陶芸家 寒川義雄氏の庭


陶器製作にモチベーションが上がる空間づくりを依頼されました。


それに対して、こちらもモチベーションを上げて行き、

県内を走り回り材料調達しました。

そしてようやく形になりました。



その形が人の心のカタチまで変えていく、

庭のデザインって面白いですね!!



静と動

森の中で静かに佇む大木の粘りをデザイン



狭い作業通路を下る、作業場所の見学へ来た方もここを下る。



少しでも、閃きやインスピレーションにつながればこの空間の意義がある。




地産地消に拘った結果



モニュメント性が高く見えるが、土留と目隠しを兼ねている。



見る角度によって様々な表情をみせる



一般的に言えば、変形城積みというところか。通路に対して並行であれば、危うくスルーする人もいますから



ただたださり気なく




少し緊張感のあるワイルドな貼石。

ゴツゴツ感が意外や気持ちいい。



隙間の住人。ヤツデってこんなところ好き



寒川氏お気に入りの祠



タカショーライティング



3Dプリンターで作るようにはいかず、少しづつ積んでいく。



石積み 空間デザイン
造園工事はお気軽にご相談下さい。