競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第144回天皇賞・秋:10月30日 東京競馬場

最もタフな2000m戦だからこその価値
一番人気は順当、紐が荒れ目となる番組


東京コース巧者がやや有利か
毎日王冠、京都大賞典と前哨戦が用意されているが、東京コースを舞台とした番組からの三戦馬がここでも実績を上げている。ある意味、特殊であるとも言える東京コース。それでも日本の中では比較的まともとされている東京コース。如何に脚を矯めることができるか、もしくは、どこまでも長く、良い脚が使える馬がこの番組での勝ち負けになる。そのタフさは尋常ではない。1000m通過が60秒を超えることはない。ともすると、57秒台で刻むこともある。その上でラスト250mで抜け出さなければならないのである。つまりは、フロックでは勝てない番組だということになる。がしかし、08年のように上位人気陣で見事に納まったというようなことは、この十年にその時一度。それ以外は、どこからともなく、東京コース巧者が湧き出てくるというような状態で、人気薄の馬が連に絡んで高配当となることが多い。紛れではない。結果として、伸び脚を欠いた馬が下がっていき、欠くことなく走ることができた馬が勝ち負けになっている。そのような脚質をどう考えるか。見つけ出すことができれば、より一層の予想することの楽しさが広がることだろう。さて、どうなるか。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 シルポート 牡6 58 蛯名 正義  
1 2 ダノンヨーヨー 牡5 58 後藤 浩輝 捨馬
2 3 アクシオン 牡8 58 柴田 善臣  
2 4 エイシンフラッシュ 牡4 58 ルメール △1
3 5 ブエナビスタ 牝5 56 岩田 康誠 捨馬
3 6 ビッグウィーク 牡4 58 川田 将雅  
4 7 ダークシャドウ 牡4 58 ベリー
4 8 ペルーサ 牡4 58 横山 典弘
5 9 ジャガーメイル 牡7 58 四位 洋文  
5 10 メイショウベルーガ 牝6 56 池添 謙一  
6 11 ローズキングダム 牡4 58 メンディザバル
6 12 トーセンジョーダン 牡5 58 ピンナ  
7 13 ミッキードリーム 牡4 58 和田 竜二  
7 14 シャドウゲイト 牡9 58 田中 勝春  
7 15 シンゲン 牡8 58 田辺 裕信  
8 16 ナリタクリスタル 牡5 58 武 豊  
8 17 トゥザグローリー 牡4 58 福永 祐一  
8 18 アーネストリー 牡6 58 佐藤 哲三 △2

●主線はこの二頭の勝ち負け
天皇賞・秋は強い馬が勝つ。距離の長短が絡むことでフロックが生じることがある。が、2000m戦については、それが少ない。だからこそ、タフな番組となるのである。
主軸には格の違いこそあれ、勢いがあるダークシャドウを推す。毎日王冠の切れ味もさることながら、東京コースとの相性が抜群に良い。ただ、58キロという斤量は初めてのこと。それにどこまで耐えることができるかというところが課題となる。相手にはローズキングダムを挙げる。このところの力強さは王者たる風格が備わってきた。過言だろうか。加えて、58キロの斤量には慣れている。しかも、59キロからの斤量下げでの出走となる。都合としては良い。しかし、昔からのことなのだが、覇気が感じられないのである。勝ちに行く、そのために走るという勢いが感じられない。切羽詰まった時に、その違いが出る。そして、馬格が小さい。これが致命的なのである。勝ち切れない理由と行っても良いだろう。が、基本的にはこの二頭の勝ち負け。
●番手にはこの三頭を挙げる
ペルーサが半年の休み明けで参戦してきた。この半年という時間、競走という本馬場から離れていたことは違いとなって出る。しかも、フルゲート。外目から持ち出してくるだろうが、それがスムーズにできるかということになると難しい。ヨコテンのことだから巧く乗るだろう。が、馬が気圧されたら終わってしまう。その点が不安要素となり、▲単穴までとなった。また、ルメールが手綱を捌くことになったエイシンフラッシュだが、忙しい競馬、厳しい競馬に付いてくることができなくなりつつある。緩慢とした流れの中で、切れ脚勝負に持ち込むというのであれば、まだできなくはないだろう。陣営も含め、ルメール騎手にとっても賭けである。つまり、馬の力をどこまで引き出せるかということになる。難しい馬であることは確かだ。そして、大外枠が不利だと言われ続けている東京コースだが、そこに納まったアーネストリーを拾う。展開の機微が左右するだろうことは、我々以上に佐藤哲騎手は理解しているだろうし、経験している。その点を考えて展開をしてくると考える。ならば、それに期待を馳せてみようではないかというのが一点である。
●取捨選択を迷った二頭
56キロのブエナビスタは荷が勝ち過ぎるのではないかと思ってしまった。逆にどこが良いのか判らないというのが正直なところである。強い馬である。勝負根性も立派だ。が、反応が明らかにズブくなっている。後手を踏むケースとなるように思えてならないのである。また、どこまで踏ん張れるかと期待をしたいダノンヨーヨーなのだが、これがマイル戦であればと期待はできるのだが、シルポートとの逃げ戦を繰り広げたとしても、最後には差されてしまうのではないかと思えてならない。距離が違うのである。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
どの馬もこの番組に出走してくる以上は名馬なのである。G2戦であれば好戦を果たすこと、間違いない馬ばかりである。が、結果は出る。どの馬が1着となったかということでの結果がである。そこに絡むのか絡まないのか。上記の理由から、迷った末ではあるが、ブエナビスタは良くて4着まで、ダノンヨーヨーは残れても8着までと思える。然るに、ここではこの二頭が要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
7 ダークシャドウ 牡4 58 ベリー
11 ローズキングダム 牡4 58 メンディザバル
8 ペルーサ 牡4 58 横山 典弘
△1 4 エイシンフラッシュ 牡4 58 ルメール
△2 18 アーネストリー 牡6 58 佐藤 哲三
捨馬 2 ダノンヨーヨー 牡5 58 後藤 浩輝
捨馬 5 ブエナビスタ 牝5 56 岩田 康誠


●結果
【配当】 【着順】 【時計】
単勝 12 3,330円 1 12 トーセンジョーダン 1.56.1 34.2
複勝 7 260円 2 7 ダークシャドウ 1.56.2 34.7
8 350円 3 8 ペルーサ 1.56.3 33.9
12 850円 4 5 ブエナビスタ 1.56.4 34.7
枠連 4-6 910円 5 17 トゥザグローリー 1.56.7 35.0
馬連 7-12 7,020円 6 4 エイシンフラッシュ 1.56.8 35.7
ワイド 7-8 1,090円 7 16 ナリタクリスタル 1.57.1 35.0
7-12 2,520円 8 13 ミッキードリーム 1.57.2 35.9
8-12 3,950円 9 9 ジャガーメイル 1.57.4 34.8
馬単 12-7 23,560円 10 11 ローズキングダム 1.57.5 36.2
3連複 7-8-12 22,790円 11 15 シンゲン 1.57.7 35.2
3連単 12-7-8 214,010円 12 3 アクシオン 1.58.0 36.6
  13 14 シャドウゲイト 1.58.2 35.4
14 18 アーネストリー 1.58.6 37.5
15 2 ダノンヨーヨー 1.58.8 36.0
16 1 シルポート 1.59.2 38.9
17 6 ビッグウィーク 1.59.8 38.9
中止 10 メイショウベルーガ -

【ちょっと愚痴】
メイショウベルーガが左飛節粉砕骨折で予後不良と診断された。残念である。
トーセンジョーダンが天皇賞馬となった。冗談ではない。が、これが競馬の結果である。そのため、WIN5は1億6千万超の配当となった。私の友人もトーセンジョーダンを押さえていたが、押さえる理由が判らない。まだまだ未熟者である。
坂を登り切る手前で、ダークシャドウの前が塞がれていた。割って出るなら出れば良い。至極、中途半端な騎乗であるかのように見えた。騎手の立場にすれば、馬の力が足りなかったということになるだろう。が、三分三厘からあの位置取りでどこに出すつもりだったんだ。ユウイチはヨウイチさんの血を引いている。当然だ。神憑り的な発想ができ、騎乗ができるのはその血脈かも知れない。特に最近のユウイチは頓にその傾向がある。そんなに乗れた騎手だったかとさえ思えるほどだ。ユウイチが騎乗していたら。
競馬にタラレバは憑きものである。致し方ない。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第54回スワンステークス:10月29日 京都競馬場

一番人気は不振、上位人気陣は11連対
二桁人気が勝ち上がってくる番組


ジャストフィットの斤量馬が鍵
G2戦とは言え、別定戦である以上、獲得賞金額によって斤量が異なってくる。1400m戦ではあるが、その先のマイルCSに向けての最終調整と言っても過言ではない番組だけに、ここで叩いておくことがベターと判断しての調整となる。然るに、人気上位の実力馬は勝つことよりも調整をすることに重きを置いて参戦してくる。本来であればマイル戦に参戦したいところだが、階層構成がこうなっている以上はここに実力馬が参戦し、調整を図る。G2戦以外となれば更に斤量が増えて、思惑と異なった結果をもたらすこともある。そのような不安定な状態よりも、そこそこの斤量で、きちんと走ることができれば、その先の見通しが付くというもの。須く、ここで叩くことを選ぶのである。内外の有利不利はそれほどはないが、大外枠はあまり連対馬を排出していない。実力馬が内枠に入ったら一段と力の差が出るだろう。また、基本的には距離短縮で臨める馬が良い。マイル戦以上での連対実績がないとなると、この番組での勝ち負けは覚束ない。これらの点を踏まえて予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 ワンカラット 牝5 55 藤岡 佑介  
1 2 リディル 牡4 57 小牧 太 捨馬
2 3 エアラフォン 牡4 57 ピンナ
2 4 フラガラッハ 牡4 57 ルメール △1
3 5 オセアニアボス 牡6 57 石橋 脩  
3 6 ショウナンカザン 牡6 57 北村 友一  
4 7 スズカコーズウェイ 牡7 57 池添 謙一  
4 8 ダンツホウテイ 牡6 57 藤田 伸二  
5 9 ダイワバーバリアン 牡4 57 川田 将雅  
5 10 ジョーカプチーノ 牡5 58 福永 祐一  
6 11 サワノパンサー 牡5 57 和田 竜二  
6 12 コスモピクシー 牝4 55 吉村 智洋  
7 13 ロードバリオス 牡6 57 浜中 俊 △2
7 14 グランプリボス 牡3 57 メンディザバル
7 15 サンカルロ 牡5 57 吉田 豊
8 16 エーシンフォワード 牡6 59 岩田 康誠  
8 17 エーシンブラン 牡3 56 幸 英明  
8 18 クレバートウショウ 牡5 57 武 豊 捨馬

●主線はこの二頭の勝ち負け
荒れる番組だからと言って、荒れることを前提に馬券を組み立てても仕方がない。能力的にどうなのか、その点を考える必要がある。そこで浮上してきたのがグランプリボスだ。休み明けでの参戦というところが気に入らないが、マイルではなく、1400m戦であれば、この馬の勢いだけで勝ち負けになることができる。もう一頭は同枠のサンカルロを挙げる。定量戦なのかと思わせるような斤量で参戦できることはこの馬にとっては有利この上ない。不器用さが仇になってばかりいる昨今だが、ここはきちんと勝ち負けになって貰いたいレベルだ。その上でマイルCSを狙うというのであれば、それはそれ、別の話として考えたい。が、主軸にはどちらか。迷った結果、サンカルロを主軸に据えることにした。対抗にグランプリボス。やはり、休み明けが割り引かせたか。果たして結果は如何に。
●番手にはこの三頭を挙げる
不器用さでは親譲りの筋金入り。エアラフォンを▲単穴として推す。切れる脚を持ちながら、いつも走りながらポ~ッとしているところがあるために、他馬が動いてからでないと、自分の位置とゴールが判らない。焦るかのようにしてゴールを目指す。漫画にしたら面白そうだ。が、その能力は一枚上手。不器用さがなければマイルCSさえも勝ち負けになる可能性が高い馬だ。また、これまた同枠のフラガラッハを推す。切れる脚をやっと発揮できるようになって来た。気紛れで見せていたその脚をきちんとここで使えればというところ。どちらもデュランダル産駒、不器用なのは致し方ない。そして、ロードバリオスを挙げる。やっと実が入ってきたかとさえ思えるような馬なのだが、何かが足りないという状況で既に六歳となってしまった。このあたりで本格化した脚質を披露しておかなければならないだろう。如何せん、馬格がない。これが致命的だった。
●取捨選択を迷った二頭
リディルが狙っているのはここではない。マイルCSである。ここは脚を慣らしておきたい。きちんと走りきること、手応えを掴んでおくことが肝心なのである。勝ち切れない印象が強いのも、この馬にもまた言えることで「馬格がない」ことだ。これが備わっていれば...タラレバを並べても仕方がない。もう一頭は、武豊である。否、クレバートウショウだ。悪くはないのだが、このところの戦績、調教VTRを観る上では捉えどころのない走りであることは否めない。馬体がどこまで絞れてきたかで手応えは違うだろうが、それが感じられないままの出走になりそうだ。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、リディルは試走であり、クレバートウショウは絞り切れていないと判断をした。そのため、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
15 サンカルロ 牡5 57 吉田 豊
14 グランプリボス 牡3 57 メンディザバル
3 エアラフォン 牡4 57 ピンナ
△1 4 フラガラッハ 牡4 57 ルメール
△2 13 ロードバリオス 牡6 57 浜中 俊
捨馬 2 リディル 牡4 57 小牧 太
捨馬 18 クレバートウショウ 牡5 57 武 豊


●結果@
【配当】 【着順】 【時計】
単勝 2 310円 1 2 リディル 1.19.4 33.6
複勝 2 150円 2 10 ジョーカプチーノ 1.19.6 34.3
5 550円 3 5 オセアニアボス 1.20.0 33.3
10 240円 4 15 サンカルロ 1.20.0 33.3
枠連 1-5 1,270円 5 3 エアラフォン 1.20.2 33.9
馬連 2-10 1,330円 6 16 エーシンフォワード 1.20.4 34.0
ワイド 2-5 1,480円 7 1 ワンカラット 1.20.4 34.3
2-10 600円 8 14 グランプリボス 1.20.4 34.0
5-10 2,660円 9 18 クレバートウショウ 1.20.4 34.4
馬単 2-10 2,040円 10 4 フラガラッハ 1.20.6 34.2
3連複 2-5-10 10,580円 11 6 ショウナンカザン 1.20.7 33.7
3連単 2-10-5 39,420円 12 7 スズカコーズウェイ 1.20.9 34.0
  13 13 ロードバリオス 1.21.0 34.8
14 8 ダンツホウテイ 1.21.2 35.1
15 11 サワノパンサー 1.21.3 35.5
16 17 エーシンブラン 1.22.0 36.1
17 9 ダイワバーバリアン 1.22.1 35.9
18 12 コスモピクシー 1.22.9 36.8

【ちょっと愚痴】
リディルが走ってしまった。このままの勢いを保つことができればマイルCSも一番人気になるだろう。いわゆる、「順当に駒を進める」という流れになる。しかし、この番組を本番として考えてしまっていたらどうか。本番で結果を残すことができないだろう。JRAとしては総数が増えてくれることは願ってやまないことだ。誰も彼もが馬券を買ってくれれば御の字である。が、競馬ファンとしてはどうか。今回は矯め脚もなく、合図を待って行ってしまった。逆に58キロを背負って、前垂れはしたものの、ジョーカプチーノの逃げ足は健在だった。が、安田記念然り、前垂れの可能性は高い。マイルCSが面白くなってきたことは確かだが、今日のままには終わりそうもない。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第72回菊花賞:10月23日 京都競馬場

三冠奪取に夢を馳せる
展開から考える連対馬二頭


G1戦らしからぬ結果が続く
08年から10年まで、三年連続で万馬券決着を見て、08年、10年と一番人気がワイド連対さえも外している結果となった。09年は辛うじて3着に馬齢有利と目されたロックドゥカンプが入ったことで、一番人気の沽券を救った。しかも、08年、10年共に、神戸新聞杯出走馬が1着から3着までを占めた。つまりは、順当は順当ではあるのだが、流れが違っているということなのである。では、なぜ、このようなことが起こるのか。この時期は春先の続いて、成長が著しい時である。二歳時の同時期に比べ、輪を掛けて成長する。それをどう見るかというところが鍵だろう。その道標となるのが、神戸新聞杯であることは間違いないが、その番組のどこを見れば良いのか。先ずは上がり時計、何馬身差をどこまで詰めたか、上がり時計と詰めた先頭とのタイム差がどうであるかなどと、持つべきしての力、あるべき走りというところが鍵となる。
今年はオルフェーブルが三冠奪取となるか、否か。これをどう考えるかですべてが違う。伏兵の登場もあるだろうことを考え、展開と持ち時計、コース適正も併せて考えてみたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 トーセンラー 牡3 57 蛯名 正義 捨馬
1 2 ルイーザシアター 牡3 57 岡部 誠  
2 3 スーサングレート 牡3 57 和田 竜二  
2 4 ユニバーサルバンク 牡3 57 田辺 裕信  
3 5 フェイトフルウォー 牡3 57 柴田 善臣 捨馬
3 6 シゲルリジチョウ 牡3 57 藤田 伸二  
4 7 ゴットマスタング 牡3 57 国分 恭介  
4 8 ベルシャザール 牡3 57 後藤 浩輝  
5 9 ダノンミル 牡3 57 浜中 俊  
5 10 ロッカヴェラーノ 牡3 57 川田 将雅  
6 11 サダムパテック 牡3 57 岩田 康誠 △1
6 12 ハーバーコマンド 牡3 57 木村 健  
7 13 ウインバリアシオン 牡3 57 安藤 勝己
7 14 オルフェーヴル 牡3 57 池添 謙一
7 15 サンビーム 牡3 57 秋山 真一郎  
8 16 ダノンマックイン 牡3 57 小牧 太 △2
8 17 フレールジャック 牡3 57 福永 祐一
8 18 ショウナンマイティ 牡3 57 武 豊 捨馬

●主線はこの二頭の勝ち負け
オルフェーヴルが菊花賞に勝てば三冠奪取。勝たなくても確実に3着までには入ってくる。展開の機微に左右されるような強さではないが、競馬に絶対はない。諸手を挙げて、盲目的にオルフェーブルを主軸に据えるのではないが、ここの主役、主軸となるのはオルフェーヴルだ。その相手にはフレールジャックを挙げる。この番組自体が三週目で末脚を競う価値になると判断をしている。切れる脚を持っているのはウインバリアシオンよりもフレールジャックだ。ただそれだけのことで選んでいるに過ぎない。それだけどの馬にも可能性はあるのだが、展開の条件を考え、上がり上手の競馬ができるのはフレールジャックで、然るに対抗となる。
●番手にはこの三頭を挙げる
ウインバリアシオンが悪いわけではない。が、神戸新聞杯でも見たように、ジリ脚であることは間違いない。馬格と四肢の筋力が追いついていないのである。そのために、追い出されてから、必死にならないとその脚が活きてこないのである。そのために▲単穴までとなった。その点ではサダムパテックが有利に思えるのだが、競走が下手、いわゆる不器用な馬なのである。勝てる番組を落としたり、相手を押し退けて前に出るようなところがない。それができれば、ここでも十分勝ち負けになるのだが、△連下までとした。そして、惑星的な存在ではあるが、ダノンマックインを挙げる。全18頭の中で、マイルハーフで二番目の時計を持つ馬である。侮れない。条件戦から勝ち上がってくる馬が穴を開けるということを、この三年、私たちは目撃者となっている。長く良い脚が使えること、前々の競馬ができることも大きな強みになる。さて、どうなるか。
●取捨選択を迷った二頭
この番組に出走してくること自体、栄誉なのである。秋の園遊会に参加するようなモノなのである。ある意味、不届きとも言えるが、致し方ない。競走馬の生涯を考えれば、出られる時に出ておこうと考えても不埒ではない。その域となってしまったのが、ショウナンマイティである。この馬には距離が長いのではないかと思えて仕方がない。マイルハーフで息が上がってしまって、伸び脚がなかった。先の展開を考えるのであれば、ここでの勝ち負けはないだろう。しかし、鞍上がユタカだからなあ。また、セントライト記念を勝ったフェイトフルウォーだが、上手な競馬をする馬だなという印象はあった。が、この距離になると難しいのではないかと思えるのである。しかも、渋り馬場となれば、ダービーの時を思い出しても良いだろう。そして、トーセンラーだが、セントライト記念を惜敗の2着となって、この番組に駒を進めてきた。DI産駒なのだが、切れ脚がない。しかも、この距離となってはその脚があったとしても活かすことができないだろうと思えるのである。諸賢は如何に考えるか。

●捨てちゃえ馬
結果的には上位集団、中位集団、下位集団と広がる形になってしまった。年収1000万超えサラリーマンと、300万サラリーマンみたいな人間性を無視したような不埒な話ではない。時計を縮めたくても縮めることができない馬がいるという事実を伝えたいだけなのである。前述のように、ここではショウナンマイティフェイトフルウォー、そして、トーセンラーが要らないと判断をした。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
14 オルフェーヴル 牡3 57 池添 謙一
17 フレールジャック 牡3 57 福永 祐一
13 ウインバリアシオン 牡3 57 安藤 勝己
△1 11 サダムパテック 牡3 57 岩田 康誠
△2 16 ダノンマックイン 牡3 57 小牧 太
捨馬 1 トーセンラー 牡3 57 蛯名 正義
捨馬 5 フェイトフルウォー 牡3 57 柴田 善臣
捨馬 18 ショウナンマイティ 牡3 57 武 豊


●結果
【配当】 【着順】 【時計】
単勝 14 140円 1 14 オルフェーヴル 3.02.8 34.6
複勝 1 230円 2 13 ウインバリアシオン 3.03.2 34.3
13 140円 3 1 トーセンラー 3.03.5 35.2
14 110円 4 12 ハーバーコマンド 3.03.6 35.5
枠連 7-7 320円 5 11 サダムパテック 3.03.8 35.9
馬連 13-14 330円 6 7 ゴットマスタング 3.03.8 35.0
ワイド 1-13 740円 7 5 フェイトフルウォー 3.04.0 35.4
1-14 320円 8 18 ショウナンマイティ 3.04.0 35.6
13-14 170円 9 4 ユニバーサルバンク 3.04.2 35.9
馬単 14-13 400円 10 17 フレールジャック 3.04.5 36.4
3連複 1-13-14 1,050円 11 10 ロッカヴェラーノ 3.04.9 37.2
3連単 14-13-1 2,190円 12 2 ルイーザシアター 3.05.4 36.7
祝・三冠馬誕生
14 オルフェーブル号
13 3 スーサングレート 3.06.0 37.4
14 6 シゲルリジチョウ 3.06.3 37.6
15 16 ダノンマックイン 3.06.4 37.8
16 9 ダノンミル 3.07.7 39.1
17 8 ベルシャザール 3.08.1 40.1
18 15 サンビーム 3.13.6 44.7
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第14回富士ステークス:10月22日 東京競馬場

マイル戦だからこその紛れがあるが
東京コース巧者が実力を発揮する


一番人気不振、理由は距離とコース
一番人気が05年から連対を果たしていない。過去10年で僅かに2連対というお粗末な結果。上位人気陣として枠を広げても、30連対の枠を持ちながら、僅かに10連対という結果に終わっている。このマイル戦はマイル巧者が集まってくる。中途半端なマイラーでは当然ながら勝ち負けには繋がらない。となれば、実績である。その実績も東京コース、左回りの順で問われなければならない。その上で、近走の上がり時計、展開というところが鍵を握る。馬齢的には五歳馬、四歳馬が中心。恒例馬も侮れない結果を残しているが、実績があってのことで、この点では馬齢の紛れはないだろう。三歳馬が連対を果たしたのは07年のマイネルシーガルだけ。やはり、実が入ってないことには勝ち負けも難しい。それらの点を併せて考えるにしても、地の利となる東京コース巧者に部があることは確かだ。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 アブソリュート 牡7 56 丸田 恭介  
1 2 カウアイレーン 牝5 54 横山 典弘 捨馬
2 3 ダンスファンタジア 牝3 52 北村 宏司  
2 4 ドモナラズ 牡6 56 柴田 大知  
3 5 マイネルラクリマ 牡3 54 松岡 正海  
3 6 トライアンフマーチ 牡5 56 後藤 浩輝  
4 7 ライブコンサート せん7 56 福永 祐一 △1
4 8 アプリコットフィズ 牝4 54 田中 勝春 △2
5 9 ストロングリターン 牡5 58 石橋 脩
5 10 ダブルオーセブン 牡3 54 井上 俊彦  
6 11 スズジュピター 牡6 56 丸山 元気  
6 12 レインボーペガサス 牡6 57 安藤 勝己 捨馬
7 13 エイシンアポロン 牡4 56 田辺 裕信
7 14 ゴールスキー 牡4 56 ピンナ
8 15 ラインブラッド 牡5 56 蛯名 正義  
8 16 ブリッツェン 牡5 57 柴田 善臣  
8 17 スズカコーズウェイ 牡7 57 三浦 皇成  

●主線はこの二頭の勝ち負け
伸び切れない脚は安田記念に繋がらなかった。ゴールスキーが放牧から帰ってきて、初の参戦でいきなりの勝ち星。相手が弱かったことはある。復調なのか、難しいところはあるが、機が熟した感がある。主軸に据えたい。相手になるのは58キロを背負ってしまったストロングリターンを推す。こちらも四ヶ月の休み明けでの参戦。だが、次元の違いがはっきりと出る走りとして期待ができる。本来なら、ストロングリターンを主軸に据えたいところだが、流石に2キロの斤量差となると簡単ではない。東京コースでも実績があるが、この斤量差は難しいだろう。ということで、対抗までとなった。果たしてどうか。
●番手にはこの三頭を挙げる
やっと本気で走らせても大丈夫のようになったかと思わせるエイシンアポロンだが、実が入るまでにもうひとつかと思わせる感がある。悪くはない。切れる脚も本格化してきた。課題は多頭数の競走だ。割って出ることができるような馬であれば心配はしない。が、それができずにここにいる。また、嵌まるとその強さはG1級ではないかと思わせるライブコンサートを挙げる。復調とまでは言わないが、十分に戦える状態まで戻ってきたのではないだろうか。ユウイチが二度ほど叩いて、本来の走りに近いモノを得たようなところはある。そして、同枠のアプリコットフィズを挙げる。小柄な馬だがフィフスペトルと0.1秒の着差で走った前走は見事。今回も同じような走りができれば十分に勝ち負けを脅かす存在として考えられる。
●取捨選択を迷った二頭
大きな馬格を活かしながら走ることができる馬は器用だ。レインボーペガサスもその一頭ではあるのだが、東京コースとの相性が悪過ぎる。関東での相性が悪いのかも知れない。となると、東京コースでの走りは期待できないのではないかと思えた。また、カウアイレーンなのだが、一時の走りで見せた力強さがない。競走馬であることを忘れてしまったかのようだ。マイル戦巧者であるのだが、まだ競走を思い出していないようなところがある。

●捨てちゃえ馬
結果的に、前述のようにレインボーペガサスカウアイレーンがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
14 ゴールスキー 牡4 56 ピンナ
9 ストロングリターン 牡5 58 石橋 脩
13 エイシンアポロン 牡4 56 田辺 裕信
△1 7 ライブコンサート せん7 56 福永 祐一
△2 8 アプリコットフィズ 牝4 54 田中 勝春
捨馬 2 カウアイレーン 牝5 54 横山 典弘
捨馬 12 レインボーペガサス 牡6 57 安藤 勝己


●結果
【配当】 【着順】 【時計】
単勝 13 410円 1 13 エイシンアポロン 1.35.0 34.8
複勝 5 310円 2 8 アプリコットフィズ 1.35.0 35.1
8 340円 3 5 マイネルラクリマ 1.35.2 35.3
13 180円 4 9 ストロングリターン 1.35.4 35.0
枠連 4-7 1,010円 5 14 ゴールスキー 1.35.4 34.9
馬連 8-13 2,320円 6 16 ブリッツェン 1.35.5 35.8
ワイド 5-8 1,940円 7 12 レインボーペガサス 1.35.5 35.9
5-13 790円 8 6 トライアンフマーチ 1.35.6 35.5
8-13 930円 9 7 ライブコンサート 1.35.7 35.9
馬単 13-8 4,020円 10 17 スズカコーズウェイ 1.35.8 35.7
3連複 5-8-13 7,610円 11 15 ラインブラッド 1.35.8 35.4
3連単 13-8-5 33,270円 12 3 ダンスファンタジア 1.35.9 36.0
  13 10 ダブルオーセブン 1.35.9 35.4
14 11 スズジュピター 1.36.0 35.8
15 2 カウアイレーン 1.36.0 36.0
16 4 ドモナラズ 1.36.1 36.0
17 1 アブソリュート 1.36.1 35.7
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第16回秋華賞:10月16日 京都競馬場

高速決着を余儀なくされる京都内回り
実績とセンス、近走の状態が鍵


上位人気は拮抗
一番人気が5連対、二番人気が7連対。この数字をどう考えるかというところが鍵だが、甲乙を付けられない状態にある。ここ四年はいずれもローズS組がワンツーを奪取。順当に駒を進めてきた馬がこの番組でも勝ち負けになっているということだろう。紫苑S、クイーンSは取るに足りない。走りの基本となる四場での実力を以て、この番組を予想し、結果、勝ち負けになっているということが言える。そのため、オークス直行組が侮れない。休み明けでもきちんとできあがって参戦してくる。そして、結果を残している。が、全出走頭数から考えれば、たかが知れている。そのような馬が参戦してきた場合には気を付けるということで対応するべきだ。また、基本的な考えとなるオークス組よりも桜花賞組が有利という定説は、間違いなく存在する。高速決着となるために、器用さ、瞬発力を求められるのである。時間が経過しているために、この段では最早、オークスからの距離短縮は関係ない。それらを含めて予想を組み立ててみたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 キョウワジャンヌ 牝3 55 飯田 祐史 捨馬
1 2 リヴァーレ 牝3 55 江田 照男
2 3 リトルダーリン 牝3 55 秋山 真一郎
2 4 アヴェンチュラ 牝3 55 岩田 康誠
3 5 フレンチボウ 牝3 55 和田 竜二
3 6 ピュアブリーゼ 牝3 55 柴田 善臣
4 7 マイネソルシエール 牝3 55 柴田 大知
4 8 デルマドゥルガー 牝3 55 武 豊 捨馬
5 9 エリンコート 牝3 55 後藤 浩輝 △1
5 10 スピードリッパー 牝3 55 北村 宏司
6 11 ゼフィランサス 牝3 55 柴原 央明
6 12 ホエールキャプチャ 牝3 55 池添 謙一
7 13 アカンサス 牝3 55 横山 典弘
7 14 メモリアルイヤー 牝3 55 浜中 俊
7 15 マイネイサベル 牝3 55 松岡 正海 △2
8 16 カルマート 牝3 55 安藤 勝己
8 17 レッドエレンシア 牝3 55 田中 勝春
8 18 マルセリーナ 牝3 55 福永 祐一

●主線はこの二頭の勝ち負け
ホエールキャプチャの成長が著しい。JuvenilePhilliesで2着となったように、この時期がこの馬が最も成長する時期、つまりは早生なのだろう。ローズSでの勝ち星は圧巻で、一番時計こそマイネイザベルに奪取されたが、展開が上手、長くいい脚を使えるということを考えると、今の勢いはどの馬にも制することができないのではないかと思えるほどだ。この番組はこの馬が勝つと判断をして、主軸に据える。相手となるのは、巻き返しの可能性が最も高いマルセリーナを推す。ローズSでは余裕があり過ぎた。侮ったというわけではないが、休み明けでもあり、力が抜けていた。本来の走りができれば、この馬が勝ち負けになることは明白である。どちらも展開に左右されない強さがあるだけに、名勝負を期待できることだろう。
●番手にはこの三頭を挙げる
アヴェンチュラが函館、札幌と好戦した理由がある。走りやすいのである。力が着いてきたのである。洋芝に耐えられる脚力がついてきたのである。しかし、肝心なところを見落としがちになるが、この馬はスピードの絶対値が先の二頭より低い。距離が長くなればなるほどその差が出てくる。この番組ではそれがあるために▲単穴までとした。また、オークス馬のエリンコートだが、速い展開、器用さを求められる展開は苦手なのではないかと思える。京都コースで三戦しながら、連対実績がない。思えばデュランダルも不器用を絵に描いたような馬だった。然るに△連下までとする。そして、切れ脚だけの勝負に持ち込めれば勝ち負けになる可能性があるマイネイザベルを挙げる。ローズSで見せた33.3秒の鬼脚は伊達や酔狂では出ない。が、それだけではG1戦は勝てないのである。騎手も松岡正騎手に戻る。これもまた遺憾。小牧太騎手で行くのであれば、その足は活かせる可能性が高かったが、遺憾。まだ駄目だ。馬の力だけで行けるほど、G1戦は甘くはない。
●取捨選択を迷った二頭
デルマドゥルガーは良くなってきた一頭だ。が、紫苑Sで見せた走りが、今のこの馬の限界だろうと思えた。ここに来て、速い流れに付いていくことができないだろうという判断だ。リンカーンがそうだった。どこか頭の中で汽笛が鳴っているような仕草、走りだったこともある。また、最内枠に入ったキョウワジャンヌだが、ここ三戦をどう考えるかにある。上がり馬というほどの戦果ではない。が、切れる脚、勝負根性のあるところを挙げると決して悪い状態ではないだろう。本格化し始めたかというところ。逆に言えば、この段階ではなく、次での勝負かと思える節もある。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
迷っていても仕方がない。勝ち負けになる理由は井崎脩五郎センセ曰く、ウンとツキだそうだ。それを呼び込むのもまた実力である。それを考えるとデルマドゥルガーキョウワジャンヌがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
12 ホエールキャプチャ 牝3 55 池添 謙一
18 マルセリーナ 牝3 55 福永 祐一
4 アヴェンチュラ 牝3 55 岩田 康誠
△1 9 エリンコート 牝3 55 後藤 浩輝
△2 15 マイネイサベル 牝3 55 松岡 正海
捨馬 1 キョウワジャンヌ 牝3 55 飯田 祐史
捨馬 8 デルマドゥルガー 牝3 55 武 豊


●結果
【配当】 【着順】 【時計】
単勝 4 310円 1 4 アヴェンチュラ 1.58.2 34.9
複勝 1 360円 2 1 キョウワジャンヌ 1.58.4 34.8
4 130円 3 12 ホエールキャプチャ 1.58.6 34.7
12 110円 4 13 アカンサス 1.58.7 34.2
枠連 1-2 2,840円 5 2 リヴァーレ 1.58.7 34.8
馬連 1-4 3,100円 6 8 デルマドゥルガー 1.58.8 34.5
ワイド 1-4 860円 7 18 マルセリーナ 1.59.0 34.6
1-12 590円 8 3 リトルダーリン 1.59.2 35.5
4-12 170円 9 7 マイネソルシエール 1.59.4 35.5
馬単 4-1 4,250円 10 9 エリンコート 1.59.5 35.6
3連複 1-4-12 1,720円 11 5 フレンチボウ 1.59.6 34.9
3連単 4-1-12 12,680円 12 17 レッドエレンシア 1.59.8 35.5
  13 10 スピードリッパー 2.00.5 36.4
14 16 カルマート 2.00.5 36.7
15 15 マイネイサベル 2.00.8 36.7
16 11 ゼフィランサス 2.00.9 37.6
17 6 ピュアブリーゼ 2.01.0 37.4
18 14 メモリアルイヤー 2.01.0 38.6
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。