人事担当の私はこれまでに多くのワーママの退職を見守ってきました。

ワーママの退職理由の大きく2つ!

 

 

①仕事よりも子供を大切にしたいから
②職場に居づらいから

 

 

今回は、退職をするか悩んでいる人の背中を押してあげる事例をいくつか紹介します。

 

これまでに多くのママが退職する場面に出会ってきました。

 

一般的に退職理由は、「人間関係」と言われていますが、ママはちょっと違います。

 

 

・ワーママが抱えていた悩みは?
・仕事を辞める人と働き続ける人の違いは?

 

 

退職を考えているあなた、まさに悩んでいるあなた。

いくつかの事例を紹介しているので、あなたの背中を押してあげられると思います。

ワーママの退職理由は家族と会社のバランスが取れないこと

ワーママが退職したいと考える時期に多いのが、

 

①育児休暇中
②復職直後
③子供が小学低学年のとき

 

 

何人もの共働きママと面談してきました。

 

面談して感じたことは、「ワーママのみんな悩む理由は大きく2つに分けられる」こと。

 

①仕事よりも子供を大切にしたいから
②職場に居づらいから

それはどんなパターンなのか、実際にいたワーママを例に紹介します。

28歳共働きママの場合:育児休暇取得の後に退職

28歳正社員A子さん

職場内ではとても明るくて、仕事もがんばり屋さん。

体力もあるので男性と同じ位、仕事をしていました。

結婚そして出産を機に育児休暇入りました。

 

その間も私は彼女と連絡を取っていました。

話していて感じたのは、徐々に仕事よりも子供優先になっているなということ。

 

彼女が悩んでいたことは、大きく4つ。

①子供との時間
②仕事内容
➂給与と保育料

そして彼女が1番気にしていたのは、「仕事を休むことで会社に迷惑がかかること」

 

 

上司からのあたりがきつくなることを恐れていました。

 

結果、彼女は退職の道を選びました。

今は一旦育児に専念をしたいと専業主婦をしています。

 

一旦育児が落ち着いたら、パートでもなんでも子供のために働くそうです。

30歳共働きママの場合:家庭崩壊寸前に退職

30歳正社員ママBさん

29歳で入社し、その頃には3歳のお子さんがいました。

「フルタイム・夫婦ともに残業あり・共働き・家族のサポートなし」

 

かなり仕事ができる人。
いつもバリバリ仕事をしていた彼女。

旦那さんも育児には協力的と聞いていました。

 

彼女が残業の時は保育園にお迎えに行っていたほど。

仕事が出来るが故に仕事がふられてしまう。

 

旦那さんとお仕事を調整して、休日出勤していたほど頑張っていました。

 

入社し2年が経ったころ、彼女は退職を選びました。

 

退職理由は、「仕事よりも家族を優先したい」

彼女は仕事が好きなタイプ。
仕事優先にしていたので家族が犠牲になっていたようです。

 

 

仕事に力を捧げてきた彼女。
家族や子供にこれまで以上迷惑をかけられないと言う理由で退職届を提出しました。

 

 

部署移動して仕事内容を変更してみたら?
パートにして勤務時間を減らしてみては?

 

 

色々と提案しましたが、意志は固く退職することになりました。

 

彼女は仕事は納得するまでやりたいタイプと自分でもわかっていたようです。

退職後はゆっくり今後について考えると話していた彼女。

現在は2人目を授かったと聞いています。

32歳共働きママの場合:小学生の子供が不憫で迷う

32歳Cさん

子供が小学生になると、働くママの子供が必ず入るのが学童。

パートママが多い地域もあり、通学班の子のほとんどが学童に入っていないところもあります。

 

Cさんの子供の通学班は、Cさんの子供以外がみんな学童に入っていません。

集団下校で他の子と一緒に帰れない子供が不憫で悩んでいました。

 

話を聞くと、私がパートになればいい・・・と言っていました。

 

 

悩んだ末Cさんが出した結論は
「このまま正社員で行く」

 

 

子供が中学生になれば嫌でも少しづつ離れていく。


そしてお金もかかる。

今は平日子供の相手はできない。
でも土日は思いっきり一緒に遊ぶことにしたそうです。

 

旦那さんと何度も話して考えたと聞いています。

家族の協力あってこそだと感じました。

【働くママの葛藤】職場の男性に期待しない!理解はできない!しない!

実際にママの声を聞いて感じたこと。

 

田舎の地元企業は育児に関心のない男性上司が本当に多いということ。

 

「育児は家内に任せているから、よくわからないんだよね」

 

 

いろんな部署の男性上司から本当によく聞きました(泣)

しかも上の立場にいる人ほど、そういう傾向にあります。

 

 

独身の時に頑張っても、
結婚し子供が産まれたら、

正直何もかもが変わります。

 

 

子供の病気・定期検診・保育園や小学校の行事。

欠勤や早退することが本当に多いです。

 

子供の看病がどのくらい大変で、子供の行事にどれだけ時間をさかなくてはならないのか。

育児を理解できない男性上司は、まだまだいます。

 

当初、男性上司に対してワーママの大変さを訴えました。

しかしママ目線の考え方になることはありませんでした。

 

人間そうそう簡単には変われませんね(ノД`)・゜・。

ワーママでも退職しない人は、適度に抜いている人

これまで退職するママを見てきて感じたこと。

 

適度に抜くところは抜いている人ほど退職していない

どういう所で抜いているのか、具体的に紹介します。

仕事にメリハリをつけている人

優先順位を付けて、力を入れるところだけ頑張る!

 

「ここは私が頑張るけど、あっちは〇〇部へお願いしよう」

「これは8割程度の仕上げでOKだな」

 

全部を頑張らず、ポイントをおさえた仕事をしている人が多いです。

家事がかなり適当な人

子供が小さいうちは、家事は適当で良し!

家事を適当にこなしているひとも多いです。

 

 

保育園児のお弁当のおかずは全て冷凍
毎週1回はインスタントラーメン日がある
掃除は2週間以上していない

 

 

など、かなり家事はテキトウにしている人多いです。

趣味がある人

趣味がある人はいろんな意味で強い!

 

家族で旅行に行く
アニメが好き
スマホゲームが好き

 

 

など、何か趣味がある人も多いです。

没頭できる何かがあると、そのために仕事を頑張ることが出来ます。

大変なのは今だけと割り切れるワーママが周りに多い人

共働きママ仲間を作りましょう

他部署でもいいです。

 


本音を語れる存在で、年齢は違うにしても働くママが近くにいると気持ちが違います。

 

子供が小さい時だけが大変!
今だけ、今だけ!

 

とワーママ仲間と話している人も多いです。

身近に同年代くらいの子供がいるワーママ仲間がいることも重要です。

無理しなくてもいい!退職してもいい!正解なんて無い

守る家族ができたら、仕事よりも家族を優先してもいいです。

 

あなたの退職が正しいのか、間違っているのかなんて、誰にもわかりません。

今のあなたの環境、あなたの体力などを考えてみてください。

 

1つだけアドバイスするなら、
長い目で考えてほしいということ

 

今が辛いから
子供がかわいそうだから

そう衝動的に行動する人も多いです。

正直そういう人はうまくいきません。

 

上司の理解は得られなくても、
仕事への考え方ややり方は変えられます。

あなたが変わっても仕事と家庭が両立できないのであれば、その時は退職を考えてもいいです。

こちらも読んでみてください。