ぷき  ちょ  なじ  もてった
널 품기 전 알지 못했다
あなたを抱く前は知らなかった

ね  もむ  せさ  いとろっ  ちゃらな  ごす
내 머문 세상 이토록 찬란한 것을 
私が留まった世界がこんなに華やかなことを

ちゃぐ  すぎょろ  たう  さら
작은 숨결로 닿은 사람
小さな息遣いで触れた人

こ  ぼし  なる  ぶろじゅ  さら
겁 없이 나를 불러준 사랑
怖がることなく私を呼んでくれた愛

しど  ちょあった
몹시도 좋았다
とてもよかった

のる  じきょぼご  それご
너를 지켜보고 설레고
あなたを見守ってときめいて

うすけ  ちとぅど  へっと
우습게 질투도 했던
おかしく嫉妬もしてた

ぴょぼま  もどぅ  すどぅり
평범한 모든 순간들이
平凡な全ての瞬間が

かま  ようぉ
캄캄한 영원
真っ暗な永遠

く  おれ  きだり  そぐろ
그 오랜 기다림 속으로
その長い待ち時間の中に

へっさちょろ  にが  ねりょった
햇살처럼 니가 내렸다
日差しのようにあなたが舞い降りた

 のっき  ちょ  なじ  もてった
널 놓기 전 알지 못했다
あなたを手放す前は知らなかった

ね  もむ  せさ  いとろっ  っすっすら  
ごす
내 머문 세상 이토록 쓸쓸한 것을 
私の留まった世界がこんなに寂しいことを

こう  っこち  ぴご  ち  い  ごっ
고운 꽃이 피고 진 이 곳
きれいな花が咲いて散ったこの場所

たしぬ  お  のらぬ  けじょ
다시는 없을 너라는 계절
二度とないあなたという季節

しみ  せぎょった
욕심이 생겼다
欲が生まれた

のわ  はっけ  さご  ぬごが
너와 함께 살고 늙어가 
あなたと一緒に生きて年をとっていく

ちゅる  そぬ  まっちゃ
주름진 손을 맞잡고
皺がよった手を取り合って

ね  さ  ったっとぅてっそったご
내 삶은 따뜻했었다고
私の人生は温かかったって

た  な  ちゅっぼっ
단 한번 축복
たった一度の祝福

く  っちゃ  まじゅちみ  ちな
그 짧은 마주침이 지나
その短い出会いが過ぎて

ちょろ  のぬ  うろった
빗물처럼 너는 울었다
雨のようにあなたは泣いた

っちゅむ  へぼかご  しぽっと  
ぱら
한번쯤은 행복하고 싶었던 바람
一度くらいは幸せになりたかった 望み

のっかじ  うげ  まどぅろっすっか
너까지 울게 만들었을까
あなたまで泣かせてしまったのか

もどぅ  いっこ  さらがら
모두 잊고 살아가라
全部忘れて生きていきなさい

ねが  の  ちゃじゅ  てに
내가 널 찾을 테니
私があなたを探すから

に  すぎょ  たし  なる  ぶる  って
니 숨결 다시 나를 부를 때
あなたの息遣いがまた私を呼ぶ時

いっち  あげった
잊지 않겠다
忘れない

のる  じきょぼご  それご
너를 지켜보고 설레고
あなたを見守ってときめいて

うすけ  ちとぅど  へっと
우습게 질투도 했던
おかしく嫉妬もしてた

にが  じゅ  もどぅ  すどぅる
니가 준 모든 순간들을
あなたがくれた全ての瞬間を

じぇが  ま
언젠가 만날
いつか巡り会う

うり  かじゃ  へぼか  くな
우리 가장 행복할 그날
私達が一番幸せなその日に

ちょちょろ  ねが  かげった
첫눈처럼 내가 가겠다
初雪のように私が行く

のえげ  ねが  かげった
너에게 내가 가겠다
あなたの元に私が行く