お仕事について | 「コジブロ」コナミ小島プロダクション公式ウェブログPowered by Ameba
Wed, May 19, 2010

お仕事について

テーマ:園山誠人
ソノヤマです。

暑かったり寒かったりで体調をくずしてしまいそうな日々が
続いていますが、元気にPWしてますでしょうか?

今回は、ゲームをつくる、というお仕事についての話。

皆さんは、「ゲーム制作」という職業について、どのような印象を
お持ちでしょうか。

・仕事でゲームが出来るなんて楽しそう!
・なんかすごく頭が良さそう!
・自分のアイデアが商品になるなんて最高!
・徹夜、残業ですごく忙しそう!
・すごくゲームが上手いに違いない!

私の場合は、実際にこの職業につくまでは、
こんな感じの印象を持っていました。
まあ、当たっているところもあり、外れているところもあり、ですね。

実際にやってみて一番感じるのは、
思っていたよりも地味で精密な作業が継続する毎日で
非常に忍耐と精神力を必要とする仕事だ、という事です。

まあ、どんな職業も多かれ少なかれ似たようなことはあるかと思いますが、
決して、楽しいだけの職業ではないです。

なんといってもゲーム制作には、「正解」と「終わり」がありません。

ただしビジネスですから「締め切り」はあります。

よって、限られた時間内に、いかに「たぶん面白いと思ってもらえる」ものを
その面白さが最大限に楽しめる形でゲームに組みこむか、ということが、
仕事をする上での基本的な考え方になります。

この「限られた時間」を有効に活用するために、色々な事を考えます。

特に、この仕事の場合、つくる~遊んでみる~なおす~また遊んでみる~ という工程を
いかに短い時間でこなせるようにするか、が大きなポイントです。

これがゲームプログラマの重要な役目の一つです。

小島監督の素晴らしいアイデア、デザイナーの素晴らしいキャラやステージ、
サウンドスタッフの素晴らしい曲…
これらも、最初から最終的な形であったわけではありません、
数え切れないほどの試行錯誤と作り直しの繰り返しによって、製品のクオリティに達しました。

しかし、プログラマの腕不足の為に、彼らが出来なかったこと、やりきれなかったことも
まだまだ多く残っていたと思っています。

今後の作品がよりよいものになる為にも、これからも向上心を持って
皆さまの為に、頑張っていかなくてはなりませんね。

なんだか決意表明みたいになってしまいました。
今回はこの辺で。

それでは~。

Say "peace".チョキチョキ 今日は二つ音譜

小島プロダクション公式ブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース