競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第37回新潟2歳ステークス:8月27日(日) 新潟競馬場
15時45分発走

前走距離は関係なし
基本は前走での勝ち負け


きちんと走るということ
二歳馬、そう、園庭で走る幼稚園児である。言うことを聞けと言う方が無理だ。聞かないなら、聞かないなりに走ることができれば、それはそれで構わない。そのためには勢いがあるかないかだ。前走で買ってこの番組に駒を進めて来たのであれば上々。内容次第では2着でも構わない。基本は上がり時計がどうなのか。距離適正の可能性は高いのかというところを考えてみたい。ちなみに、一番人気は[4-2-0-4]で、その多くはマイル戦までの勝ち星を挙げた馬だが、着外の四頭はマイル戦以上で勝ち星を挙げてこの番組に参戦してきた馬。この時期の二歳馬でマイル戦以上は、やはり負荷が高いのかもしれない。また、牝馬が早生だからという観点で牝馬戦績を見てみると[5-2-3-63]で複勝率は13.6%とアテにできない数字が出て来る。牝馬特性は活かせていないようだ。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ムスコローソ 牡2 54 大野 拓弥
2 2 トッカータ 牡2 54 丸田 恭介
2 3 テンクウ 牡2 54 北村 宏司
3 4 グランデウィーク 牡2 54 柴山 雄一
3 5 オーデットエール 牡2 54 柴田 善臣
4 6 プレトリア 牡2 54 吉田 隼人
4 7 マイネルサイルーン 牡2 54 石橋 脩
5 8 フロンティア 牡2 54 岩田 康誠
5 9 フィルハーモニー 牝2 54 柴田 大知
6 10 エングローサー 牡2 54 木幡 巧也
6 11 ラインギャラント 牝2 54 吉田 豊
7 12 キボウノダイチ 牡2 54 高倉 稜
7 13 シンデレラメイク 牝2 54 中谷 雄太
8 14 ダンツセイケイ 牡2 54 田中 勝春
8 15 コーディエライト 牝2 54 津村 明秀

●主線はこの二頭の勝ち負け
昔は夕立が毎日のようにあった。だが、二時間も降ればやんだ。きちんと西の空から曇りだして降ってくる、いまどきのゲリラ豪雨ではないのである。お行儀が良かった。二歳馬は躾がきちんとできているかが鍵を握る。鞭を入れたら、痛いじゃないかと騎手を振り落とそうとする馬もいるのが二歳馬戦だ。そんなことを考えて、主軸委にはプレトリアを据えた。後方一気という走り方は偶々のこと。本来は前々の競馬ができる馬だろうと思っている。それを前走並の走りでやられたら、他馬は追従できないだろう。タラレバである。対抗には同枠のマイネルサイルーンを挙げる。前走は4着となったものの、ここでの巻き返しが期待できる走りを持っていると見た。長く良い脚が使える馬なのである。本当にそうなのかといわれても、そう見えたのだから仕方がない。果たしてどうか。
●番手にはこの三頭を挙げる
同じく4着となってこの番組に駒を進めて来たフィルハーモニーを▲単穴として推す。馬格があるところがいまは弱点になっているような馬ではあるが、侮れない一頭として注目したい。そのポイントはやはり長く良い脚が使えるというところにある。興味深い一頭として挙げる。また、最内枠に入ったムスコローソを推す。切れる脚をそこそこ持っている。馬格もある。ただ、思った以上に不器用なのかもしれない。馬混みの出方をもたついたために、勝つことはできたが、そこまでだった。おまけが付いていない。それを考えると△連下までかというところ。そして、テンクウを挙げる。切れる脚を持っているが、不器用さを丸出しにする馬だ。だから、結果として持ち時計が良くない。もう少しはどうにかなっただろうと思うのだが、それができなかった馬だ。今回はどこまで走るのか、この先を考えながら見せて貰う。そのために、△連下までとした。
●取捨選択を迷った一頭
ハーツクライ産駒は侮れない一頭として注目できる馬を輩出してくる。このオーデットエールもその傾向の一頭。実に興味深い走りをする。が、如何せん、一戦のみ。その走りを評価するのは拙速である。ただ、この先の成長次第で、来年のクラシック戦線に好走できるのではないかと思えるところもある。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
温かい目で見てやってください。そんなことを言われても競馬だからね。ここではオーデットエールが要らないことになった。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
6 プレトリア 牡2 54 吉田 隼人
7 マイネルサイルーン 牡2 54 石橋 脩
9 フィルハーモニー 牝2 54 柴田 大知
△1 1 ムスコローソ 牡2 54 大野 拓弥
△2 3 テンクウ 牡2 54 北村 宏司
捨馬 5 オーデットエール 牡2 54 柴田 善臣


●結果
【配当】
単勝 8 720円
複勝 8 240円
15 350円
3 200円
枠連 5-8 1,880円
馬連 8-15 3,760円
ワイド 3-8 770円
3-15 1,390円
8-15 1,340円
馬単 8-15 6,950円
3連複 3-8-15 8,330円
3連単 8-15-3 49,030円

【着順】 【時計】
1 8 フロンティア 1:34.6 32.9
2 15 コーディエライト 1:34.7 33.1
3 3 テンクウ 1:34.7 32.6
4 10 エングローサー 1:35.4 33.1
5 12 キボウノダイチ 1:35.4 33.4
6 5 オーデットエール 1:35.5 33.0
7 6 プレトリア 1:35.6 33.1
8 7 マイネルサイルーン 1:35.7 33.8
9 13 シンデレラメイク 1:35.8 33.5
10 9 フィルハーモニー 1:35.9 33.8
11 2 トッカータ 1:36.3 33.8
12 1 ムスコローソ 1:36.4 33.7
13 14 ダンツセイケイ 1:36.4 34.2
14 11 ラインギャラント 1:36.6 34.2
15 4 グランデウィーク 1:38.6 36.0
AD
いいね!した人

テーマ:

第12回キーンランドカップ:8月27日(日) 札幌競馬場
15時35分発走

函館スプリントの流れを受ける短距離戦
軽量三歳牝馬が活躍する可能性大


文句なしの2キロ減マジック
三歳牝馬は51キロで参戦できる。昨年も三歳牝馬が勝ち星を挙げた。もちろん、それなりの資質というものが問われるが、問われた上でもきちんと走ることができると思える馬であれば勝ち負けになりやすい。が、結果としては[2-1-1-20]で、複勝率は20%。この数字をどう考えるかは難しいところでもあるが、侮れないというところに留めてみたい。そもそも三歳牝馬が一番人気に押し出されるということになれば、意外そのもの。競争経験が少ない馬が簡単には勝てるとは思えない。逆に四歳牝馬となると違ってくる。この点はきちんと考えてみたい。ただ、勢いがある四歳馬であっても57キロを超えてしまうと結果に繋がらないことが多く、[0-1-1-10]という結果。この点も留意するべきところ。また、牝馬自体は[7-4-4-43]で複勝率が25.8%に上がる。やはり、2キロ減で出走できることは距離が短くなればなるほど有利に働くことが多い。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ブランボヌール 牝4 55 三浦 皇成
2 2 イッテツ 牡5 56 藤岡 佑介
3 3 ネロ 牡6 57 中野 省吾
4 4 ヒルノデイバロー 牡6 56 四位 洋文
4 5 ノボバカラ 牡5 57 田辺 裕信
5 6 ナックビーナス 牝4 54 横山 典弘
5 7 フミノムーン 牡5 56 勝浦 正樹
6 8 エポワス せん9 56 ルメール
6 9 モンドキャンノ 牡3 53 戸崎 圭太
7 10 シュウジ 牡4 58 モレイラ
7 11 ソルヴェイグ 牝4 54 川田 将雅
8 12 ライトフェアリー 牝5 54 内田 博幸
8 13 メイソンジュニア 牡3 53 Mデムーロ

●主線はこの二頭の勝ち負け
新興勢力と言っても良いのか迷うところではあるがイッテツを主軸に据えた。ワイド連対までに入ってくるだろうという考え方でだ。ローカルが得意だという馬がいる。この馬はそれなのではないかと思っている。ここでの好走を期待したい。対抗にはライトフェアリーを推す。上がり時計を纏めて、その走りの強さを見せてくれた番組が前走だった。今回も同じようには走れるだろう。母系アルカセットの血が走りを創り上げているのかもしれない。
●番手にはこの三頭を挙げる
短距離戦の難しさはコーナーリングだという人もいる。それもある。が、肝心なのは展開をどうするかというところだ。その点で上手だなという印象を残したのがヒルノデイバローの前走だった。それも上がり時計を纏めた。しっかりした馬格もある。それがなおさらこの馬の強さを引き出しているに違いない。今回はその点を考えて▲単穴とした。また、大外枠に入ったメイソンジュニアだが、前走こそ冴えない結果となったが、叩かれて走るこの馬は、今回に焦点を合わせていたのかもしれない。そう考えて△連下までだが、侮れない一頭として考える。そして、エポワスを挙げる。難しい馬だ。馬齢も進んだ。でも、それでも走る。四肢に馬体重を乗せて走るのが実に旨い。鞍上のルメール騎手がその点を走らせることができるかというところだが、前々の競馬から押し切るのではないかと勝手に展開を考えている。
●取捨選択を迷った一頭
ブランボヌールが奮わない。どうしてしまったのかという戦績が続いている。ここで起死回生、思った以上の走りができるのであれば良いのだが、その根拠も論拠も挙げられない。となると、ここでもまた難しいかもしれない。でもブランボヌールだぞ。

●捨てちゃえ馬
駄目な時は駄目なものだ。ブランボヌールはここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
2 イッテツ 牡5 56 藤岡 佑介
12 ライトフェアリー 牝5 54 内田 博幸
4 ヒルノデイバロー 牡6 56 四位 洋文
△1 13 メイソンジュニア 牡3 53 Mデムーロ
△2 8 エポワス せん9 56 ルメール
捨馬 1 ブランボヌール 牝4 55 三浦 皇成


●結果
【配当】
単勝 8 2,120円
複勝 8 550円
11 190円
6 340円
枠連 6-7 570円
馬連 8-11 4,570円
ワイド 6-8 3,000円
6-11 860円
8-11 1,740円
馬単 8-11 13,640円
3連複 6-8-11 15,390円
3連単 8-11-6 114,130円

【着順】 【時計】
1 8 エポワス 1:09.0 34.4
2 11 ソルヴェイグ 1:09.0 35.5
3 6 ナックビーナス 1:09.1 35.6
4 7 フミノムーン 1:09.2 34.9
5 12 ライトフェアリー 1:09.3 35.6
6 9 モンドキャンノ 1:09.4 35.2
7 13 メイソンジュニア 1:09.6 35.7
8 3 ネロ 1:09.7 35.8
9 2 イッテツ 1:10.0 35.9
10 5 ノボバカラ 1:10.1 35.6
11 1 ブランボヌール 1:10.5 36.1
12 4 ヒルノデイバロー 1:10.6 36.0
13 10 シュウジ 1:12.5 38.9
AD
いいね!した人

テーマ:

第19回新潟ジャンプステークス:8月26日(土) 新潟競馬場
14時00分発走

上位人気が好走している障害戦
大荒れ気配はなさそうだが


フラットながら長距離の障害戦
3250mの障害戦。長い。08年まではハンデ戦だったが、その時代は荒れることが当たり前だった。季節的に長距離をこなせる馬がいなかったのかもしれない。そして、斤量違い。だから、荒れた。ところが、この五年の戦績だが、一番人気が[1-1-1-2]、二番人気が[0-3-0-2]で、三番人気が[3-0-0-2]となっている。悪くはないのだが、褒められる内容ではない。その点は考えに加えておきたい。また、新潟実績がある馬が好走に繋がる傾向がある。この点は侮れないところとして覚えておく。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 トーアヒミコ 牝4 58 小野寺 祐太
2 2 メイショウアラワシ 牡6 60 植野 貴也
3 3 グッドスカイ 牝4 58 森 一馬
4 4 マイネルポルトゥス 牡5 60 大庭 和弥
5 5 タナトス 牡9 60 白浜 雄造
5 6 ラステラ 牝6 58 鈴木 慶太
6 7 ツジスーパーサクラ 牝5 58 平沢 健治
6 8 リスヴェリアート 牡7 60 北沢 伸也
7 9 ホーカーテンペスト せん8 60 石神 深一
7 10 タマモプラネット 牡7 60 小坂 忠士
8 11 ハギノパトリオット せん5 60 熊沢 重文
8 12 マイネルレハイム 牡5 60 金子 光希

●主線はこの二頭の勝ち負け
3000mを越えると微妙な距離で、バングの距離が減ったり増えたりする。平地のように2ファロン増えたり、マイルがマイルハーフになったりすることはない。いわば、距離の限界を試しているのではないかという気がする。だから、2800m戦で勝てても、3100m戦で勝つことができないのである。もちろん、相手も強くなるからだ。その中で、飛越に安定感が増してきたリスヴェリアートを主軸に据えた。跳べないことには勝ち負けにならない。そう考えただけのことである。まして、勝ってこの番組に駒を進められたことも好材料だ。対抗にはグッドスカイを推す。この馬も勝ち負けになってこの番組に駒を進めて来た。如何せん、距離適正としては微妙なところがある。それらを踏まえてこの二頭が勝ち負けになると考えた。
●番手にはこの三頭を挙げる
ハギノパトリオットを▲単穴とした。仕上がりとしては悪くない。前走が不利を被った訳ではないが、伸び悩んだというところだろう。それを払拭するためにもここで好走をと陣営も考えて、敢えてこの新潟に参戦してきたのだろう。参戦してきた以上は好走を期待できるはずだ。また、メイショウアラワシを挙げる。勝ち負けになってこの番組に参戦してきているのだが、この馬は馬格がない。どうしてもその点が障害馬としては不利になる。膝下までの障害の高さと、股上までの高さの障害、どちらが飛越をするのに楽かということだ。そして、ホーカーテンペストを推す。三ヶ月半の休み明けだが、休み明けということを感じさせないのがこの馬の良さでもある。それがこの番組で通用するかということは一概には言えないものの、侮れない一頭として注目したい。
●取捨選択を迷った一頭
一年ぶりに復活することになったタナトスだが、この馬をどう考えるか。過去の実績は輝かしいものがあるが、いまではどうなのか。その点を考えると、ここでは見送った方が良いのかもしれない。が、実力馬はやはり、きちんと勝負をしてくる。それを考えると侮れないのだが、諸賢の考えは如何だろうか?

●捨てちゃえ馬
結果として、前述のように、ここではタナトスが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
8 リスヴェリアート 牡7 60 北沢 伸也
3 グッドスカイ 牝4 58 森 一馬
11 ハギノパトリオット せん5 60 熊沢 重文
△1 2 メイショウアラワシ 牡6 60 植野 貴也
△2 9 ホーカーテンペスト せん8 60 石神 深一
捨馬 5 タナトス 牡9 60 白浜 雄造


●結果
【配当】
単勝 3 400円
複勝 3 160円
11 170円
10 740円
枠連 3-8 800円
馬連 3-11 750円
ワイド 3-10 2,040円
3-11 330円
10-11 2,240円
馬単 3-11 1,570円
3連複 3-10-11 8,400円
3連単 3-11-10 29,860円

【着順】 【時計】
1 3 グッドスカイ 3:31.0 13.0
2 11 ハギノパトリオット 3:31.2 13.0
3 10 タマモプラネット 3:32.2 13.1
4 9 ホーカーテンペスト 3:32.5 13.1
5 6 ラステラ 3:32.8 13.1
6 8 リスヴェリアート 3:33.1 13.1
7 12 マイネルレハイム 3:33.5 13.1
8 2 メイショウアラワシ 3:33.6 13.1
9 7 ツジスーパーサクラ 3:34.9 13.2
10 1 トーアヒミコ 3:37.5 13.4
11 5 タナトス 3:41.0 13.6
中止 4 マイネルポルトゥス
AD
いいね!した人

テーマ:

第53回札幌記念:8月20日(日) 札幌競馬場
15時25分発走

秋緒戦を占う番組
夏の過ごし方が鍵


上がり馬に「なる」のではなく「なった」が正解
夏休みを返上させられて文句をいわないのは競走馬ぐらいかと飲みながら考えた。要は積み重ねと成長がどうかというところだ。積み重ねなくてもその実力を出せる馬が優秀な馬なのだが、それは早々に頭角を現し、G1戦線で名乗りを挙げる。それができなかった馬がこれらの番組に参戦してくるのである。この点がG1戦線に参戦する馬と大きく違うところだ。休み明けは人間もそうだが、馬も惚ける。惚けた馬はきちんと走らない。実力が出せない。だから、秋緒戦を臨むに当たって、この番組でひと叩き。フラットなコースでの2000m戦。簡単ではないが、実力が試される好番組だ。函館記念との連携性は希薄になっている。独立した番組だと考えた方が良いだろう。G1戦線で活躍した馬も参戦してくることがあるが、それはその理由があるから。そこに夏場に力を付けた馬が参戦して、その競馬の面白さを教えてくれることになる。修行の一環と考えれば、この番組自体が面白くなる。さて、予想をどう組み立てるか考えるところから始めるか。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 サクラアンプルール 牡6 57 蛯名 正義
2 2 ナリタハリケーン 牡8 57 藤岡 康太
3 3 ヤマカツエース 牡5 57 池添 謙一
4 4 ロードヴァンドール 牡4 57 太宰 啓介
4 5 マウントロブソン 牡4 57 モレイラ
5 6 タマモベストプレイ 牡7 57 吉田 隼人
5 7 サウンズオブアース 牡6 57 横山 典弘
6 8 ツクバアズマオー 牡6 57 勝浦 正樹
6 9 ディサイファ 牡8 57 四位 洋文
7 10 サングラス 牡6 57 藤岡 佑介
7 11 アングライフェン 牡5 57 福永 祐一
8 12 マイネルミラノ 牡7 57 丹内 祐次
8 13 エアスピネル 牡4 57 ルメール

●主線はこの二頭の勝ち負け
十分に貫禄が出て来たエアスピネルを主軸に据えた。鞍上もルメール騎手に乗り替わる。まさに、秋緒戦を考えるための騎乗と言えるだろう。天皇賞・秋に出走する準備を整えるというところが今回の狙いだ。その態勢は十分にできている。また、対抗にはヤマカツエースを挙げる。いまひとつ噛み合わなかった大阪杯であったが、最後の追い上げは大いに評価できる。その点を考えて対抗とした。無駄な力が多いのか、難しい一頭ではある。が、そろそろ本格化し始めていると考える。
●番手にはこの三頭を挙げる
マウントロブソンを▲単穴とした。走りについてだがDI産駒らしくない走りに思えないだろうか。筋肉が柔らかくないのだろうか。こればかりは素人が見て判るものではないので、パドックを周回している時に見ているつもりだが判らない。が、勝負根性は立派。この先に期待をしながら見てみたい。また、タマモベストプレイだが、函館で勝ち負けになったということは、ここでも好走できると判断をした。ワイド連対ならば絡んでくることができるのではないかということで△連下までであるが挙げることにした。そして、ある意味、不気味な存在であるサウンズオブアースを挙げる。力があるのかないのか判らない馬ではあるが、休み明けは良く走る。その点を評価して△連下とした。
●取捨選択を迷った一頭
意外に瞬発力がなかったなと思わせたアングライフェン。本来だったら、55キロで参戦することができたのだから、もっと伸び脚を持っても良かったのではないかと思うのだが、それがなかった。ない馬なのかもしれない。が、もう一度、見てみたい気がする。

●捨てちゃえ馬
間違ってもこの番組はG2戦である。そろそろまがい物は通用しなくなる。となれば、件のアングライフェンではこの番組で好走することができないだろうと判断をした。そのため、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
13 エアスピネル 牡4 57 ルメール
3 ヤマカツエース 牡5 57 池添 謙一
5 マウントロブソン 牡4 57 モレイラ
△1 6 タマモベストプレイ 牡7 57 吉田 隼人
△2 7 サウンズオブアース 牡6 57 横山 典弘
捨馬 11 アングライフェン 牡5 57 福永 祐一


●結果
【配当】
単勝 1 1,990円
複勝 1 430円
2 1,080円
3 140円
枠連 1-2 22,390円
馬連 1-2 37,670円
ワイド 1-2 8,230円
1-3 800円
2-3 2,520円
馬単 1-2 69,510円
3連複 1-2-3 26,730円
3連単 1-2-3 201,410円

【着順】 【時計】
1 1 サクラアンプルール 2:00.4 35.0
2 2 ナリタハリケーン 2:00.4 34.7
3 3 ヤマカツエース 2:00.6 35.4
4 7 サウンズオブアース 2:00.7 35.3
5 13 エアスピネル 2:00.8 35.7
6 4 ロードヴァンドール 2:00.8 36.1
7 6 タマモベストプレイ 2:00.9 35.9
8 5 マウントロブソン 2:00.9 35.0
9 11 アングライフェン 2:00.9 35.0
10 10 サングラス 2:01.2 35.1
11 8 ツクバアズマオー 2:01.4 35.7
12 9 ディサイファ 2:01.5 36.1
13 12 マイネルミラノ 2:01.8 37.0
いいね!した人

テーマ:

第52回北九州記念:8月20日(日) 小倉競馬場
15時35分発走

上位人気をどう考えるかが鍵となる
ハンデの短距離、荒れて当たり前


上位人気として押し出される理由
一番人気にはなりたくてなれるものではない。馬券愛好家たちの総意でなれるもの。理解も誤解、誤解もまた理解で、間違っていても良いのだが、一番売れている馬券なのである。誰もが来ると信じている。実際は一番人気が[1-2-2-5]で、二番、三番人気が全く同じで[1-2-1-6]という結果。トップハンデは[1-1-1-15]という結果で56.5キロ以上はアテにできないということが分かっている。短距離戦であるため、距離短縮で臨める馬は好走気配が高くなる。そこに斤量が絡むから話が複雑になる。分かりやすい競馬は詰まらないものだが、当たらない競馬はもっと詰まらないものだ。好調な牝馬が勝ち負けになるのはこの辺りに理由がある。斤量の有利さ。ここは前走比較で考えるしかないだろう。短距離戦であればこそ、その斤量差が効いてくる。それらを併せて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ラヴァーズポイント 牝7 52 川須 栄彦
1 2 アクティブミノル 牡5 56 酒井 学
2 3 トウカイセンス 牝6 52 荻野 極
2 4 オウノミチ 牡6 54 松山 弘平
3 5 エイシンブルズアイ 牡6 56 鮫島 克駿
3 6 ナガラオリオン 牡8 56 高倉 稜
4 7 アルティマブラッド 牝5 53 松若 風馬
4 8 ファインニードル 牡4 55 Mデムーロ
5 9 ダイアナヘイロー 牝4 53 武 豊
5 10 ダイシンサンダー 牡6 55 加藤 祥太
6 11 ポメグラネイト 牡6 53 岩崎 翼
6 12 ナリタスターワン 牡5 55 幸 英明
7 13 キングハート 牡4 56 中谷 雄太
7 14 ツィンクルソード 牡6 54 小牧 太
7 15 ミッキーラブソング 牡6 56 和田 竜二
8 16 バクシンテイオー 牡8 56 ホワイト
8 17 プレイズエターナル 牡7 55 北村 友一
8 18 ラインスピリット 牡6 56 森 一馬

●主線はこの二頭の勝ち負け
前走比較2キロ減での参戦となるダイアナヘイローを主軸に据えた。器用な馬だ。その点が第一の評価であると共に、良い脚を長く使うことができる。それを活かして走ることができればここでの勝ち負けは揺るぎない。対抗にはファインニードルを推す。切れる脚があることが第一の評価であるが、距離適正を考えると1200m戦が合っているのだろう。まだ、一発芸的なところがあるので、この先の走りを見てみないことには評価が難しいところがある。が、上記の点でこの二頭の勝ち負けになるだろうと判断をした。
●番手にはこの三頭を挙げる
キングハートも好走を続けている。ただ、条件が適っているところで勝ち負けになるというところが気になったために▲単穴までとした。自在性が乏しいと言ってしまえばそれまでなのだが、走力はある馬だ。侮れない。また、ツィンクルソードを推す。前走の走りを評価してのことだが、上がりを上手に纏めて、展開を整えた。走りのセンスの良さを評価した。そして、勝ち切れない、力を出せない中で、本来の実力を出すことができればというタラレバなのだが、ここでもまたエイシンブルズアイに再注目してみたい。言わば今回が試金石。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
悪くないのだが良さが見つからなくなってしまったプレイズエターナル。いったい何があるのだろうか。夏場は走らない馬なのかもしれない。ここではその見極めもしたいところだが、これだけの多頭数となると言い訳が多くなりそうだ。それらを踏まえて図りたい。

●捨てちゃえ馬
力がない訳ではないのだろうが、力が発揮できない以上は、プレイズエターナルがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
9 ダイアナヘイロー 牝4 53 武 豊
8 ファインニードル 牡4 55 Mデムーロ
13 キングハート 牡4 56 中谷 雄太
△1 14 ツィンクルソード 牡6 54 小牧 太
△2 5 エイシンブルズアイ 牡6 56 鮫島 克駿
捨馬 17 プレイズエターナル 牡7 55 北村 友一


●結果
【配当】
単勝 9 570円
複勝 9 250円
12 1,010円
18 1,560円
枠連 5-6 8,480円
馬連 9-12 15,940円
ワイド 9-12 4,270円
9-18 6,310円
12-18 25,810円
馬単 9-12 24,410円
3連複 9-12-18 244,450円
3連単 9-12-18 1,078,270円

【着順】 【時計】
1 9 ダイアナヘイロー 1:07.5 34.6
2 12 ナリタスターワン 1:07.6 34.4
3 18 ラインスピリット 1:07.7 34.7
4 13 キングハート 1:07.7 34.4
5 8 ファインニードル 1:07.7 34.5
6 7 アルティマブラッド 1:07.8 34.7
7 2 アクティブミノル 1:07.8 35.0
8 10 ダイシンサンダー 1:07.8 34.4
9 17 プレイズエターナル 1:07.8 33.8
10 1 ラヴァーズポイント 1:07.9 34.7
11 4 オウノミチ 1:07.9 34.9
12 6 ナガラオリオン 1:08.0 34.1
13 5 エイシンブルズアイ 1:08.0 34.3
14 15 ミッキーラブソング 1:08.0 34.4
15 14 ツィンクルソード 1:08.1 34.5
16 3 トウカイセンス 1:08.2 34.7
17 16 バクシンテイオー 1:08.4 34.9
18 11 ポメグラネイト 1:10.2 35.9
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。