共働きの子供は睡眠負債があると知っていますか?

 

睡眠負債とは、睡眠不足が積み重なった状態のこと。

 

いま子供の慢性的な睡眠不足が問題になってるらしい・・・

 

子供の睡眠不足こそ、共働きのデメリットの1つだと思います。

 

それでも働かなくちゃいけない。
子供の睡眠不足、一体どうすればいいのか?

 

ネットニュースから学んだことを実体験と照らし合わせて考えてみました。

共働きのリスクの1つは、子供の睡眠不足

わたしの子供も慢性的な睡眠不足に悩まされていました。

 

「いつも何時に寝てますか?」

 

常に眠い子供を心配して、先生から連絡帳に書かれただけでなく、電話もかかってきたほどでした。

 

だからこそ、必死になって1分でも多く寝させようとしていた私。

 

本やネットでいろいろ調べて実践しましたが、うまくいかずイライラするばかり。

 

「早くしてー!!!」
「あした起きれないでしょー!!!」

 

結果、毎日就寝前は子供を叱ってばかりいました。。

 

当時4歳の子供は、朝6時に起床、帰宅は18時、就寝は21時。
睡眠時間は、9時間

 

遊んでいるときはいいが、席につくと眠ってしまう。

特に食事の時は眠くなって食べれないと、言われていました。。

子供のからだへの影響はさまざま

睡眠不足は、成長の遅れや食欲不振・注意や集中力の低下・眠気・易疲労感などをもたらします。子どもの場合、眠気をうまく意識することができずに、イライラ・多動・衝動行為などとしてみられることも少なくありません。

引用:厚生労働省

また、おねしょや寝ぼけ、無呼吸症候群などの兆候があると危険です。

 

寝起きが悪いとか、不機嫌になるとか、いつもの事すぎて正直わかりづらい家庭もあるはず。

 

心配なときは、保育園などの先生に相談しましょう。

専門家による睡眠不足の解決策が難しい

家庭教育のプロがおすすめしている方法は2つでした。

一日の睡眠時間にこだわらず、ひと月の睡眠時間を考える

起きてから、6時間後、もしくは13時間後に、15分の仮眠を取ること

引用:MAG2NEWS

1日20分多く睡眠時間を確保できれば、1か月で10時間を確保できます。

 

そして、仮眠をとることで脳の疲れをとることができるというものでした。

正直これは難しく、レベルが高いです。

 

①睡眠時間を20分増やす
20分増やすことが難しいです。

 

歯磨きよりも遊びたい!

お風呂よりもテレビ!

 

そんな子供をコントロールすることは本当に難しくないですか?

 

②仮眠をとって脳をスッキリさせる
うちも実践してみましたが、仮眠だけにはとどまりません!!

 

何度やっても、ご飯も食べず、歯磨きもせずに朝を迎えることになりました。

 

ある程度の年齢であれば、効果があるのかもしれません。

 

やんちゃで手のつけれない子供には全く効きませんでした。。

子供の睡眠不足解決策は必死になりすぎない!

今は、頑張ってせかせか寝る準備をすること・1分でも早く寝させるために子供をしかるなど一切やめています。

 

ぐだぐだして寝る準備をしなくても良し
寝室に行かず、ソファーで寝ても良し
たまには歯磨きをしなくても良し

 

もちろん、子供が眠そうにしているときもあります。

先生から連絡がくることもあります。

 

それでも、ゆるーくやっています。

 

だってさ、イライラしても、子供も家族も、わたしも疲れてしまう。

 

それじゃ意味がないじゃん。

 

必死に睡眠時間を確保するのではなくて、できる範囲で、ちょっとだけでも寝る時間を増やすというスタンスが一番いいです。

 

お休みの日は早く寝る!

お休みの日は時間に余裕があるので、いつもよりも30分早く寝る!

 

ということだけ子供には言い聞かせています。

 

平日は1分でも寝る時間が増やせれたらいいなー程度のゆるい感じです。

 

共働き世帯は、大人も子供も毎日仕事や学校などがんばっています。

 

それだけでもスゴイこと(^^)/

睡眠時間も大切だけど、家族がイライラしないことも大切!

 

ゆるくいきましょーヽ(^o^)丿