポワス せん10 56 田辺 裕信
8 15 レーヌミノル 牝4 55 和田 竜二
8 16 ロードクエスト 牡5 56 三浦 皇成

●主線はこの二頭の勝ち負け
もっと長い距離でもいけるのではないかと思わせた前走であったが、どうなのか、また1200m戦に戻ってきた。スピードとしても申し分ないとはいわないが、昨年末に9秒台を切るかのような勢いだった。それだけ走れる馬なのである。もっと走れるはずだ。ダイメイフジ。路線を考えているのか、短距離戦もマイル戦もいける馬にしようとしているのか。主軸とする。対抗にはビップライブリーを推す。阪神Cでは思ったような走りにはならなかったが、今回は鞍上が替わり、どこまで力を出せるか試される時でもある。悪くはない。力はある。勝ち負けになるのはこの二頭だろう。
●番手にはこの三頭を挙げる
短距離巧者という訳ではないが、勝率、複勝率が良い馬がナックビーナスだ。勢いとしては8秒台を切ってきそうなものがあるが、馬場状態が決していい仲での時計ではない。最近の馬場であれば切ってきそうだ。が、まだ、前肢の力が弱いように思える。そこがどうか。そのために▲単穴までとした。また、御年10歳ではあるが、馬齢を感じさせない走りを見せてくれるスノードラゴン。前走が偶々だったのか、それは定かではないが、調教VTRを観る上では十分に力を発揮できる状態にあると思えた。その点を考えたのだが、やはり、ここは△連下までとした。そして、リエノテソーロを挙げる。このところ路線違いばかりを走って来た感がある。思い切ったところでこの番組に参戦してきたのか、狙っての参戦か、穴を空ける馬とはこのような馬なのかという調教VTRでの印象。力を発揮すれば勝ち負けさせも脅かすのではと思わせた走りだった。
●取捨選択を迷った一頭
大外枠に入ったロードクエストだが、その走り自体は悪くない。ただ、反応速度なのか、気持ちの乗りなのか、いまひとつはっきりしないところがある。それが気になったところだ。が、順延の競馬ができるのであれば侮れない。この馬もまた一発があるだけに取捨選択が難しくなる。

●捨てちゃえ馬
思ったような走りができない馬はいる。そこには色々な言い訳もある。ロードクエストはいま、その渦中にいる。ここでは様子を見るしかない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
10 ダイメイフジ 牡4 56 Mデムーロ
4 ビップライブリー 牡5 56 戸崎 圭太
13 ナックビーナス 牝5 54 横山 典弘
△1 11 スノードラゴン 牡10 57 大野 拓弥
△2 8 リエノテソーロ 牝4 54 吉田 隼人
捨馬 16 ロードクエスト 牡5 56 三浦 皇成


【配当】
単勝 7 3,130円
複勝 7 650円
13 180円
10 230円
枠連 4-7 2,240円
馬連 7-13 7,530円
ワイド 7-10 2,670円
7-13 2,340円
10-13 680円
馬単 7-13 18,140円
3連複 7-10-13 13,740円
3連単 7-13-10 134,890円

【着順】 【時計】
1 7 キングハート 1:08.3 34.3
2 13 ナックビーナス 1:08.3 34.1
3 10 ダイメイフジ 1:08.4 33.7
4 9 ネロ 1:08.4 34.9
5 4 ビップライブリー 1:08.4 34.4
6 15 レーヌミノル 1:08.4 34.7
7 16 ロードクエスト 1:08.5 34.0
8 12 ラインスピリット 1:08.5 34.7
9 1 フミノムーン 1:08.6 33.4
10 8 リエノテソーロ 1:08.7 34.3
11 11 スノードラゴン 1:08.9 34.0
12 5 ジューヌエコール 1:08.9 34.7
13 2 ラインミーティア 1:09.0 34.7
14 6 ブレイズアトレイル 1:09.1 34.3
15 14 エポワス 1:09.1 33.9
16 3 アルティマブラッド 1:09.1 35.1

AD
いいね!した人

テーマ:

第25回チューリップ賞:3月3日(土) 阪神競馬場
15時35分発走

一番人気は信頼に応えるが
惑星が活躍する番組


桜花賞と同一条件
阪神コースのマイル。桜花賞の時には発馬機から最低でも1ファロンは桜を残さなければならないと寒ければストーブを焚き、暑ければ根元に氷を入れるという作業をおこなう。結果、桜がある桜花賞となる。
その花に讃えられるために桜花賞へと駒を進めることとなるのだが、この番組からは09年のブエナビスタと14年のハープスターだけがその栄誉に輝いた。前哨戦として目されているが結果を伴っていないのが事実だ。逆にこの番組の一番人気は[4-3-1-2]とその強さを誇示しているが、二番人気は[1-1-2-6]で、三番人気が[1-1-0-8]という結果。上位人気で[6-5-3-16]ということになる。複勝率が50%を切っている。それだけ課題があるということになる。阪神コースの課題は、急カーブと最後の坂。阪神コース経験馬が有利になると思えるようなところだ。それらを含めて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ウインラナキラ 牝3 54 荻野 極
2 2 カレンシリエージョ 牝3 54 松山 弘平
3 3 スカーレットカラー 牝3 54 岩田 康誠
4 4 マウレア 牝3 54 武 豊
5 5 ラッキーライラック 牝3 54 石橋 脩
6 6 レッドランディーニ 牝3 54 浜中 俊
7 7 サヤカチャン 牝3 54 松田 大作
7 8 シグナライズ 牝3 54 ルメール
8 9 リリーノーブル 牝3 54 川田 将雅
8 10 サラキア 牝3 54 池添 謙一

●主線はこの二頭の勝ち負け
強い馬をくださいと言ったらラッキーライラックを引き当てたというようなことはない。審美眼を持っていたと言うことだろう。それにしても、鳴り物入りで登場と言わんばかりの状態でこの番組に出走して来た。休み明けでも問題なく走ることだろう。課題はオルフェーヴル産駒であるということで、気性面がどうかというところか。が、問題はないだろう。主軸に据えた。対抗にはマウレアを挙げる。追われて伸びることができなかった東京コースだったが、ここでは前々の競馬から押し切るつもりだろう。ユタカが手綱を捌くことからも、下手を打つことがないと考える。この二頭でいける。
●番手にはこの三頭を挙げる
リリーノーブルがどの位置で入線するかだが、馬格があるものの持て余し気味になっているところが気になっていた。それが消化できていれば良いのだが、できていないとなると阪神JFの二の舞になるのではないかと思える。どこまで力を発揮できるか。また、スカーレットカラーだが、小柄であるが故に多頭数になったら出てくることができないだろうと思っている。今回は幸いにも少頭数。敢えて思い切った競馬をやらなくても大丈夫かもしれない。が、△連下までとした。そして、シグナライズを推す。前走が思ったほどの走りではなかった。それが気になっているところでもあり、それだけの力ではないだろうと思うところでもある。ある意味、難しい一頭だ。が、化けるにしてももう少し先。ここではワイド連対までと考えて△連下に据えた。
●取捨選択を迷った一頭
良血馬であるが故に難しいという話もある。レッドランディーニをどう考えるか。まだ競馬をする楽しさを知らないかのような一頭である。どこまでの力を持っているのかきょうみをっそそられる走りではあるが、馬場状態を気にする馬なのではないかと思える。それが難しさを際立たせるのだろう。

●捨てちゃえ馬
難しい馬は勝ち負けも難しい。そのため、ここではレッドランディーニが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
5 ラッキーライラック 牝3 54 石橋 脩
4 マウレア 牝3 54 武 豊
9 リリーノーブル 牝3 54 川田 将雅
△1 3 スカーレットカラー 牝3 54 岩田 康誠
△2 8 シグナライズ 牝3 54 ルメール
捨馬 6 レッドランディーニ 牝3 54 浜中 俊


【配当】
単勝 5 180円
複勝 5 110円
4 140円
9 110円
枠連 4-5 710円
馬連 4-5 750円
ワイド 4-5 230円
4-9 290円
5-9 120円
馬単 5-4 990円
3連複 4-5-9 410円
3連単 5-4-9 1,950円

【着順】 【時計】
1 5 ラッキーライラック 1:33.4 33.3
2 4 マウレア 1:33.7 33.3
3 9 リリーノーブル 1:33.8 33.5
4 10 サラキア 1:34.1 33.4
5 6 レッドランディーニ 1:34.1 33.3
6 8 シグナライズ 1:34.3 33.8
7 3 スカーレットカラー 1:34.4 33.4
8 2 カレンシリエージョ 1:34.4 34.8
9 1 ウインラナキラ 1:35.2 34.6
10 7 サヤカチャン 1:35.9 36.4

AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。